『ロケットリーグ』2019年内に"ガチャ"こと有料ルートボックスを廃止―ゲーム業界に一石投じる? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ロケットリーグ』2019年内に"ガチャ"こと有料ルートボックスを廃止―ゲーム業界に一石投じる?

PsyonixおよびEpic Gamesは、PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/PC向けに配信しているクルマサッカーゲーム『ロケットリーグ』のルートボックス(ガチャ)を2019年内にも廃止することを発表しました。

ニュース 発表
『ロケットリーグ』2019年内に
  • 『ロケットリーグ』2019年内に
  • 『ロケットリーグ』2019年内に
PsyonixおよびEpic Gamesは、PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/PC向けに配信しているクルマサッカーゲーム『ロケットリーグ』の有料クレート(ルートボックス:ガチャ)を2019年内にも廃止することを発表しました。

この決定は、世界中のプレイヤーにとって可能な限り最高の体験を創造するという目標を達成するためとのこと。今後は、ユーザーが事前に購入した商品を表示するシステムに置き換える予定です。これは、『フォートナイト』のPvEモード「世界を救え」チームが2019年に実施した変更に似ている、とされています。

ランダムに抽出されたアイテムを入手できる有料のルートボックスは廃止されますが、受け取れるアイテムが明確に確認できるRocket Pass Premium、DLCのクルマ、Esports Shopの商品は、引き続きPsyonixの新システムと一緒に直接購入できるということです。

基本無料プレイタイトルのみならず、有料ゲーム(ロケットリーグも有料ゲーム)に搭載されることも珍しくなくなったルートボックス。ソニー、マイクロソフト、任天堂などの主要メーカーが、ルートボックスの排出率開示に関する新たなプラットフォームポリシーに取り組んでいることも判明しており、今後1、2年でルートボックスを取り巻く環境は大きく変わっていくのかもしれません。

なお、スケジュールやロールアウトの詳細など、気になる続報は数か月中に共有される見込みです。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上

  2. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  3. 2020年ポケモンチャンピオンシップが開催中止に―新型コロナウィルスの影響を受けて

    2020年ポケモンチャンピオンシップが開催中止に―新型コロナウィルスの影響を受けて

  4. 『Call of Duty: Modern Warfare 2 Remastered』がPS4で海外向けにリリースーアナウンストレイラーも公開!

  5. ロックスターが新型コロナ対策に『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』売上利益の5%を寄付すると発表

  6. 『あつまれ どうぶつの森』の博物館で学ぼう!進化系統樹の最後のピースはあなた!

  7. 『Age of Empires II: Definitive Edition』アップデート発表ーユニークユニット「火炎らくだ」の追加も

  8. コジマプロダクションから新型コロナ感染者が出たことが判明―今後は一時的なオフィス閉鎖やテレワーク等を実施

  9. スイッチ版『パンツァードラグーン:リメイク』ついに4月2日に発売!【UPDATE】

  10. gamescom 2020はデジタル形式での開催を決定―ケルンでの開催は5月に協議予定

アクセスランキングをもっと見る

page top