2006年公開の映画「サイレントヒル」を監督したクリストフ・ガンズ氏が再び同作の映画を製作中―さらに「零」の映画化も! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2006年公開の映画「サイレントヒル」を監督したクリストフ・ガンズ氏が再び同作の映画を製作中―さらに「零」の映画化も!

フランスの映画監督クリストフ・ガンズ氏は、現在再び『サイレントヒル』に加え、『零』の映画製作に取り組んでいることを明らかにしました。

ニュース 最新ニュース
(Photo by Keith Tsuji/Getty Images)
  • (Photo by Keith Tsuji/Getty Images)
  • 2006年公開の映画「サイレントヒル」を監督したクリストフ・ガンズ氏が再び同作の映画を製作中―さらに「零」の映画化も!
  • 2006年公開の映画「サイレントヒル」を監督したクリストフ・ガンズ氏が再び同作の映画を製作中―さらに「零」の映画化も!
2006年公開の映画「サイレントヒル」

フランスの映画監督クリストフ・ガンズ氏は、現在再び『サイレントヒル』に加え、『』の映画製作に取り組んでいることを明らかにしました。

コナミのホラーアドベンチャーを原作とする映画「サイレントヒル」を監督したクリストフ・ガンズ監督は、海外メディアAllocineによるインタビューで、再び『サイレントヒル』の映画化に取り組んでいることを明らかにしました。さらに、コーエーテクモゲームスのホラーアドベンチャー『零』の映画も製作中。霊という日本的なテーマを抑えることの重要性と、日本で公開予定であることが語られています。

また、コナミに監督への抜擢をアピールする映像を送ったり、映画版のキャストにゲームの映像を見せて演技指導を行ったことでも知られる同氏ですが、映画「サイレントヒル」の続編(2012年公開の「サイレントヒル: リベレーション3D」)の監督を打診された当時を振り返り、作らなければいけなかったが、プロデューサーの「バイオハザード」のようなものにしたいという意向に同意できず、表現媒体が異なる芸術作品を傷つけることはできないと考え、監督することを辞退していたことも明らかにしています。
《technocchi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ハーヴェステラ』などで知られる高Pこと高大輔氏、スクウェア・エニックス退職を発表

    『ハーヴェステラ』などで知られる高Pこと高大輔氏、スクウェア・エニックス退職を発表

  2. 『GTA6』開発Rockstar Gamesによる脱リモートワークの動きに反発―悪しきクランチ習慣復活への布石との危惧も

    『GTA6』開発Rockstar Gamesによる脱リモートワークの動きに反発―悪しきクランチ習慣復活への布石との危惧も

  3. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

    『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 古竜の討伐に挑むダークファンタジーハクスラ『Dragonkin: The Banished』発表!

  6. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  7. 最大86%OFF! カプコンとスクエニの懐かしい名作や『YU-NO』『コットン』など伝説的な作品の再誕がお買い得【eショップ・PS Storeのお勧めセール】

  8. Epic Gamesがハッキングされた疑い―犯人グループが約200GBの内部情報をおさえたと主張【UPDATE】

  9. アトラス新作RPG『メタファー:リファンタジオ』2024年秋リリース決定!【TGA2023】

  10. ハードコアなタクティカル脱出シューター『L.3.3.T.』発表! エイリアン技術で変貌した世界が舞台

アクセスランキングをもっと見る

page top