『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』ではAT-ATでのメカ戦も!開発者によるハンズオンを「EA Play 2019」で目撃【E3 2019】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』ではAT-ATでのメカ戦も!開発者によるハンズオンを「EA Play 2019」で目撃【E3 2019】

現地時間の6月8日から6月9日まで、米・ハリウッドで開催されている「EA Play 2019」。本会場にて、Respawn Entertainmentが手がける最新作『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』の開発者によるハンズオンが行われました。

ゲーム文化 イベント
『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』ではAT-ATでのメカ戦も!開発者によるハンズオンを「EA Play 2019」で目撃【E3 2019】
  • 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』ではAT-ATでのメカ戦も!開発者によるハンズオンを「EA Play 2019」で目撃【E3 2019】
  • 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』ではAT-ATでのメカ戦も!開発者によるハンズオンを「EA Play 2019」で目撃【E3 2019】
  • 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』ではAT-ATでのメカ戦も!開発者によるハンズオンを「EA Play 2019」で目撃【E3 2019】
  • 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』ではAT-ATでのメカ戦も!開発者によるハンズオンを「EA Play 2019」で目撃【E3 2019】
  • 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』ではAT-ATでのメカ戦も!開発者によるハンズオンを「EA Play 2019」で目撃【E3 2019】
  • 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』ではAT-ATでのメカ戦も!開発者によるハンズオンを「EA Play 2019」で目撃【E3 2019】

現地時間6月8日から6月9日まで、米・ハリウッドで開催されている「EA Play 2019」。本会場にて、Respawn Entertainmentが手がける最新作『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』の開発者によるハンズオンが行われました。

会場となったのは、EA Play場内にある『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』の特設ブースで、公開されたゲームプレイ映像よりも少し前の場面を観ることができました。

しかし開発者によるハンズオンが始まり、タイトル画面から進もうとした際にトラブル発生。「Unreal Engine 4」のバージョンエラーにまつわるポップアップが出てしまい、プレイができなくなる事態に……。直ちに仕切り直して、最新バージョンのデモを起動。こちらは問題なく進みました。このようなトラブルが起こっても、来場したファンたちは文句を言うことなく、むしろ開発者に声援を送っていたのが印象的でした。

画像はEA Playのハンズオンではなく発表されたプレイ動画のもの

今回のハンズオンは、川のステージからスタート。プレイヤーはジェダイのカル・ケステスとなり、背中の相棒のドロイドと共に、川を泳ぎながら進みます。すると、長く水の中に潜んでいたために土や植物が絡みついたAT-ATが出現。そこからAT-ATに取り付いたツタをよじ登っていき、頭頂部のハッチへ。そこから内部に侵入し、操縦するストーム・トルーパーたちを蹴散らしていきます。

基本的には三人称視点のアクションなのですが、『ワンダと巨像』や『トゥームレイダー』のようにオブジェクトや巨大な敵キャラクターによじ登ったり、飛び移ったりするアクションが多く見られました。


戦闘では、敵もしっかりとガードをしてくるので、隙をついたりガードを崩しつつダメージを与えていく必要がありそうです。敵を蹴散らしてAT-ATを奪取したカルは、そのまま操縦モードへ。

圧倒的な火力を持つAT-ATをプレイヤー自身が操縦し、敵や要塞を蹴散らしていく姿が確認できました。こういったシークエンスは『タイタンフォール』を手がけたRespawnならではの雰囲気。同社のメカ戦が好きなファンの期待も裏切ることはなさそうです。

今回確認できたデモ版は一本道のステージを進んでいく形でしたが、敵を倒すとスキルポイントが手に入ったり、相棒のドロイドのアップグレードができたりするようで、単純なステージクリア型ゲームではなさそうです。


通常の戦闘アクションにも、フォースの力が使えるジェダイらしい要素が詰め込まれており、敵の銃弾を跳ね返せるライトセーバーはもちろん、遠くにいる相手を引き寄せたり、そのまま遠くへ吹き飛ばすことも可能でした。さらに、相手の動きをスローにさせる特殊能力も見ることができました。

最近のEAが手がけてきた「スターウォーズ」のフランチャイズゲームは、その仕様によって多くの議論を呼んでしまいました。しかし今作は、純粋に一人でプレイする「スターウォーズ」のアクションゲームとして、そして『Apex Legends』で勢いに乗るRespawn Entertainmentが手がけるアクションゲームとして、期待が高まります。


ハンズオン参加者に配られたピンバッジ

『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』はPC/PS4/Xbox Oneを対象に11月15日発売予定。現在は先行予約を受け付け中です。
《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 頑固な汚れもこれ一本!高圧洗浄シム『PowerWash Simulator』登場

    頑固な汚れもこれ一本!高圧洗浄シム『PowerWash Simulator』登場

  2. SFADV『In Other Waters』配信―謎めくグリーゼ677Ccの海で行方不明のパートナーを探せ

    SFADV『In Other Waters』配信―謎めくグリーゼ677Ccの海で行方不明のパートナーを探せ

  3. 『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

    『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

  4. オープンワールドサバイバル『Rust』農業を強化する「Farming 2.0」アップデートが実施!

  5. 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

  6. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  7. まさかの“ゴジラ”コラボ! 新セット「イコリア:巨獣の棲処」が『MTGアリーナ』含む「マジック」世界に登場

  8. 期待のホラー『Year Of the Ladybug』作者の超怖顔描きメイキング!

  9. 「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開

  10. 遂に宇宙へ…! 『War Thunder』エイプリルフールイベント「Space Thunder」開催

アクセスランキングをもっと見る

page top