インドで禁止令が出ている『PUBG MOBILE』をプレイしたため、少なくとも16人が逮捕 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

インドで禁止令が出ている『PUBG MOBILE』をプレイしたため、少なくとも16人が逮捕

インド国内のいくつかの都市において、同国刑法で禁止されている『PUBG MOBILE』をプレイしたために逮捕されたユーザーがいることが明らかになりました。

ニュース ゲーム業界
インドで禁止令が出ている『PUBG MOBILE』をプレイしたため、少なくとも16人が逮捕
  • インドで禁止令が出ている『PUBG MOBILE』をプレイしたため、少なくとも16人が逮捕
  • インドで禁止令が出ている『PUBG MOBILE』をプレイしたため、少なくとも16人が逮捕

インド国内のいくつかの都市において、同国刑法で禁止されている『PUBG MOBILE』をプレイしたために、逮捕者が出ていることが明らかになりました。

International Business Times Indiaを始めとした海外メディアによると、3月初め、インド国内の2つの都市RajkotとSuratでは、『PUBG MOBILE』のプレイが禁止される事態となっていました。これは、バトルロイヤルゲームによって、学生を含む若者が怒りと暴力的な行動を起こすようになり、インドにおける全国共通試験への集中を失ってしまったことに向けての措置です。

そんななかThe Indian Expressは、『PUBG MOBILE』をプレイしたことを理由に逮捕された者が、Rajkot市内だけで若者を中心に16名ほど出ていると報道。同メディアによると、Rajkot警察のManoj Agarwal署長は、中毒性のあるモバイルゲームは生徒や子供の行動、態度、言語に悪影響を及ぼしていると述べたということです。

なお、『PUBG MOBILE』のプレイはいずれも軽微な犯罪と見られており、ほとんどの場合で保釈されているようです。しかし、これらの禁止令はインド刑法第188条に基づいて執行されており、命令に従わず暴力的な抵抗をした者には、拘禁刑と罰金が科される可能性もあるとのこと。また、この禁止令は「MOMOチャレンジ」にも影響が及ぶもので、3月30日まで続く予定と伝えられています。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

    PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

  2. スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

    スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

  3. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

    PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

  4. 戦略SLGシリーズ最新作『タイニーメタル 虚構の帝国』国内スイッチ向けに2019年春発売!

  5. Googleが新ゲーミングプラットフォーム「Stadia」を発表!あらゆるデバイスからゲームがプレイ可能

  6. リメイク版『System Shock』20分超えのプレアルファ版プレイ映像―仄暗い宇宙ステーションで…

  7. MS、開発ツールを集約した「Microsoft Game Stack」発表―Xbox LiveがiOS/Android対応へ

  8. ステルスシューター『Project I.G.I.』新作『I.G.I. - Origins』発表―16年ぶりの復活

  9. 2年以上保持した「Ubisoft Clubユニット」が2019年4月1日より一律有効期限切れに―保有者は要注意

  10. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

アクセスランキングをもっと見る

1
page top