ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ

Dark Blue Gamesは、ローグライトアクションRPG『Infected Shelter』のSteam早期アクセスを開始し、併せて新しいトレイラーを公開しました。

PC Windows
ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ
  • ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ
  • ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ
  • ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ
  • ローグライト終末ARPG『Infected Shelter』早期アクセス開始―ゾンビやロボ相手に大暴れ
!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。

Dark Blue Gamesは、ローグライトアクションRPG『Infected Shelter』のSteam早期アクセスを開始し、併せて新しいトレイラーを公開しました。

本作はポストアポカリプス世界を舞台にしたローグライトアクションRPG。『Mortal Kombat』と『Dead Cells』と『キャッスルクラッシャーズ』を足したようなゲームであるとされており、ランダム生成されるマップ上の敵を倒しながら進み、設計図の入手による武器や衣服のアンロックでキャラクターを強化していきます。

早期アクセスである記事執筆時点ではプレイアブルキャラクターは2人で、屋内外合わせて154のエリア、150の設計図、48のキャラクター特性などが用意されています。また、シングルプレイヤーキャンペーンの他に最大4人でのローカルマルチプレイが可能です。

早期アクセス期間は6カ月の予定で、正式リリースではボスや敵、武器、衣服、スキル、アイテムをさらに増やすとのこと。また正式版に向けてクオリティアップとバランス調整をしていくと共に、英語以外への言語対応も予定しているとのことです。




『Infected Shelter』は日本語には未対応で、PC向けにSteamにて999円(2019年5月16日までは899円)で早期アクセスを実施中です。
《いわし》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『スカイリム』から派生した新作タイムループADV『The Forgotten City』最新ゲームプレイ映像公開!

    『スカイリム』から派生した新作タイムループADV『The Forgotten City』最新ゲームプレイ映像公開!

  2. スチームパンク風世界のサバイバルADV『Scrapnaut』発表―料理や農場経営、宝探しなどさまざまな遊び要素も

    スチームパンク風世界のサバイバルADV『Scrapnaut』発表―料理や農場経営、宝探しなどさまざまな遊び要素も

  3. 『モンハン:アイスボーン』アップデートVer.14.00配信!新規モンスターやマカ錬金機能追加など

    『モンハン:アイスボーン』アップデートVer.14.00配信!新規モンスターやマカ錬金機能追加など

  4. 『PUBG』がDiscordを通じて対象者を報告する新たな違反行為への対策プログラムを7月14日から開始

  5. サバイバルホラー『Remothered: Broken Porcelain』の発売が10月20日に延期

  6. Steamラボにアップデート、ニュースハブの構成やナビゲーション機能が分かりやすく改善

  7. 自分が動くときだけ時間が進むFPS続編『SUPERHOT: MIND CONTROL DELETE』海外7月16日発売―発売までの初作購入者には無料配布

  8. 『対魔忍コレクション:アサギ 決戦アリーナ』Steamで無料配信中―『対魔忍ユキカゼ』体験版も登場

  9. 『Microsoft Flight Simulator』クローズドベータは7月30日から、テスト中の新たな画像も公開に【UPDATE】

  10. NVIDIA社の時価総額、米半導体首位に―インテル上回る【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top