「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた

「PCエンジン mini」と「メガドライブ ミニ」の比較を通して、それぞれの魅力に迫ります。

ゲーム機 ハードウェア
「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた
  • 「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた
  • 「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた
  • 「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた
  • 「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた
  • 「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた
  • 「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた
  • 「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた
  • 「PCエンジン mini」発売記念! “小型化・遊べるタイトル数・サプライズ性”の3点で「メガドライブ ミニ」と比較してみた

国内における黎明期のゲームブームといえば、アーケードで過熱した『インベーダー』ブームや、多くの家庭で盛り上がった「ファミコン」ブームなどが印象的です。特にファミコンのブームは、以後のゲーム市場にも大きな影響を与えました。

しかし時間が経つと共に、新しいゲームハードが台頭を始め、群雄割拠の時代へと突入します。その口火を切ったハードのひとつ「PCエンジン」が、本日3月19日に復刻。小型化を果たし、数多くのゲームソフトを収録する「PCエンジン mini」が発売されました。

また、当時のPCエンジンと競い合った「メガドライブ」も、一足先となる2019年9月19日に、「メガドライブ ミニ」として登場。当時のライバルハードたちが、今度は復刻版という舞台で再び並び立ちました。

今回は、「PCエンジン mini」の発売を記念し、かつての好敵手同士が新たな形をとった「ミニ」同士の比較を通して、両ハードの魅力に迫りたいと思います。なお、それぞれ海外版も存在しますが、今回は国内版同士の比較です。

◆ミニと言えばやはり小型化! どれくらい小さくなったの?


「PCエンジン mini」と「メガドライブ ミニ」は、“HDMI端子による映像出力”、“映像出力 720P、480P”、“どこでもセーブ&ロードができる”など、基本機能の面で多くの共通点を持ちます。また、名前にもある通り、いずれもオリジナル版と比べて小型化を実現。


「PCエンジン mini」の本体サイズは、約120mm×119mm×33mm(マニュアルより)。オリジナル版が約140mm×135mm×40mmなので、一回り小さくなった印象です。対する「メガドライブ ミニ」のサイズは、約154mm×116mm×39mm(公式サイトより)。大きさそのものを比べると、「PCエンジン mini」よりも少しだけ大きめです。

ですが、「メガドライブ ミニ」は縮小率がかなり大きく、オリジナル版と比較して約55%も小さくなっています。元々メガドライブが、当時のハードの中では大きめだったこともあり、かなりの小型化と言えるでしょう。


しかし「PCエンジン mini」も、実はかなりの小型化を実現しています。というのも、当時の周辺機器「CD-ROM2」や「スーパーCD-ROM2」で遊べるタイトルも「PCエンジン mini」に収録されており、周辺機器をセットしたPCエンジンと比べるならば、「PCエンジン mini」は相当小さめ。一見しただけでは「ちょっと小さいPCエンジン」ですが、周辺機器の機能も含まれていると考えれば、見事な小型化です。

ちなみに当時のメガドライブも、同様の周辺機器「メガCD」「メガCD2」が登場しました。その外観を再現した「メガドラタワーミニ」も、「メガドライブ ミニ」と同時に発売。デコレーションキットなので、見た目を楽しむだけのものですし、サイズ的には当然大きくなっていますが、当時のユーザーにとっては心を奪われるファンアイテムに他なりません。

単純な大きさでは「PCエンジン mini」の方が小さく、縮小率は「メガドライブ ミニ」が優秀。一方で、周辺機器分を考慮すればかなりの小型化と言える「PCエンジン mini」と、むしろサイズを大きくして懐かしい姿を再現する「メガドラタワーミニ」。サイズの比較だけでもそれぞれの個性が浮かび上がります。




《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. CD機対応レトロゲーム互換機「POLYMEGA」国内向けに予約開始するも即完売

    CD機対応レトロゲーム互換機「POLYMEGA」国内向けに予約開始するも即完売

  2. サメ台風、次の舞台は「VR」!奴らがリアルに襲い来る『Sharknado VR: Eye of the Storm』Steam配信開始

    サメ台風、次の舞台は「VR」!奴らがリアルに襲い来る『Sharknado VR: Eye of the Storm』Steam配信開始

  3. 【PR】BenQゲーミングディスプレイ最新モデル『XL2420Z』ブレ削減モードはゲームを格段に楽しくする ― FPSゲーマーレビュー

    【PR】BenQゲーミングディスプレイ最新モデル『XL2420Z』ブレ削減モードはゲームを格段に楽しくする ― FPSゲーマーレビュー

  4. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  5. 『Half-Life: Alyx』がSteamワークショップに対応!独自のシーンなどの作成が可能に

  6. HPがValveおよびMicrosoftと次世代VRヘッドセットを開発中―Steamには製品ページも登場

  7. 『Google Earth VR』がストリートビューに対応!―お家に居ながら世界旅行気分

  8. バーチャロン専用「ツインスティック」税別55,000円で受注販売決定! これが最後のチャンス

  9. 高評価お料理シムのVR対応版『Cooking Simulator VR』が2020年に登場!

  10. 今度は江戸時代!ワンオペ飲食店VRゲーム『カウンターファイト SE』がOculus向けに配信

アクセスランキングをもっと見る

page top