Valveの「Steamコントローラー」が在庫限りに―海外ではセール価格の5ドルで販売中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valveの「Steamコントローラー」が在庫限りに―海外ではセール価格の5ドルで販売中

Valveのハードウェア事業の一環として2015年11月に発売された「Steamコントローラー」が生産終了、在庫限りに。

PC パーツ・周辺機器
Valveの「Steamコントローラー」が在庫限りに―海外ではセール価格の5ドルで販売中
  • Valveの「Steamコントローラー」が在庫限りに―海外ではセール価格の5ドルで販売中
  • Valveの「Steamコントローラー」が在庫限りに―海外ではセール価格の5ドルで販売中
  • Valveの「Steamコントローラー」が在庫限りに―海外ではセール価格の5ドルで販売中

Valveのハードウェア事業の一環として2015年11月に発売された「Steamコントローラー」。現在、海外ではSteamオータムセールにより90%オフの5ドルで購入可能となっていますが、Valveはこれが最後の販売となることを海外メディアThe Vergeに対し認めました。


Steamコントローラーは2つのトラックパッドを搭載しており、マウス操作を必要とするPCゲームでも快適に遊べるよう設計されています(使用感に関するレビューは過去の記事を参照)。しかしながら、本コントローラーとともにテレビやリビングルームに向けの展開が期待されていた「Steam Machines」の不振により、現状を覆すほどの普及には至りませんでした。


事業としての成果は思うように行かなかったかもしれませんが、SteamコントローラーのAPIによりPS4Xbox 360/Xbox Oneのコントローラーにフル対応が実現しており、Steamの強化には大きく貢献したのではないでしょうか。


Steamコントローラーの他にも、ストリーミング機器として登場した「Steam リンク」がモバイル向けのアプリとして展開、先日はローカルマルチゲームのリモートプレイ機能「Remote Play Together」に強化されるなど、Valveは失敗を糧に成長を続けています。
《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 【読者参加型Valheim生活】「トロル、なぜかアプデで毛が増減」「朧げな46神社、意外と神社っぽくなる」「ロングハウス風ヴァイキング城がカッコイイ」の三本立て

    【読者参加型Valheim生活】「トロル、なぜかアプデで毛が増減」「朧げな46神社、意外と神社っぽくなる」「ロングハウス風ヴァイキング城がカッコイイ」の三本立て

  2. 『原神』実装目前の「エウルア」に実戦紹介映像!相性抜群の新武器「★5 松韻の響く頃」も性能判明

    『原神』実装目前の「エウルア」に実戦紹介映像!相性抜群の新武器「★5 松韻の響く頃」も性能判明

  3. 血みどろ中世対戦ACT『Chivalry 2』無料クロスプレイオープンベータが日本時間5月28日午前0時開始

    血みどろ中世対戦ACT『Chivalry 2』無料クロスプレイオープンベータが日本時間5月28日午前0時開始

  4. 3万件以上の一斉BANが実施された『CoD: Warzone』BANされたアカウントの総数が50万以上に

  5. “ソルvsあの男”の因縁が決着?『ギルティギア ストライヴ』ジャック・オーも登場する最新ストーリートレイラー!

  6. LGエレクトロニクス・ジャパン、有機ELパネル「LG OLED evo」&液晶パネル「LG QNED MiniLED」発表―HDMI2.1準拠のVRR/ALLM/eARCに対応し、没入感の高いゲーム体験を実現【レポート】

  7. 汚部屋清掃シム『ハウスクリーニングサバイバル』Steam版6月1日より配信―清掃依頼をこなして借金を完済しよう

  8. オフロードトラックシム『スノーランナー』Xbox One/Windows 10 PC版がXbox Game Passに海外5月18日より対応

  9. 『原神』にてアカウントの2段階認証が導入―メールアドレスや電話番号未登録ユーザーはできるだけ早く登録するよう呼びかけ

  10. 「GeForce RTX 30」シリーズ+第11世代インテルCPU搭載モデル登場!『信長の野望』アート手掛けた長野剛コラボモデルも【MSIゲーミングノートPC発表会レポ】

アクセスランキングをもっと見る

page top