『Counter-Strike』20周年!記念で『CS:GO』にクラシックバージョンの“DUST2”が実装へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Counter-Strike』20周年!記念で『CS:GO』にクラシックバージョンの“DUST2”が実装へ

Valveは、対戦シューター『Counter-Strike』の20周年を記念して、『Counter-Strike: Global Offensive』にクラシックバージョンの“DUST2”マップを実装したことを発表しました。

PC Windows
『Counter-Strike』20周年!記念で『CS:GO』にクラシックバージョンの“DUST2”が実装へ
  • 『Counter-Strike』20周年!記念で『CS:GO』にクラシックバージョンの“DUST2”が実装へ
  • 『Counter-Strike』20周年!記念で『CS:GO』にクラシックバージョンの“DUST2”が実装へ

Valveは、対戦シューター『Counter-Strike』の20周年を記念して、『Counter-Strike: Global Offensive』にクラシックバージョンの“DUST2”マップを実装したことを発表しました。

1999年の6月からベータの始まった『Counter-Strike』は、当時『Half-Life』のただの1Modでしたが、セミリアル系ともいうべきゲームバランスや競技性などで人気を博し、やがてValveの元で単体のゲームとして『Counter-Strike 1.6』や『Counter-Strike: Condition Zero』、『Counter-Strike: Source』を経て現在の形へと変化していきました。2018年には『Counter-Strike: Global Offensive』が基本プレイ無料となったほか、バトルロイヤルモード「Danger Zone」も新たに追加されています。

そんな同作の中でも非常に人気の高い対戦マップ“DUST2”を、過去の『Counter-Strike』風にしたクラシックバージョンの“DUST2”マップは、「Casual Dust II」マップグループ内に追加されているとのこと。ときには当時を懐かしんでプレイしてみるのも良いかもしれません。

『Counter-Strike: Global Offensive』はSteamにて基本無料で配信中です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

    映像から真実を見つけ出すADV『Telling Lies』Steam配信開始―日本語対応済みも一部不具合を修正中

  2. Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

    Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

  3. Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

    Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

  4. 『ウィザードリィ 囚われし魂の迷宮』Steam版リリースが2020年初旬に延期

  5. 世紀末探索ADV『Some Distant Memory』発表!日本語も収録

  6. 『ディアブロ III』日本時間8月23日よりシーズン18が開始―三位一体のシーズンバフでLv1からブースト

  7. Win 10版『マインクラフト』美麗なレイトレーシング対応ゲームプレイ比較映像―これホントに『マイクラ』?

  8. スクエニ新作『ONINAKI(鬼ノ哭ク邦)』Steam版配信スタート!デモ版も配信中

  9. 3Dカスタム恋愛シム『コイカツ!Party』Steam配信開始、ただし日本語非対応【UPDATE】

  10. 人狼×雪山サバイバル『Project Winter』正式版が発売開始!協力と裏切りの交錯する環境で生き残れ

アクセスランキングをもっと見る

page top