北欧神話剣戟オープンワールドACT『Rune』が『Rune II』に改名、Epic Gamesストア時限独占に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

北欧神話剣戟オープンワールドACT『Rune』が『Rune II』に改名、Epic Gamesストア時限独占に

Human Head Studiosは、北欧神話を舞台とした剣戟オープンワールドアクション『Rune(旧 Rune:Ragnarok)』を『Rune II』に名称変更したことを発表しました。

PC Windows
北欧神話剣戟オープンワールドACT『Rune』が『Rune II』に改名、Epic Gamesストア時限独占に
  • 北欧神話剣戟オープンワールドACT『Rune』が『Rune II』に改名、Epic Gamesストア時限独占に
  • 北欧神話剣戟オープンワールドACT『Rune』が『Rune II』に改名、Epic Gamesストア時限独占に

Human Head Studiosは、北欧神話を舞台とした剣戟オープンワールドアクション『Rune(旧 Rune:Ragnarok)』を『Rune II』に名称変更したことを発表しました。

同作は、2000年にリリースされた剣戟アクションゲーム『Rune』の続編となる作品。オープンワールド形式に内容を変更し、カスタム可能な主人公を用いてラグナロクを終結させ、ロキからミッドガルドを守る戦いが展開します。シングルのみでなくCo-opにも対応。複数人で冒険を繰り広げることも可能です。

なお、『Rune II』への改名に伴い、販売サイトも変更に。同作はSteamにて以前からストアページも公開、公式サイトでは予約も実施されていましたが、今回の発表ではEpic Gamesストアロゴが表示されています。


次いで公開されたFAQ映像では、同作がEpic Gamesストアにて、“最初に登場する”旨と「移行について呑み込めない条件として認識し、不幸になったユーザーがいる」ことを認識している点をコメントした上で、移行は同作のベータテストの結果ユーザーから発生した要望などを叶えるために更なる開発資金が必要となった結果であることを明かしました。

それはゲームにとって良い選択であったとし、以前からの予約者には同作が追加で1本プレゼントされるとしました。また、返金も2019年6月5日までは無制限で受け付けるとしています。なお、Epic Gamesストアの時限専売となる期間や、その後再びSteamへと登場するのかなどについては明らかにされていません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『Risk of Rain 2』初のコンテンツアップデート「Scorched Acres Update」が配信―新サバイバーなど多数要素が追加

    『Risk of Rain 2』初のコンテンツアップデート「Scorched Acres Update」が配信―新サバイバーなど多数要素が追加

  2. 狩猟シミュレーション『The Hunter: Call of the Wild』日本語対応!アラスカ舞台の新DLCもリリース

    狩猟シミュレーション『The Hunter: Call of the Wild』日本語対応!アラスカ舞台の新DLCもリリース

  3. 横スクドット絵ACT『A.N.N.E』Steam早期アクセス開始―宇宙船STGと徒歩を使い分け冒険を繰り広げる

    横スクドット絵ACT『A.N.N.E』Steam早期アクセス開始―宇宙船STGと徒歩を使い分け冒険を繰り広げる

  4. アニメ風ローグライクARPG『神明在上(Zengeon)』正式リリース―個性豊かなキャラクターによる爽快アクション

  5. 『LoL』新モード「チームファイト タクティクス」ライブサーバーに登場―人気爆発『オートチェス』タイプのストラテジー

  6. ポケモン風MMO『Temtem』現在実施中のαテスト参加権も含む予約購入受付を2週間限定で開始

  7. 自然災害の中で戦う基本プレイ無料バトロワ『Ring of Elysium』正式リリース! 新モード「Ashen Eye」も

  8. 『P.T.』を彷彿させるゆるかわ一人称ADV『QT』が無料公開!複数タイトルを含むKickstarterも実施中

  9. 一人称サイコホラー『Visage』7月3日に新章追加―早期アクセス中、最後の追加コンテンツ

  10. F1公式ゲーム最新作『F1 2019』ローンチトレイラー公開―Legends Editionは早期アクセス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top