『スーパーマリオメーカー2』の鬼畜コースにインスパイアされた『CS: GO』のマップが公開―これが本当の戦場か… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『スーパーマリオメーカー2』の鬼畜コースにインスパイアされた『CS: GO』のマップが公開―これが本当の戦場か…

様々な作品がワークショップにて公開されている『Counter-Strike: Global Offensive』。『スーパーマリオメーカー2』で作成された難関コースに触発されたマップが公開されました。

ゲーム文化 カルチャー
『スーパーマリオメーカー2』の鬼畜コースにインスパイアされた『CS: GO』のマップが公開―これが本当の戦場か…
  • 『スーパーマリオメーカー2』の鬼畜コースにインスパイアされた『CS: GO』のマップが公開―これが本当の戦場か…
  • 『スーパーマリオメーカー2』の鬼畜コースにインスパイアされた『CS: GO』のマップが公開―これが本当の戦場か…

様々な作品がワークショップにて公開されている『Counter-Strike: Global Offensive』に、『スーパーマリオメーカー2』で話題の難関コースに触発されたマップが公開されました。

海外ファンのZooLさんによって公開されたのは、『マリオ』風のシングルプレイ専用マップ「Challenge - Super Leet Bros 1-1」。『スーパーマリオメーカー2』のファンメイド鬼畜ステージ「1-1 but with a twist」にインスパイアされて作成したとされています。


確かに、足の踏み場もないほど張り巡らされたファイアバーはリスペクトを感じさせる出来。さらに、マップの奥行き、銃でブロックを作動できるなど『CS: GO』ならではの要素もしっかり押さえられています。

なお、ZooLさんによれば「サディスティックにならないように努めた」、「不可能なレベルというよりレースとして楽しんでほしい」とのこと。投稿者の意向通り、タイムアタックに挑戦してみるのもいいかもしれません。ちなみにRedditにはこのステージを32秒でクリアする猛者も現れています。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

    『Wargroove』開発元ChucklefishがDLC宣伝イメージについて謝罪…黒人キャラに白人声優を採用【UPDATE】

  2. 「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

    「The Game Awards 2019」では約10本分の新作が発表予定、『バイオ』新展開の情報は無し

  3. ロボットが人間になりすます会話シム『Speaking Simulator』最新トレイラー!

    ロボットが人間になりすます会話シム『Speaking Simulator』最新トレイラー!

  4. 『デススト』ファンメイドデメイク映像が公開、MSXを意識したローファイさがたまらない…

  5. e-Sportsの法規制における現状の課題と経過、そしてビジネス活用法とは?「eSPORTS TRINITY」講演レポ

  6. 『DEATH STRANDING』あるあるをコミカルに描くファンメイドアニメ「DED STRANDING」公開!

  7. Valve、『ISIS Simulator』を手がけた小規模スタジオの作品をSteamから削除―「いたずら」に該当か

  8. 空中都市で謎の少女を娘として育てる『Ciel Fledge』の配信日が決定! チュートリアル映像も公開

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 『機動戦士ガンダムオンライン』ユーザーイベントが「犯罪行為をほのめかすSNS上の投稿」により中止に

アクセスランキングをもっと見る

1
page top