『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い

イギリスで行われた『フォートナイト』非公式イベントの内容に多くの不満が集まり、返金騒動となったことが複数メディアより報じられました。

ゲーム文化 カルチャー
『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い
  • 『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い
  • 『フォートナイト』海外非公式リアルイベントが返金騒ぎに―アトラクションが全然関係無い
イギリスで行われた『フォートナイト』非公式イベントの内容に多くの不満が集まり、返金騒動となったことが複数メディアより報じられました。

BBCDaily Mailが報じるところによれば、問題となったイベントは、英ノーフォークにて行われた「Fortnite Live Norwich」。"Fortnite event of the year"として告知されたイベントには、各種アトラクションや物販、ゲームプレイコーナーが用意され、多くの親子連れを含む2,500人以上の来場者が訪れたとのことですが、不満が集まったのはその内容です。

いずれのアトラクションも非常に規模が小さく、90分、もしくはそれ以上の待ち時間が発生した上に、多くのアトラクションは、ロッククライミングタワーや、トレーラーコンテナサイズの小さな洞窟探検、レーザーサバイバルゲームなどなどそもそも『フォートナイト』と関係あるのかよくわからない内容。イベントは入場料として約12ポンド(約1,715円)を要しましたが、アトラクションを制限なく遊ぶには更に20ポンド(約2,858円)が必要な作りです。

内容に不満が集中したイベントは、結果として返金が認められることになったようですが、今度は返金希望者が長蛇の列。残念ながらイベントは多くの混乱と不満の中で終わったようです。なお、イベントの、手作り感溢れる公式ページではイベントにEpic Gamesは関与していないことが記載されていますが、それでもこれだけ多くの来場者が訪れるのは、『フォートナイト』の若年層を含む強い人気を裏付ける形と言えるのかもしれません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. レディー・ガガ、『フォートナイト』に興味津々…「“fortnight”って何?」「Ninjaって誰?」著名人も続々反応

    レディー・ガガ、『フォートナイト』に興味津々…「“fortnight”って何?」「Ninjaって誰?」著名人も続々反応

  2. 群島でサバイバルするオープンワールドADV『Stranded Sails』海外は10月17日配信開始【UPDATE】

    群島でサバイバルするオープンワールドADV『Stranded Sails』海外は10月17日配信開始【UPDATE】

  3. 死因解明ミステリーADV『Return of the Obra Dinn』国内PS4/Xbox One/スイッチ版配信開始!

    死因解明ミステリーADV『Return of the Obra Dinn』国内PS4/Xbox One/スイッチ版配信開始!

  4. 次のプライム化はアトラス!超豪華景品も飛び出す『Warframe』ファン感謝祭日本初開催レポート!

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」【TGS2019】

  7. 流れ着いた島から脱出するために船を作りだせ!『Stranded Sails』プレイレポ【TGS2019】

  8. 「ウェアハウス川崎」11月17日閉店へ―香港・九龍城砦を再現した有名ゲームセンター

  9. 恋に踊る死神パズルアドベンチャー『Felix The Reaper』配信開始! あの娘のために死のワルツを

  10. レイトレーシングと高解像度テクスチャでリアルになりすぎた『マインクラフト』映像!

アクセスランキングをもっと見る

1
page top