微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応

2017年に登場した何にでもなれるシミュレーションゲーム 『Everything(エブリシング)』 の日本語版が国内ニンテンドースイッチ/PS4/Steam向けに配信開始。

ゲーム文化 インディーゲーム
微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応
  • 微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応
  • 微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応
  • 微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応
  • 微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応
  • 微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応
  • 微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応
  • 微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応
  • 微生物から銀河まで何にでもなれる『Everything』国内スイッチ/PS4版配信開始! Steam版も日本語対応

PLAYISMは2017年にSteamで登場した、何にでもなれるシミュレーションゲーム 『Everythingエブリシング)』 の日本語版を、国内ニンテンドースイッチ/PS4向けに配信しました。Steam版もアップデートで日本語に対応しています。







アイルランド出身の映像クリエイター、デイビッド・オライリー氏が現実世界をシミュレーションするために生み出した本作では、プレイヤーは微生物から銀河まで、画面上のあらゆるモノになって世界を旅することができます。その特異さから終始「なんだこれは…」という感想を抱きますが、哲学者アラン・ワッツ氏のナレーションとベン・ルーカス・ボイセン氏による楽曲によって壮大かつ深い何かを感じられるでしょう。






ゲーム史上初めてアカデミー賞ノミネート作品の候補にも挙がった『Everything』。本作は1,480円(税込)で配信中です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

    Mega64がプラチナゲームズのトリビュート映像を制作! しかしそれを見た神谷英樹氏は…

  2. 『RDR2』の「Hot Coffee」Mod制作者に対しTake-Twoが法的措置を示唆

    『RDR2』の「Hot Coffee」Mod制作者に対しTake-Twoが法的措置を示唆

  3. 海外ファンがModを使用せずに『マインクラフト』で『メトロイド フュージョン』を再現!

    海外ファンがModを使用せずに『マインクラフト』で『メトロイド フュージョン』を再現!

  4. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  5. 映画版『ボーダーランズ』監督は「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロスが担当! 2月末に更なる情報公開へ

  6. Google AIを利用したレトロゲームカートリッジ管理アプリが開発中―写真からタイトルを自動識別

  7. 米国のプロゲーミングチーム「Echo Fox」が解散…投資家へのインタビューで明らかに【UPDATE】

  8. シュールで笑える『スカイリム』NPCの真似をし続ける男性の動画―ついにPart13まで登場

  9. 伊藤潤二風味のコズミックホラーRPG『恐怖の世界』早期アクセス開始ーSAN値を削る新トレイラーも

  10. 「東京ゲームショウ2020」開催概要が発表!今年のテーマは「未来は、まずゲームにやって来る。」

アクセスランキングをもっと見る

page top