多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加

インディーデベロッパーIgrasil Studioは、ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』を日本語に対応させるアップデートを実施しました。

PC Windows
多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加
  • 多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加
  • 多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加
  • 多国籍チーム産ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』日本語対応―『DDLC』Satchely氏も一部CG参加

インディーデベロッパーIgrasil Studioは、ミステリービジュアルノベル『Bloody Chronicles』を日本語に対応させるアップデートを実施しました。

同作は、正体不明の連続殺人犯ファントムを追う、非政府特別捜査機関「イグラシル」の捜査官たちの姿を描いたミステリービジュアルノベル。主人公の捜査官“小山和希”と同僚の少女たちとの恋愛要素もあります。

英語音声に対応しているだけでなく、選択肢も多数備えており、コンプリートまで約30時間と中々のボリューム。マルチエンディングで、周回要素もあるとのことです。今後、日本語音声の実装予定もあるとしています。なお、本作は日本語版が元々存在していた作品のSteam移植ではありません。


開発のIgrasil Studioは、日本を含め、中国やヨーロッパ、様々な国出身のスタッフで構成された多国籍チーム。メイン原画は日本人のはい氏が担当。サブとして宇枝原とま氏の他、『Doki Doki Literature Club!』で知られるSatchely氏が参加しています。



『Bloody Chronicles』はSteamにてWindows/Mac/Linux向けに2,050円で配信中です。2019年8月9日まではスペシャルプロモーションとして20%引きの1,640円で購入可能です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Steamで48本ゲームが同時に配信される―月2本ゲームを作ったインディー制作集団の2年間の成果

    Steamで48本ゲームが同時に配信される―月2本ゲームを作ったインディー制作集団の2年間の成果

  2. 8bit風32bit風選べる美麗ドット絵ARPG『Lenna's Inception』配信開始―バグった王国に秩序を取り戻せ

    8bit風32bit風選べる美麗ドット絵ARPG『Lenna's Inception』配信開始―バグった王国に秩序を取り戻せ

  3. 『イースVIII』PC版にローカルCo-op実装やグラフィック強化含む大型アップデートが配信

    『イースVIII』PC版にローカルCo-op実装やグラフィック強化含む大型アップデートが配信

  4. 『マインクラフト』Java版購入者向けのWin 10版ギフトコードが補充―コード不足が解消

  5. ハードコアサバイバルシューター『Escape from Tarkov』に東京サーバー実装!

  6. レイトレーシング対応グラフィックボード「GeForce RTX 2060」が大幅値下げ!海外で50ドル引きの299ドルに

  7. 『英雄伝説 閃の軌跡III』PC版が発表、Steam/GOG.comにて20年3月24日発売予定

  8. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』黄巾の乱テーマの新DLC「Mandate of Heaven」配信開始

  9. 変身する魔法少女が戦う『Star Girl Proxima』配信!エイリアンと戦う8-bitアクション

  10. 『ESO』新シリーズは1000年前のスカイリム地方が舞台に―今後のコンテンツ展開も発表

アクセスランキングをもっと見る

page top