【リサーチ】『ゲーム業界における2019年の流行語大賞は?』結果発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【リサーチ】『ゲーム業界における2019年の流行語大賞は?』結果発表

毎週恒例の読者参加アンケートコーナー「Game*Sparkリサーチ」。今回は『ゲーム業界における2019年の流行語大賞は?』というテーマで皆様から募集した回答をご報告します。

連載・特集 Game*Sparkリサーチ
【リサーチ】『ゲーム業界における2019年の流行語大賞は?』結果発表
  • 【リサーチ】『ゲーム業界における2019年の流行語大賞は?』結果発表

毎週恒例の読者参加アンケートコーナー「Game*Sparkリサーチ」。今回は『ゲーム業界における2019年の流行語大賞は?』というテーマで皆様から募集した回答をご報告。

回答の中で最も共感を集めたのは「時限独占」でした。時限独占という手法自体は以前から存在していたものの、Steamで配信予定であったタイトルをEpic GamesがEpic Gamesストアでの独占配信(1年間)にするという、少なからず“横取り”の印象を与えてしまったことでゲーム業界内で議論を巻き起こしました。PCゲーマー(特にSteamユーザー)にとっては少々厄介な時限独占。この議論は年を跨いで続いていくかもしれません。


続いて共感が多かったのは、『サイバーパンク2077』に出演するということでE3 2019の会場にサプライズ登場したキアヌ・リーブスが発した「You're Breathtaking!(キミこそサイコーだよ!)」でした。これは「未来の街を歩く感覚は息を呑むほどサイコーだよ」とゲームの素晴らしさを興奮気味に語るキアヌ・リーブスに対して観客が放った「アンタがサイコーだよ!(You're Breathtaking!)」という一言に「キミこそサイコーだよ!」と返したもので、会場は大いに盛り上がりました。その際のキアヌ・リーブスのアクションも相まって多数のパロディGIFも作られています。



その他にはアトリエシリーズ最新作『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』から「太もも」や、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のラスボスをズルして倒したと悪びれず発言した海外メディアの記者に対するユーザーからの辛辣な意見「You cheated not only the game but yourself(あなたはゲームだけでなく自分自身をも欺いた)」などが挙げられています。後者はその部分以外に「あなたは成長も改善もしなかった。近道をしても何も得られない。あなたの勝利は空虚なものだ。リスクが無ければ何も得られない。その違いが分からないのは悲しいことだ」と続いており、ゲーマーなら心に刻んでおきたい内容となっています。ちなみにこちらも多数のパロディが作られています。


それでは最後に、読者の皆様から寄せられたコメントを一部ご紹介。



スパくんのお友達さん

時限独占


スパくんのお友達さん

「死」


スパくんのお友達さん

残念だけど今年は時限独占だな。販売する場所を絞られ、サービスで問題が多発して、様々なコミュニティで罵り合いが発生して・・・今年は酷かったとしか言えない。
ゲームを楽しむ事があまり出来なかったように感じた。面白そうなタイトルですらこの話題で汚されてため息しか出なかった。


スパくんのお友達さん

時限独占以外だとあとは「死にゲー」とか「アクセシビリティ」あたりが色々言われた印象があるな
SEKIROとかCelesteにイージーモードがいる/いらないとかの議論で


スパくんのお友達さん

オートチェスは今年だっけっか
PUBGというかジャンルとしてバトロワぐらいの勢いが一時あった気がするが一気に失速した感


スパくんのお友達さん

その太ももで錬金術師は無理でしょ


スパくんのお友達さん

You're Breathtaking!!! You're All Breathtaking!!!


スパくんのお友達さん

太もも(ライザのアトリエ)


スパくんのお友達さん

you cheated not only the game but yourself
これでしょ


スパくんのお友達さん

私はいつになったら休めるんでしょうか


ABCDさん

自分に正直に言います『太もも』です


スパくんのお友達さん

「お前はゲームだけでなく己自身も欺いた(You cheated not only the game, but yourself)。己を磨くことを怠り、成長しようともしなかった。近道を選び、何も得ることなく終わったお前が体験したのは、何の価値もない空虚な勝利だ。リスクを背負わなかったがゆえに、何の成果も得られなかった。それすら理解できないお前は実に哀れだ」


スパくんのお友達さん

すでに何人か挙げてくれてる人いるけど、E3 でキアヌが発言した
「You're breathtaking!!」
がすごい印象に残ってる。
作品自体の期待の高さはもちろん、キアヌ本人の魅力も相まって、
あの瞬間の喜びとかワクワク感を世界中で共有できてる感が非常に良かった。


スパくんのお友達さん

やっぱり時限独占かな
人の優越感に漬け込む業の深い言葉だなあと思う


スパくんのお友達さん

お前はゲームだけでなく己自身も欺いた


Ryoさん

Tommorow is in your hands.


※すべてのコメントを見る。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top