魔物娘と名作ローグライクの融合『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』プレイレポ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

魔物娘と名作ローグライクの融合『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』プレイレポ

Nekotokageが開発・販売する、PC向けローグライク『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』。『不思議のダンジョン』シリーズのシステムを採用し、冒険中に出会う魔物を「仲魔」にし、共に行動ができるというシステムを採用した本作のプレイレポをお届け。

連載・特集 プレイレポート
魔物娘と名作ローグライクの融合『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』プレイレポ
  • 魔物娘と名作ローグライクの融合『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』プレイレポ
  • 魔物娘と名作ローグライクの融合『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』プレイレポ
  • 魔物娘と名作ローグライクの融合『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』プレイレポ
  • 魔物娘と名作ローグライクの融合『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』プレイレポ
  • 魔物娘と名作ローグライクの融合『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』プレイレポ
  • 魔物娘と名作ローグライクの融合『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』プレイレポ
  • 魔物娘と名作ローグライクの融合『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』プレイレポ
  • 魔物娘と名作ローグライクの融合『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』プレイレポ

Nekotokageが開発・販売する、早期アクセス中のPC向けローグライク『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』。いわゆる『不思議のダンジョン』シリーズのシステムを採用したローグライクで、冒険中に出会う魔物を「仲魔」にし、共に行動ができるというシステムを採用した本作。名作シリーズのシステムを採用・発展させた本作が、どれほど楽しいのかをお届けします。

基本はオーソドックスな「不思議のダンジョン」


『不思議のダンジョン』シリーズといえば、『トルネコ』『風来のシレン』『チョコボ』『ポケモン』と多数リリースされていますが、それらと違わないシステムを採用しているのが本作のため、前述のどれかを1回でもプレイしていれば、チュートリアルすら必要ないというのが本作の良いところ。ダンジョンに潜り、アイテムを集めて生還するというシステムはそのまま。筆者の印象としては、本作はそれらよりも帰りやすい(帰還アイテムが出やすい)という印象はありました。本稿のためにプレイしただけでも、「帰還の書」が既に数個余っていて倉庫に突っ込まれているほど。



こう書いてしまうと、少し難易度が低めのようにも思えますが、裏を返せばアイテム収集や装備強化を少しずつ行っていくような、積み上げタイプに少し寄せたような印象とも言えるため、生還できるかどうかギリギリを攻めたいというハードコアプレイヤーであれば、「帰還の書」を持たずに出発するというのも良いかもしれません。

魔物はニンゲンに友好的


本作で仲間になってくれるのは魔物で、さらにプレイヤーがお世話になるのも魔物の村である「はじまりの村」。とある理由からはじまりの村で生活をすることになるのですが、村長権限でセーブが可能な倉庫付きの一軒家(工事中らしい)をくれるなど本当に友好的。さらに村の他の魔物もショップを開いていて売買できたり、装備の強化などを行えるようになったりと、ストーリーを進めると少しずつ村が活気づいてきて、機能も増えてきます。



また、仲魔システムの特徴として、ダンジョン中にモンスターに「見渡す」コマンドで一人称視点にした上で先に話しかけ、特定条件を満たすことで友好度を上げて仲魔にします。その後、生還するか、一定以上の友好度にして村に送った上で登録をすることで、繰り返し連れて行って育成を行えるようになります。例えば、スライムであれば「攻撃しない人がいい」とのことなので、数発攻撃されるまで攻撃をしないだけで仲間になってくれますし、別の魔物は特定のアイテムをプレゼントすることで仲魔になってくれたりと、それぞれの種族の個性に合わせて行動をすることで、友好関係を築いていくことになります。


友好度は仲魔として登録した後もプレゼントを送ることで上昇させることができ、上昇すると新しい命令を出すことができるようになったりします。ゲーム内のヘルプによると、友好度を上げるためのプレゼントはアイテムであれば何でも良いとのことなので、拾ったけど必要のないアイテムなどを随時渡していくだけでも簡単に上げられそうです。かと言って、友好度を上げるためにアイテムを気軽に上げてしまうと、いざという時にアイテムが足りなくなってしまう面もあるため、友好度を上げるために急いでアイテムを大量に渡すというのはあまり良くなさそうでした。

ふと思えば、「仲魔」といえば『女神転生』シリーズでおなじみの言葉。悪魔合体や命乞いであったり、仲魔にできる種族に縛りがあるといった『女神転生』的な要素は残念ながらないようです。

ワナや魔物に拘束されたときにはコマンド入力要素も


ストーリー上でも経験することになるのですが、魔物に拘束されたり、トラップに引っかかってしまった!という時には、画面に矢印とゲージが表示されます。矢印は入力しなければならない方向キーを表し、ゲージはプレイヤーと敵とのちからの差で、それにより必要な入力数が変化するといったシステム。時間はそこまで短くはないので、落ち着いて入力すれば余裕で間に合うほど。ゲーム内ヘルプによると「やっぱり力は最高!」とのことなので、ある程度ちからを上昇させる実を食べていく必要もありそうです。


同じフロアに長時間居座ると、魔物の出現量が増えたり、魔物が強化されたりするようになるため、ある程度のところで切り上げて次のフロアへ進まなければならないようになっています。この霧は1度出てしまえば終わりではなく、その後も定期的に濃くなっていき、濃くなるほどどんどん敵が強くなります。序盤で倒れてしまうほどもったいないこともないので、長時間居座る癖がある場合は気を付ける必要があります。


また、武器や防具は+を付け、値を高くすることで強くなっていきますが、その他にも防錆であったり、攻撃範囲を広げることができるといった様々な効果を付与することができます。背景が赤いもののみ1つの装備に1つしか付与できないので注意が必要ですが、その他の背景色のもので、自分好みの強い装備を作り上げていくことができます。

異種族モノではあるもののラブリー要素強め


本作は最近流行っている異種族モノをベースとしたキャラクターになってはいますが、全体的にニンゲンに対しての理解が高く、見た目も非常にキュート。尖った爪を持つ猫だけや、巨大なハンマーを持つゴブリン、動きが速いフェアリー、動けるけど動きたくないアルラウネなど、序盤だけでも非常に個性豊か。異種族……というよりは多少ケモ要素も混じっていますが、そういった点も幅広いユーザーに対して好印象を与えるのではないかなと感じました。

仲魔にはしていても、敵対しているモンスターは倒さなければならないため、多少(というよりは結構)胸が痛む部分もありますが、異種族が大好きで『不思議なダンジョン』シリーズも好きな方はプレイすべき作品だと思います。

『魔物娘と不思議な冒険~力の宝珠と帰還の塔~』は、Steamで1,320円で販売中です。
《kuma》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top