先住部族vsハイテクメカ!左右の足を操作して進め、2足歩行戦闘メカアクション『BE-A Walker』【爆速プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

先住部族vsハイテクメカ!左右の足を操作して進め、2足歩行戦闘メカアクション『BE-A Walker』【爆速プレイレポ】

発売48時間以内のプレイでお届けする爆速プレイレポ。今回は戦闘メカWalkerを操り人類の新天地を開拓するアクションゲーム『BE-A Walker』です。

連載・特集 プレイレポート
先住部族vsハイテクメカ!左右の足を操作して進め、2足歩行戦闘メカアクション『BE-A Walker』【爆速プレイレポ】
  • 先住部族vsハイテクメカ!左右の足を操作して進め、2足歩行戦闘メカアクション『BE-A Walker』【爆速プレイレポ】
  • 先住部族vsハイテクメカ!左右の足を操作して進め、2足歩行戦闘メカアクション『BE-A Walker』【爆速プレイレポ】
  • 先住部族vsハイテクメカ!左右の足を操作して進め、2足歩行戦闘メカアクション『BE-A Walker』【爆速プレイレポ】
  • 先住部族vsハイテクメカ!左右の足を操作して進め、2足歩行戦闘メカアクション『BE-A Walker』【爆速プレイレポ】
  • 先住部族vsハイテクメカ!左右の足を操作して進め、2足歩行戦闘メカアクション『BE-A Walker』【爆速プレイレポ】
  • 先住部族vsハイテクメカ!左右の足を操作して進め、2足歩行戦闘メカアクション『BE-A Walker』【爆速プレイレポ】
  • 先住部族vsハイテクメカ!左右の足を操作して進め、2足歩行戦闘メカアクション『BE-A Walker』【爆速プレイレポ】
  • 先住部族vsハイテクメカ!左右の足を操作して進め、2足歩行戦闘メカアクション『BE-A Walker』【爆速プレイレポ】
BE-A Walker

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。

今回は2020年5月7日にTequilabyte StudioよりPC(Steam)向けにリリースされた『BE-A Walker』について生の内容をお届けしたいと思います。


『BE-A Walker』とは


人類は滅びゆく地球から逃れ、植民地に理想的な惑星Eldoradoを見つける。しかし2つの問題が、人類の行く手を阻む。1つ目は惑星の大気が人類にとって有害であること。2つ目は人類に抵抗する先住民「Thuaaghi」の存在――プレイヤーは戦闘メカ「BE-A Walker」に乗り込み、植民地化に抵抗する先住民を排除する任務に挑みます。


本作は横スクロールタイプのアーケードゲームに近い作りで、点在する拠点を巡りながらストーリーが進行していきます。先住民を全滅させ兄弟の恨みを晴らすか、先住民を許し彼らと共に戦うか、プレイヤーの決断次第で目的も変化していきます。


『BE-A Walker』の実内容に迫る!


ゲーム開始とともに、主人公の兄弟が先住民の激しい攻撃にあい戦死した事が少佐から語られます。人類のテクノロジーがことごとく破られ、唯一の対抗手段である戦闘メカ「BE-A Walker(以下Walker)」も弱点を突かれ破壊されてしまいます。チュートリアルではその戦火の中、兄弟が乗る動けなくなったWalkerを操り、攻撃と上半身の動かし方を学びます。

Walkerの移動は、上半身の移動と、左右片足づつ割り当てられたキーを交互に押すことで歩くため、さながらロボットを操縦している気分が味わえます。操作自体は単純ですが、最初は慣れが必要。残念なのはキーの設定が変えられないこと。幸いゲーム用コントローラーが利用でき、同じくボタンの設定はできないものの、左右のトリガーボタンで足が動かせたのでプレイしやすくなりました。


話は主人公へ戻り、Walkerを動かして拠点へ向かう事に。歩き進めていくと、Thuaagiに遭遇。エネルギー砲を撃つも8発程度撃ったらまさかのオーバーヒートで一定時間撃てず......その間にも敵の攻撃は激しさを増すばかり。こうなったら最後の手段と、そのまま敵をまたいで進もうと前進するも、またぎ切れずに思わずプチっと敵を潰してしまいました。足を上げると赤く伸びた敵の姿が、少し生々しいです。武器は直ぐオーバーヒートするため、その後も敵を潰す音が止まりません。最初の敵集団を倒し、人類の残酷さを思い知りました。


