アダルト宇宙RPG『Subverse』早期アクセスが取りやめに―クローズドベータは予定通り | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アダルト宇宙RPG『Subverse』早期アクセスが取りやめに―クローズドベータは予定通り

FOW Interactiveは、アダルト宇宙RPG『Subverse』の早期アクセスを取りやめることを発表しました。

PC Windows
アダルト宇宙RPG『Subverse』早期アクセスが取りやめに―クローズドベータは予定通り
  • アダルト宇宙RPG『Subverse』早期アクセスが取りやめに―クローズドベータは予定通り
  • アダルト宇宙RPG『Subverse』早期アクセスが取りやめに―クローズドベータは予定通り

FOW Interactiveは、アダルト宇宙RPG『Subverse』の早期アクセスを取りやめることを発表しました。

Kickstarterでの支援額が2億円を突破し、大きな成功を収めた本作。早期アクセスを取りやめた理由は4点挙げられています。

  • シングルプレイヤーでストーリー重視のRPGは早期アクセスを利用しない傾向にあるため。早期アクセスは、FPSやローグライク、MMOといったゲームプレイのループが存在するジャンルや、大規模なオンライン要素が含まれている作品に適していて、そのテストが必要な場合によく利用される。
  • 4,500人のベータテスターがおり、ゲームプレイの調整をするには十分であるため。
  • 『Subverse』はストーリー重視のゲームであり、全体を通してひとつの体験であるため。チャプターごとに区切り、勢いが削がれるのは痛手となってしまう。
  • 「完成版」と「早期アクセス版」ではクオリティにはっきりと差が出てしまうため。


本作がウィッシュリスト数で世界13位を誇っていることもあり、この決定は軽いものではなかったと語られています。なお、今回の決定がクローズドベータに影響することはなく、そちらは予定通りに行われるということです。また、クローズドベータ開始に伴ってYouTubeでゲームプレイフッテージを公開すると予告。ベータテストに参加できずとも気を落とさないでほしい、としています。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』のストーリーは『ウィッチャー3』よりも短い―『ウィッチャー3』をクリアできなかったプレイヤーが多かったため

    『サイバーパンク2077』のストーリーは『ウィッチャー3』よりも短い―『ウィッチャー3』をクリアできなかったプレイヤーが多かったため

  2. NVIDIA、海外公式ストアでの「RTX 3080」販売混雑を謝罪―人力での注文確認も導入

    NVIDIA、海外公式ストアでの「RTX 3080」販売混雑を謝罪―人力での注文確認も導入

  3. 米国時間9月23日より『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」がmacOSでプレイ不可に

    米国時間9月23日より『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」がmacOSでプレイ不可に

  4. 『Crysis Remastered』PC/PS4/Xbox One版発売! 広大なオープンワールドをマキシマムスピードで駆け巡れ

  5. 国産サンドボックス『クラフトピア』「実装してないのに……」ユーザーの愉快なプレイに公式も困惑?

  6. 最大64人のラウンド制チームバトル、物資は購入式!『PUBG』ラボ新モード「Arena Mode」開催

  7. ローグライクリズムFPS『BPM: BULLETS PER MINUTE』Steamでリリース―ビートに合わせて撃て

  8. PC版『サイバーパンク2077』の最低・推奨スペックが公開! カスタムPCコンテストの勝者も決定

  9. 自作マシンで挑む救助シム『Stormworks: Build and Rescue』正式リリース

  10. 中世舞台サバイバル『Medieval Dynasty』Steam早期アクセス開始! ただの村人から王を目指せ

アクセスランキングをもっと見る

page top