宇宙ADV『Star Control』を巡る原作者・新作開発元の訴訟に決着…友好的和解、GOG旧作も販売再開に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

宇宙ADV『Star Control』を巡る原作者・新作開発元の訴訟に決着…友好的和解、GOG旧作も販売再開に

老舗宇宙アクションアドベンチャーシリーズ『Star Control』。同シリーズの展開を巡って行われていた、原作者および新作『Star Control: Origins』開発元との訴訟が和解となったことが発表されました。

ゲーム文化 カルチャー
宇宙ADV『Star Control』を巡る原作者・新作開発元の訴訟に決着…友好的和解、GOG旧作も販売再開に
  • 宇宙ADV『Star Control』を巡る原作者・新作開発元の訴訟に決着…友好的和解、GOG旧作も販売再開に
  • 宇宙ADV『Star Control』を巡る原作者・新作開発元の訴訟に決着…友好的和解、GOG旧作も販売再開に
  • 宇宙ADV『Star Control』を巡る原作者・新作開発元の訴訟に決着…友好的和解、GOG旧作も販売再開に
『Star Control: Origins』

1990年に初代作品が発表された老舗宇宙アクションアドベンチャーシリーズ『Star Control』。同シリーズの展開を巡って行われていた、原作者および新作『Star Control: Origins』開発元Stardock Entertainmentとの訴訟が和解となったことが発表されました。

同シリーズは、Fred Ford氏およびPaul Reiche III氏が設立したToys for Bobにより開発。1990年にAccoladeより発売され、その後1996年までパブリッシャーを変えつつ3作が開発された宇宙アクションアドベンチャーゲームシリーズです。


基本的には、どの作品も宇宙を舞台に何らかの目的を持った主人公種族が宇宙船を駆り、様々な種族との交渉などを成立させつつ、目的達成を目指すゲームとなっています。戦闘では対戦型2Dシューティングが展開するのも特徴でした。

余談ながら、日本では3DOにおいて2作目が『スターコントロール2 ア・クアン・マスターを打倒せよ!』としてリリースされていました。そして、2018年9月にはStardock Entertainmentより完全新作『Star Control: Origins』が発売されています。

訴訟は、2018年にStardock側がFord氏とPaul氏両名に対し、シリーズに関する一切の権利は両氏にないとして訴えたもの。その後、両氏が「Stardockが購入したシリーズの権利はアタリ社が保持していた『Star Control 3』に関連した非常に限定的なものだけである」とした反訴を行うなどエスカレート。一時は『Star Control: Origins』や各旧作タイトルの販売が取り下げられる事態となっていました。

今回の和解では、和解金などの金銭のやり取りもなく、あくまで友好的に、双方のファンコミュニティがそれぞれに素晴らしいゲームを得られるようにすること、またお互いのプロジェクトを支援し、ファンコミュニティの亀裂を修復するために協力することなどが主眼であるとコメントされています。今後Stardockは『Star Control』シリーズの新作を開発。Ford・Paul両氏は『Ur-Quan Masters』(『スターコントロール2』の海外副題)シリーズを開発していきます。

Paul氏は今後『Star Control: Origins』の新たなエイリアン種族を制作し、Stardock側はFord氏とPaul氏を技術的に支援するとのこと。また、『Star Control』のキャラクターやエイリアンに対しStardockが提出していた商標もすべて取り下げとなる模様です。

加えて、和解内容ではFord・Paul両氏により『スターコントロール2』の直接の続編として計画・発表されていた『Ghosts of the Precursors』のタイトルが今後よりユニークなものへと変更(おそらくは『Ur-Quan Masters』ないし『Star Control』との関連をより印象づけるもの)となることについても冗談めかしつつ語られています。

この和解に伴い、Steam/GOG.comにて訴訟の影響で販売状況が不安定であった『Star Control』『Star Control 2』『Star Control 3』『Star Control: Origins』全てについて安定した販売がなされることが明らかにされており、GOG.comでも各旧作の販売が再開されました。

『The Ur-Quan Masters』

なお、『Star Control 2』はFord・Paul両氏によるリソースの利用許可の元オープンソースのフリーゲーム『The Ur-Quan Masters』として再開発、リリースされていましたが、こちらについても問題なく配布が続く見込みです。同作は3DO海外版の音声などでプレイ可能ですが、残念ながら日本語版の字幕や日本語音声が収録されていません。

『Star Control: Origins』はSteam/GOG.comにて3,090円/29.99ドルで配信中。『The Ur-Quan Masters』は公式サイトにて無料にてダウンロード可能です(バージョンはv0.7.0ですが、エンディングまですべてを楽しむことが可能)。
《Arkblade》
Arkblade

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

    主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

  2. 『ドラゴンエイジ:インクイジション』の馬、サボっていた…同作の乗馬に隠された罪を開発者がネタばらし

    『ドラゴンエイジ:インクイジション』の馬、サボっていた…同作の乗馬に隠された罪を開発者がネタばらし

  3. 最大4人でのCo-opにも対応したスタイリッシュ煉獄FPS『PERISH』配信!日本語も収録

    最大4人でのCo-opにも対応したスタイリッシュ煉獄FPS『PERISH』配信!日本語も収録

  4. 『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

  5. 水没都市でのんびり屋上生活を楽しむ『I Am Future』デモ版公開!

  6. アイテムの自動クラフトも可能になる『Rust』PC版アプデ「Industrial Update」配信!

  7. 『ドンキーコング』ギネス世界記録保持者のビリー・ミッチェルに新たな不正の疑い?「オリジナルと異なるレバーで操作を有利にしている」との指摘

  8. これが『DOOM:雨:決定版』だ!互換エンジン「GZDoom」向けに『GTA:トリロジー:決定版』の激しすぎる雨を降らせるMod登場

  9. 『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

  10. 盗まれる程おいしそうな「スイート・ロール」も作れる!「The Elder Scrolls: The Official Cookbook」邦訳版が3月3日発売

アクセスランキングをもっと見る

page top