『World of Warcraft Classic』バグが複数報告されるも当時の仕様だった―"これはバグじゃないよ"リストが公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『World of Warcraft Classic』バグが複数報告されるも当時の仕様だった―"これはバグじゃないよ"リストが公開

現在クローズドベータテストが実施されている『World of Warcraft Classic』ですが、Blizzard Entertainmentは“バグではない仕様リスト”を公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
『World of Warcraft Classic』バグが複数報告されるも当時の仕様だった―
  • 『World of Warcraft Classic』バグが複数報告されるも当時の仕様だった―

現在クローズドベータテストが実施されている『World of Warcraft Classic』ですが、Blizzard Entertainmentは“バグではない仕様リスト”を公開しました

World of Warcraft Classic』は、2019年で15周年を迎えたMMORPG『World of Warcraft』の初期体験を再現したバージョン(※過去記事)。厳密には、2006年8月22日にリリースされた「Drums of War」アップデート(パッチ1.12.0)をベースにしています。

当時を再現しているのはキャラクターやクエストだけではなく、当たり判定や目的地をナビゲートするオートトラッキングなどの細かい仕様にまでわたります。そのこともあってか本来、仕様だった要素が一部のユーザーから「バグではないか」と報告されていました。いくつものアップデートを重ねてきた10年以上前の仕様のため、当時のプレイヤーでさえバグだと感じてしまうのは仕方のないことかもしれません。

仕様リストに記載された具体的な内容としては、クリーチャーの再出現が「Battle for Azeroth」よりはるかに遅く設定されていたり、低すぎるレベルのクエストがゲーム内で「!」と表示されなかったり、といった要素が挙げられます。これらは全て「期待通りに動作している」ということです。

World of Warcraft Classic』は8月27日よりリリース予定です。日本との時差がない韓国では、8月27日午前7時より配信されます。
《KAMEX》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. あの男の到着前を描く『Half-Life 2』非公式ストーリーMod「Snowdrop Escape」がSteam配信予定

    あの男の到着前を描く『Half-Life 2』非公式ストーリーMod「Snowdrop Escape」がSteam配信予定

  2. 海外ファンがModを使用せずに『マインクラフト』で『メトロイド フュージョン』を再現!

    海外ファンがModを使用せずに『マインクラフト』で『メトロイド フュージョン』を再現!

  3. シュールで笑える『スカイリム』NPCの真似をし続ける男性の動画―ついにPart13まで登場

    シュールで笑える『スカイリム』NPCの真似をし続ける男性の動画―ついにPart13まで登場

  4. 長いマントで貴族を泥から守れ! 中世舞台の斬新パズル『Puddle Knights』Steam配信日決定

  5. バイオ風サバイバルホラー『Daymare: 1998』Steam配信開始! 国内PC/PS4版の発売も決定

  6. サルを訓練して生き延びろ! サバイバルサンドボックス『The Survivalists』最新トレイラー

  7. 名前を知れば愛着も湧く?小島秀夫監督が『デススト』BTの名称を明かす

  8. コミック「アサシン クリード チャイナ」1巻が発売!―16世紀中国を舞台に女アサシン“シャオ・ユン”の復讐を描く

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 『RDR2』のアーサー役声優が西部劇小説を朗読してくれるオーディオブックが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top