『ロケットリーグ』2019年内に"ガチャ"こと有料ルートボックスを廃止―ゲーム業界に一石投じる? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ロケットリーグ』2019年内に"ガチャ"こと有料ルートボックスを廃止―ゲーム業界に一石投じる?

PsyonixおよびEpic Gamesは、PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/PC向けに配信しているクルマサッカーゲーム『ロケットリーグ』のルートボックス(ガチャ)を2019年内にも廃止することを発表しました。

ニュース 発表
『ロケットリーグ』2019年内に
  • 『ロケットリーグ』2019年内に
  • 『ロケットリーグ』2019年内に
PsyonixおよびEpic Gamesは、PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ/PC向けに配信しているクルマサッカーゲーム『ロケットリーグ』の有料クレート(ルートボックス:ガチャ)を2019年内にも廃止することを発表しました。

この決定は、世界中のプレイヤーにとって可能な限り最高の体験を創造するという目標を達成するためとのこと。今後は、ユーザーが事前に購入した商品を表示するシステムに置き換える予定です。これは、『フォートナイト』のPvEモード「世界を救え」チームが2019年に実施した変更に似ている、とされています。

ランダムに抽出されたアイテムを入手できる有料のルートボックスは廃止されますが、受け取れるアイテムが明確に確認できるRocket Pass Premium、DLCのクルマ、Esports Shopの商品は、引き続きPsyonixの新システムと一緒に直接購入できるということです。

基本無料プレイタイトルのみならず、有料ゲーム(ロケットリーグも有料ゲーム)に搭載されることも珍しくなくなったルートボックス。ソニー、マイクロソフト、任天堂などの主要メーカーが、ルートボックスの排出率開示に関する新たなプラットフォームポリシーに取り組んでいることも判明しており、今後1、2年でルートボックスを取り巻く環境は大きく変わっていくのかもしれません。

なお、スケジュールやロールアウトの詳細など、気になる続報は数か月中に共有される見込みです。
《秋夏》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Win 10版『マインクラフト』がレイトレーシングに正式対応―ビジュアルが劇的に向上、新時代へ…

    Win 10版『マインクラフト』がレイトレーシングに正式対応―ビジュアルが劇的に向上、新時代へ…

  2. サイバーパンク都市を駆ける『Ghostrunner』発表! 華麗なカタナアクション炸裂

    サイバーパンク都市を駆ける『Ghostrunner』発表! 華麗なカタナアクション炸裂

  3. テンセントが新作PvPvEシューター『SYNCED: Off-Planet』発表! レイトレーシングにも対応

    テンセントが新作PvPvEシューター『SYNCED: Off-Planet』発表! レイトレーシングにも対応

  4. ダークファンタジー2DアクションADV『Blasphemous』PC/海外コンソール向けに9月10日発売決定

  5. セガ、「HMKD」なる謎のティザーサイトを公開―gamescom 2019で初公開予定のAAAタイトルか

  6. 美麗な映像のアクションADV『Ori and the Blind Forest: Definitive Edition』スイッチ版が9月28日発売決定!

  7. 美しくも残酷な逃避行を描くアクションADV『プレイグ テイル -イノセンス-』2019年11月28日に国内PS4で発売決定

  8. ピーター・フォンダさん逝去―『GTA:SA』のトゥルース役や「イージー・ライダー」主演など

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. カプコン「TGS2019」出展タイトルの一部を公開!『モンハンワールド:アイスボーン』試遊や「CAPCOM Pro Tour」の情報も

アクセスランキングをもっと見る

page top