『World of Warcraft Classic』バグが複数報告されるも当時の仕様だった―"これはバグじゃないよ"リストが公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『World of Warcraft Classic』バグが複数報告されるも当時の仕様だった―"これはバグじゃないよ"リストが公開

現在クローズドベータテストが実施されている『World of Warcraft Classic』ですが、Blizzard Entertainmentは“バグではない仕様リスト”を公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
『World of Warcraft Classic』バグが複数報告されるも当時の仕様だった―
  • 『World of Warcraft Classic』バグが複数報告されるも当時の仕様だった―

現在クローズドベータテストが実施されている『World of Warcraft Classic』ですが、Blizzard Entertainmentは“バグではない仕様リスト”を公開しました

World of Warcraft Classic』は、2019年で15周年を迎えたMMORPG『World of Warcraft』の初期体験を再現したバージョン(※過去記事)。厳密には、2006年8月22日にリリースされた「Drums of War」アップデート(パッチ1.12.0)をベースにしています。

当時を再現しているのはキャラクターやクエストだけではなく、当たり判定や目的地をナビゲートするオートトラッキングなどの細かい仕様にまでわたります。そのこともあってか本来、仕様だった要素が一部のユーザーから「バグではないか」と報告されていました。いくつものアップデートを重ねてきた10年以上前の仕様のため、当時のプレイヤーでさえバグだと感じてしまうのは仕方のないことかもしれません。

仕様リストに記載された具体的な内容としては、クリーチャーの再出現が「Battle for Azeroth」よりはるかに遅く設定されていたり、低すぎるレベルのクエストがゲーム内で「!」と表示されなかったり、といった要素が挙げられます。これらは全て「期待通りに動作している」ということです。

World of Warcraft Classic』は8月27日よりリリース予定です。日本との時差がない韓国では、8月27日午前7時より配信されます。
《KAMEX》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 2020年のSteamオータムセールがスタート!―「Steamアワード」ノミネート作品選出も

    2020年のSteamオータムセールがスタート!―「Steamアワード」ノミネート作品選出も

  2. オンラインクレーンゲーム「トレバ」不正疑惑についてサイバーステップが声明発表…ねとらぼ側も即座に反論し、両者「到底受け入れられない」

    オンラインクレーンゲーム「トレバ」不正疑惑についてサイバーステップが声明発表…ねとらぼ側も即座に反論し、両者「到底受け入れられない」

  3. 戦争の恐怖が近づく中での殺人事件……新作サイコスリラー『Martha Is Dead』トレイラー!

    戦争の恐怖が近づく中での殺人事件……新作サイコスリラー『Martha Is Dead』トレイラー!

  4. 今度はホラーだ!「手」シミュレーター新作『Hand Simulator: Horror』が12月Steam配信

  5. スクエニプラモ第二弾は『ゼノギアス』!ヴェルトールら4機が1/144スケールで登場

  6. スマホで簡単e-Sports能力測定ツール「JeSU公認 全国統一eスポーツテスト presented by ZONe」公開

  7. 中国でヒットした仙侠ストラテジー『Amazing Cultivation Simulator』正式リリース! 英語にも新対応

  8. 『GUILTY GEAR』エルフェルト、蔵土縁紗夢、ディズィー、梅喧の3Dアバターが「バーチャルマーケット5」で発売決定!

  9. 名作RPG『ゼノギアス』フェイがアクションフィギュア化―トラウマ缶詰も付属……

  10. CERO、『アサシン クリード ヴァルハラ』表現の追加規制に対しコメント「本機構は無関係」【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top