多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加

インディーデベロッパーIgrasil Studioは、ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』を日本語に対応させるアップデートを実施しました。

PC Windows
多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加
  • 多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加
  • 多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加
  • 多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加

インディーデベロッパーIgrasil Studioは、ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』を日本語に対応させるアップデートを実施しました。

同作は、正体不明の連続殺人犯ファントムを追う、非政府特別捜査機関「イグラシル」の捜査官たちの姿を描いたミステリービジュアルノベル。主人公の捜査官“小山和希”と同僚の少女たちとの恋愛要素もあります。

英語音声に対応しているだけでなく、選択肢も多数備えており、コンプリートまで約30時間と中々のボリューム。マルチエンディングで、周回要素もあるとのことです。今後、日本語音声の実装予定もあるとしています。なお、本作は日本語版が元々存在していた作品のSteam移植ではありません。


開発のIgrasil Studioは、日本を含め、中国やヨーロッパ、様々な国出身のスタッフで構成された多国籍チーム。メイン原画は日本人のはい氏が担当。サブとして宇枝原とま氏の他、『Doki Doki Literature Club!』で知られるSatchely氏が参加しています。



『Bloody Chronicles』はSteamにてWindows/Mac/Linux向けに2,050円で配信中です。2019年8月9日まではスペシャルプロモーションとして20%引きの1,640円で購入可能です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

    Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

  2. スクエニ新作『ONINAKI(鬼ノ哭ク邦)』Steam版配信スタート!デモ版も配信中

    スクエニ新作『ONINAKI(鬼ノ哭ク邦)』Steam版配信スタート!デモ版も配信中

  3. Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

    Co-opシューター『Remnant: From the Ashes』リリース―ポストアポカリプスの世界で怪物を撃て

  4. Epic Gamesストア初の無料トライアル開催決定!対象は『レインボーシックス シージ』

  5. 『ディアブロ III』日本時間8月23日よりシーズン18が開始―三位一体のシーズンバフでLv1からブースト

  6. リアルタイムカードACT『Overdungeon』正式配信!アルパカ無限に出る→相手は死ぬ

  7. Win 10版『マインクラフト』美麗なレイトレーシング対応ゲームプレイ比較映像―これホントに『マイクラ』?

  8. Epic Gamesストアローンチタイトル『Hades』Steam版早期アクセスが発表―1年と4日後に登場へ

  9. 『Fallout 76』Vault 94開放!レイドが始まるパッチ12配信―所有キャップの最大値も増加

  10. ゾンビサバイバル『DayZ』バトルロイヤルモード「Survivor GameZ」オープンα開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top