閉鎖空間SFサスペンス『量子自殺 - Quantum Suicide -』ブースで出会ったコスプレイヤーは…【TGS2019】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

閉鎖空間SFサスペンス『量子自殺 - Quantum Suicide -』ブースで出会ったコスプレイヤーは…【TGS2019】

東京ゲームショウ2019、Cotton Candy Cyanideブースでは、SFサスペンスADV『量子自殺 - Quantum Suicide -』の展示が行われていました。

PC Windows
閉鎖空間SFサスペンス『量子自殺 - Quantum Suicide -』ブースで出会ったコスプレイヤーは…【TGS2019】
  • 閉鎖空間SFサスペンス『量子自殺 - Quantum Suicide -』ブースで出会ったコスプレイヤーは…【TGS2019】
  • 閉鎖空間SFサスペンス『量子自殺 - Quantum Suicide -』ブースで出会ったコスプレイヤーは…【TGS2019】
  • 閉鎖空間SFサスペンス『量子自殺 - Quantum Suicide -』ブースで出会ったコスプレイヤーは…【TGS2019】
  • 閉鎖空間SFサスペンス『量子自殺 - Quantum Suicide -』ブースで出会ったコスプレイヤーは…【TGS2019】

2019年9月12日より開催中の東京ゲームショウ2019。Cotton Candy Cyanideブースでは、SFサスペンスADV『量子自殺 - Quantum Suicide -』が展示されていました。

『量子自殺 - Quantum Suicide -』は新天地を求めて宇宙を航行する世代船の中で、突然狂った管理AIが引き起こしたデスゲームを描くアドベンチャー作品。恋愛要素もあり、マルチエンディングを採用。PCを対象に2019年12月発売予定となっています。


ブースでは管理AIアバターのコスプレイヤーが応対してくれましたが、実はこの方こそが開発元Cotton Candy CyanideのCEO、Tina Howard(Molten Cherry)氏。小規模なインディーでも(特にノベル系では)コスプレイヤーがブースにいることは少なくありませんが、開発者本人がコスプレをしているのはなかなか珍しいケースです。



展示されているデモ版は日本語訳がブラッシュアップされていない古いバージョンであったものの、同作の世界観を感じ取れる体験プレイができるので、気になる方は訪れてみてはいかがでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. ブロック工作サンドボックス『Trailmakers』正式リリース!自由な発想で陸海空を遊び尽くす

    ブロック工作サンドボックス『Trailmakers』正式リリース!自由な発想で陸海空を遊び尽くす

  2. SFMMOアリーナシューター『PlanetSide Arena』基本無料で早期アクセス開始!日本語にも対応

    SFMMOアリーナシューター『PlanetSide Arena』基本無料で早期アクセス開始!日本語にも対応

  3. ダッシュモーションがより自然に!『ゴーストリコン ブレイクポイント』クローズドベータからの改善点が公開

    ダッシュモーションがより自然に!『ゴーストリコン ブレイクポイント』クローズドベータからの改善点が公開

  4. PC版『バットマン』6作品がEpic Gamesストアにて期間限定無料配信!次回は『Everything』『Metro 2033 Redux』

  5. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

  6. Lab Zero新作、日本風キャラのなめらかARPG『Indivisible』発売日決定!予約も開始に

  7. Java版『マインクラフト』にミツバチ登場!「このバージョンには大きなバグがあります…」

  8. Epic、PC版『ボーダーランズ3』進行データ消失不具合のホットフィックス配信―消失したデータの復旧は不可能

  9. ボクセルベースのアクションRPG『Cube World』ローンチトレイラー公開

  10. 超自然現象に巻き込まれたミュータントとの日常を描くADV『Mutazione』配信開始

アクセスランキングをもっと見る

page top