初代『DOOM』互換エンジン「GZDoom」が日本語対応!日本語で『DOOM』を楽しめる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

初代『DOOM』互換エンジン「GZDoom」が日本語対応!日本語で『DOOM』を楽しめる

id Softwareの名作FPS『DOOM』『DOOM II』『Final DOOM』。同シリーズについては有志の手で長年多数の機能を搭載した互換エンジンが制作され、今も開発が進んでいます。そのうちのひとつ「GZDoom」4.2.0にて、日本語への対応が行われたことが発表されました。

ゲーム文化 Mod
初代『DOOM』互換エンジン「GZDoom」が日本語対応!日本語で『DOOM』を楽しめる
  • 初代『DOOM』互換エンジン「GZDoom」が日本語対応!日本語で『DOOM』を楽しめる
  • 初代『DOOM』互換エンジン「GZDoom」が日本語対応!日本語で『DOOM』を楽しめる
  • 初代『DOOM』互換エンジン「GZDoom」が日本語対応!日本語で『DOOM』を楽しめる
  • 初代『DOOM』互換エンジン「GZDoom」が日本語対応!日本語で『DOOM』を楽しめる

id Softwareの名作FPS『DOOM』『DOOM II』『Final DOOM』。同シリーズについては有志の手で長年多数の機能を搭載した互換エンジンが制作され、今も開発が進んでいますが、そのうちのひとつ「GZDoom」4.2.0にて、日本語に対応したことが発表されました。

もちろん、一連の初代『DOOM』作品は文字が重要な内容ではありませんが、各種オプションなどを日本語で変更可能なのは嬉しいところではないでしょうか。また、エンジンの日本語対応ということで今後『Heretic』『Hexen』などを含め多数の作品やModでの日本語対応版を期待できますね。



初代『DOOM』をプレイしたことのないユーザーもこの機会に同作に触れてみてはいかがでしょうか。


「GZDoom」は公式サイトよりダウンロード可能です。利用には『Ultimate DOOM』『DOOM II』『Final DOOM』などのPC向け製品版が必要となります。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

    『Cuphead』の影響受けた新作ACT『Enchanted Portals』がKickstarter再開へ

  2. 【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

    【ネタバレ注意】『ゼルダの伝説 BotW』腕利きのプレイヤー4人による魅せプレイ映像が公開

  3. オープンワールドサバイバル『Rust』農業を強化する「Farming 2.0」アップデートが実施!

    オープンワールドサバイバル『Rust』農業を強化する「Farming 2.0」アップデートが実施!

  4. 「いつかまたホラーゲームを作りたい、すでにアイデアはある」小島監督のBAFTAフェローシップ賞の受賞記念映像とインタビューが公開

  5. まさかの“ゴジラ”コラボ! 新セット「イコリア:巨獣の棲処」が『MTGアリーナ』含む「マジック」世界に登場

  6. 期待のホラー『Year Of the Ladybug』作者の超怖顔描きメイキング!

  7. 「ジャレコ」作品などの二次創作ガイドが公開―『星をみるひと』、初期『スーチーパイ』等対象に、一定範囲の制作物有料頒布も可

  8. 『マジック:ザ・ ギャザリング』「コロナ」文言が入ったカード名が削除・変更に―「言葉が別の意味を帯びるようになった」

  9. スケボーゲーム『Skater XL』は7月に正式リリース! プロスケーターの登場も決定

  10. 遂に宇宙へ…! 『War Thunder』エイプリルフールイベント「Space Thunder」開催

アクセスランキングをもっと見る

page top