UFO登場!『War Thunder』エイプリルフールイベント「Earth Thunder」開催中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

UFO登場!『War Thunder』エイプリルフールイベント「Earth Thunder」開催中

デベロッパーGaijin Entertainmentは、基本プレイ無料で展開中のオンラインミリタリーアクション『War Thunder』において、エイプリルフールイベント「Earth Thunder」を開催しました。

ゲーム文化 イベント
UFO登場!『War Thunder』エイプリルフールイベント「Earth Thunder」開催中
  • UFO登場!『War Thunder』エイプリルフールイベント「Earth Thunder」開催中
  • UFO登場!『War Thunder』エイプリルフールイベント「Earth Thunder」開催中
  • UFO登場!『War Thunder』エイプリルフールイベント「Earth Thunder」開催中
  • UFO登場!『War Thunder』エイプリルフールイベント「Earth Thunder」開催中
  • UFO登場!『War Thunder』エイプリルフールイベント「Earth Thunder」開催中
  • UFO登場!『War Thunder』エイプリルフールイベント「Earth Thunder」開催中
  • UFO登場!『War Thunder』エイプリルフールイベント「Earth Thunder」開催中
  • UFO登場!『War Thunder』エイプリルフールイベント「Earth Thunder」開催中

デベロッパーGaijin Entertainmentは、基本プレイ無料で展開中のオンラインミリタリーアクション『War Thunder』において、エイプリルフールイベント「Earth Thunder」を開催しました。

私たちは「陰謀論」と呼んでいたが、それは真実であることが判明した。
アメリカの都市グリーンヒルズは宇宙人がUFOの戦闘機パイロットに人間を使用する
銀河系のサイバースポーツゲームの舞台となっています。私たちは真実を知る必要があります。





今回のイベントではエイリアンバトルアリーナへと参加し、UFOでの戦闘を繰り広げることが可能。空中あるいは水中で普段とは異なる感触のゲームプレイが楽しめます。イベントは日本時間4月5日20時まで開催。ゲーム内の「イベント」タブより参加できます。





毎年クオリティの高いネタが用意される『War Thunder』のエイプリルフールイベント。ゲーム自体も着実に進化しているので今後の展開がさらに楽しみですね。それでは最後に過去のエイプリルフールイベントの映像を一気にご紹介。

2013年

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年
《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

    天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  2. 『CS:GO』とある公式戦を巡って八百長疑惑が浮上、有名プレイヤーの関与も…元メンバーがSNSで告発

    『CS:GO』とある公式戦を巡って八百長疑惑が浮上、有名プレイヤーの関与も…元メンバーがSNSで告発

  3. 『バイオハザード ヴィレッジ』VR化Mod先行プレイ動画が公開―モーションコントローラーにも対応

    『バイオハザード ヴィレッジ』VR化Mod先行プレイ動画が公開―モーションコントローラーにも対応

  4. 『サイバーパンク2077』アニメ「サイバーパンク エッジランナーズ」の画像もちらり―6月6日開幕「Netflix Geeked Week」予告映像公開

  5. PC版『ELDEN RING』にNPCやボスを召喚できるMODが登場―狭間の地に旅の道連れ

  6. 『CoD: ヴァンガード』プレイヤーが不正行為で大会追放―実力証明用の配信が逆にチートを証明してしまう

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 宿命のライバルが見つかるかも?『シャドウ・オブ・モルドール』に影響受けた『スカイリム』MOD「Shadow of Skyrim」が開発中

  9. 性的にもオープンワールドな大人向け官能サバイバルRPG『Wild Life』のKickstarterが開始!

  10. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

アクセスランキングをもっと見る

page top