それから少し歩くとWalkerのモード説明に入ります。モードには「ニュートラル」「ターボ」「エコノミー」の3つがあり、状況に応じて切り替えながら操縦していく必要があります。初プレイではその重要性に気づけず、まだチュートリアルにも関わらずミッション失敗。原因はモードの選択を誤り、酸素ゲージがみるみるうちにゼロになってしまったこと。最初からやり直しになりましたが、なんとか次の拠点にたどり着きチュートリアル終了。


チュートリアルの次はチャプター1がスタートです。拠点に辿り着くと報酬がもらえます。与えられた報酬の中でWalkerの修理や武器、装甲などの購入又はアップグレードが可能ですが、潤沢な資金があるわけではないので意外と悩みます。もちろん貯金も手段の1つです。


チュートリアルで酸素切れになった経験から、筆者は「アーマー」「エアフィルター」「武器の冷却システム」とアップグレードを購入、これで少しは良くなるでしょう。次はミッション選択へ。3つの依頼から選択する事ができます。選択しなかったミッションは次の拠点でも選択できるため、筆者の選ぶ基準は報酬額に。この様にして次のミッションへ進みます。


モード切替を使いこなせ


本作ではミッションを成功に導くためにも、機体のアップグレードが重要です。ただ敵を踏み潰し、武器で攻撃しているだけでは、修理費がかさんでアップグレードにお金を回せずジリ貧に。リッチな惑星生活を送るには、Walkerの3つのモード「ニュートラル」「ターボ」「エコノミー」を使いこなす事が重要になります。


まず「ニュートラルモード」は、Walkerの「酸素消費量」「移動速度」「武器のリロード時間」のバランスのとれたモード。次に「ターボモード」は、移動速度が上がり、飛躍的に武器のリロード時間が短縮されます。ただし、酸素消費量がとても多くなるため長時間の利用は身を滅ぼします。

そして「エコノミーモード」は、移動速度、リロード時間がとても遅くなりますが、酸素消費量は抑えられます。これらを上手く状況に合わせて、切り替えながらWalkerを操縦する事で生存率が飛躍的に上がり、かつ武器もコンスタントに利用できるようになります。両足を操作しながら、上半身を傾け、武器も使いつつ、モード切り替えにも気も配る必要があるので、慣れない内は結構忙しいことでしょう。


上から下から攻められる


テクノロジーに身を固めたプレイヤー。しかし敵もあの手この手で植民地化を阻みます。弓矢で攻撃される以外にも、Walkerの上部に飛び乗り岩で攻撃を仕掛ける者、カイトで空を飛び爆弾を落としてくる者。左右の足めがけて爆弾矢を放ってきたりと様々です。さすがに、プレイヤーもただやられてばかりではなく、上部に乗った敵や爆弾は、上半身を左右に振って振り落とし。足めがけて放たれた爆弾は、着弾前に足を上げて避ける事ができます。



また槍や、一部の攻撃も上半身を低く下げる事で避ける事が可能です。あまりにも酸素やアーマーを消費した場合は、サプライドローンを呼べば少し回復できます。ステージを進む毎に攻撃は激しさを増していくので、攻略できなかったミッションをクリアできた時は嬉しさが込み上げます。


Walkerを歩かせながら、敵の攻撃を避けつつ武器で殲滅。正直かなりぎこちない動きですが、何とかチャプター1をクリアしました。慣れれば頭上の爆弾を振り落とすために上半身を左右に振りながら、片足上げて爆弾矢を避けるといった曲芸プレイが可能となるでしょう。ゲームのボリュームとしては、ひとステージは大体3~5分前後となっており、ひとつのチャプターにつき8ミッション程度。全6チャプターです。難易度はノーマルであっても高い部類かと思います。操作感が独特なので、購入前に体験版をプレイする事をおすすめします。

タイトル:BE-A Walker
対応機種:iOS/Android/PC(Steam
記事におけるプレイ機種:PC
発売日:2020年5月7日
記事執筆時の著者プレイ時間:1時間半
価格:1,010円


《うなぎ》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top