『World of Warplanes』日本サービス開始発表会レポ―4月17日の開始に向けた合同インタビューも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『World of Warplanes』日本サービス開始発表会レポ―4月17日の開始に向けた合同インタビューも

Wargaming.netは、麹町に移設した新オフィスにてオンライン空戦アクションゲーム『World of Warplanes』日本サービス開始発表会を開催しました。

PC Windows
『World of Warplanes』日本サービス開始発表会レポ―4月17日の開始に向けた合同インタビューも
  • 『World of Warplanes』日本サービス開始発表会レポ―4月17日の開始に向けた合同インタビューも
  • 『World of Warplanes』日本サービス開始発表会レポ―4月17日の開始に向けた合同インタビューも
  • 『World of Warplanes』日本サービス開始発表会レポ―4月17日の開始に向けた合同インタビューも
  • 『World of Warplanes』日本サービス開始発表会レポ―4月17日の開始に向けた合同インタビューも
  • 『World of Warplanes』日本サービス開始発表会レポ―4月17日の開始に向けた合同インタビューも
  • 『World of Warplanes』日本サービス開始発表会レポ―4月17日の開始に向けた合同インタビューも
  • 『World of Warplanes』日本サービス開始発表会レポ―4月17日の開始に向けた合同インタビューも
  • 『World of Warplanes』日本サービス開始発表会レポ―4月17日の開始に向けた合同インタビューも

Wargaming.netは、東京は麹町の新オフィスにてオンライン空戦アクションゲーム『World of Warplanes』日本サービス開始発表会を開催しました。

このローンチイベントでは、初めに『World of Warplanes』(以下、『WoWP』)パブリシング・アジアパシフィック・プロデューサーの藤田健氏が発表会の概要を説明すると共にスタート。サードウェーブの桑園勉氏からローンチを記念した言葉が贈られた後、パブリッシング・プロダクト・ディレクターのアンドリュー・ズガー氏が『WoWP』の解説に入りました。


『World of Warplanes』は、12 vs 12で戦えるPC向けオンライン空戦アクションゲームで、日本を含めた7つの国家から250以上の機体が登場。4,635通りの機体バリーションと、40種類のマップが存在します。


2011年に初発表が行われた『WoWP』は、2013年に欧米地域でオープンベータテストが行われると共に正式サービスを開始。2017年の大型アップデートを経て2018年にはアジア圏でのリリースを視野に入れて、国内向けに初めて日本版テストが実施されました。そんな本作が、2019年、ついに国内での正式サービスを始めるというわけです。


続いて、グローバルブランドディレクターのアル・キング氏が登壇。国内向けのマーケティングに関しては、初めにスローガンを欧米地域の「GET AIRBONE」より、意味合いが同じでもっと馴染みのある「SCRAMBLE」へと変更しました。他には、『WoWP』のマーケティングに関しては、メタルバンドIron Maidenとコラボした過去も明かされ、2018年には『WoWP』と「Aces High」のコラボPVを制作しています。

また同氏は、ブルース・ディッキンソン氏に来日希望のメッセージを出せば日本へ来るかもしれないとも語った



次に登壇した『WoWP』開発ディレクターのアレクサンダー・カシアネンコ氏は、2019年に実施予定のロードマップを披露しました。まず、日本テストによって得られたフィードバックからチュートリアルを改善すると共に、爆撃機のテールガンナーキャンペーンとアイアン・メイデンのコラボ。さらにソ連とアメリカの爆撃機を追加し、Unified NationsとPilot Mercenariesのフィーチャーを追加する予定です。


またここで開発チーム内にいる黒猫のナディアを紹介(ナディアはウクライナ語で「希望」という意味)。お昼寝やお菓子のおねだりの他にチームの監視などをしているほか、自身のメールアドレス(!)も持っているとのこと。


最後に藤田氏が再び登壇すると、5,000人が参加し、その内8人が1,000戦以上を記録したという昨年のスーパーテストの結果を説明。このテストでは、プレイヤーの継続プレイ率も他の地域より高かったようです。

アンケートの結果もポジティブで、「正式サービスが開始されたらプレイしたいと思いますか?」という質問には「はい」が76.9%。チュートリアルを強化した理由については、コンクエストモードのルールについての理解が低いことが判明したためで、「反省し改善すべき」という結論に達したからです。


このテストによって多くのユーザーが期待しているタイトルであることが明らかとなったため、Wargaming.netは国内での正式サービスを開始するべきと判断。『WoWP』の正式サービスが、4月17日から開始される予定となりました。

また、自作の紙飛行機をツイートすると、その中から選ばれた優秀作品に豪華グッズがプレゼントされる「スクランブルキャンペーン」も告知。開催期間は、3月27日から4月17日まで、応募は国内公式Twitterをフォローしたうえで、紙飛行機の写真に「#wowpaper」を添えてツイートするだけということなので、参加してみるのもいいかもしれません。


続いて、バンダイナムコアーツの杉山潔プロデューサーが登壇。同氏は、アニメ「ガールズ&パンツァー」シリーズをプロデュースしていることで知られていますが、アニメ「よみがえる空 -Rescue Wings-」を筆頭とする航空機関係の映像作品もプロデュースしています。そんな「航空機」と関係がある杉山氏は、『WoWP』正式サービス開始日時が決定したことを祝福。お祝いの言葉を述べました。最後に、APACのゼネラル・マネージャー、ジュンウォン・ハン氏が「スクランブル!」と乾杯の合図を取り発表を終えました。


次ページ: アニメコラボや要望の多い機体については?メディア合同インタビューをお届け!
《G.Suzuki》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. ブロック工作サンドボックス『Trailmakers』正式リリース!自由な発想で陸海空を遊び尽くす

    ブロック工作サンドボックス『Trailmakers』正式リリース!自由な発想で陸海空を遊び尽くす

  2. PC版『バットマン』6作品がEpic Gamesストアにて期間限定無料配信!次回は『Everything』『Metro 2033 Redux』

    PC版『バットマン』6作品がEpic Gamesストアにて期間限定無料配信!次回は『Everything』『Metro 2033 Redux』

  3. SFMMOアリーナシューター『PlanetSide Arena』基本無料で早期アクセス開始!日本語にも対応

    SFMMOアリーナシューター『PlanetSide Arena』基本無料で早期アクセス開始!日本語にも対応

  4. ボクセルベースのアクションRPG『Cube World』ローンチトレイラー公開

  5. ダッシュモーションがより自然に!『ゴーストリコン ブレイクポイント』クローズドベータからの改善点が公開

  6. 超自然現象に巻き込まれたミュータントとの日常を描くADV『Mutazione』配信開始

  7. 3Dカスタム恋愛シム『コイカツ!Party』Steam配信開始、ただし日本語非対応【UPDATE】

  8. パラレルソ連SFARPG『Atomic Heart』新トレイラー公開!独特の世界観の片鱗描く

  9. Epic、PC版『ボーダーランズ3』進行データ消失不具合のホットフィックス配信―消失したデータの復旧は不可能

  10. Lab Zero新作、日本風キャラのなめらかARPG『Indivisible』発売日決定!予約も開始に

アクセスランキングをもっと見る

page top