『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い

イギリスで行われた『フォートナイト』非公式イベントの内容に多くの不満が集まり、返金騒動となったことが複数メディアより報じられました。

ゲーム文化 カルチャー
『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い
  • 『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い
  • 『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い
イギリスで行われた『フォートナイト』非公式イベントの内容に多くの不満が集まり、返金騒動となったことが複数メディアより報じられました。

BBCDaily Mailが報じるところによれば、問題となったイベントは、英ノーフォークにて行われた「Fortnite Live Norwich」。"Fortnite event of the year"として告知されたイベントには、各種アトラクションや物販、ゲームプレイコーナーが用意され、多くの親子連れを含む2,500人以上の来場者が訪れたとのことですが、不満が集まったのはその内容です。

いずれのアトラクションも非常に規模が小さく、90分、もしくはそれ以上の待ち時間が発生した上に、多くのアトラクションは、ロッククライミングタワーや、トレーラーコンテナサイズの小さな洞窟探検、レーザーサバイバルゲームなどなどそもそも『フォートナイト』と関係あるのかよくわからない内容。イベントは入場料として約12ポンド(約1,715円)を要しましたが、アトラクションを制限なく遊ぶには更に20ポンド(約2,858円)が必要な作りです。

内容に不満が集中したイベントは、結果として返金が認められることになったようですが、今度は返金希望者が長蛇の列。残念ながらイベントは多くの混乱と不満の中で終わったようです。なお、イベントの、手作り感溢れる公式ページではイベントにEpic Gamesは関与していないことが記載されていますが、それでもこれだけ多くの来場者が訪れるのは、『フォートナイト』の若年層を含む強い人気を裏付ける形と言えるのかもしれません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は

    赤十字がリアルなFPSゲームを制作―目的は"戦争にもルールがあることを知らせるため"

  2. ウソじゃない『Portal』のケーキを1から手作りする本格的お料理動画が公開

    ウソじゃない『Portal』のケーキを1から手作りする本格的お料理動画が公開

  3. 『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

    『Marvel's Spider-Man』コミカライズが海外で開始―キングピンとの死闘が描かれる冒頭4ページが公開

  4. 個人開発の高品質ACT『Bright Memory - Episode 1』が予想外の売上により再開発へ

  5. 『Apex Legends』チーターはハードウェアごとBANされる―チーターが自ら報告

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. 『デビル メイ クライ』再アニメ化!『悪魔城ドラキュラ』アニメ版とのクロスオーバーも……?

  8. 『ARK: Survival Evolved』のポケモンModがSteamワークショップに投稿される

  9. 「Twitch Prime」9月14日から広告非表示サービスが廃止ー「Amazonプライム」ユーザーでも同様

  10. PS4版『レインボーシックス シージ』国内公式大会が開催決定ー誰でも参加可能

アクセスランキングをもっと見る

1
page top