ローグライトACT『Rogue Legacy 2』ランダム特性でゲームが毎回大激変、歴史を紡いで深淵を目指せ【爆速プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ローグライトACT『Rogue Legacy 2』ランダム特性でゲームが毎回大激変、歴史を紡いで深淵を目指せ【爆速プレイレポ】

発売48時間以内のプレイでお届けする爆速プレイレポ。今回は、ローグライトの要素に、子孫の個性がゲームに更なるスパイスを加える『Rogue Legacy 2』をお届けします。

連載・特集 プレイレポート
ローグライトACT『Rogue Legacy 2』ランダム特性でゲームが毎回大激変、歴史を紡いで深淵を目指せ【爆速プレイレポ】
  • ローグライトACT『Rogue Legacy 2』ランダム特性でゲームが毎回大激変、歴史を紡いで深淵を目指せ【爆速プレイレポ】
  • ローグライトACT『Rogue Legacy 2』ランダム特性でゲームが毎回大激変、歴史を紡いで深淵を目指せ【爆速プレイレポ】
  • ローグライトACT『Rogue Legacy 2』ランダム特性でゲームが毎回大激変、歴史を紡いで深淵を目指せ【爆速プレイレポ】
  • ローグライトACT『Rogue Legacy 2』ランダム特性でゲームが毎回大激変、歴史を紡いで深淵を目指せ【爆速プレイレポ】
  • ローグライトACT『Rogue Legacy 2』ランダム特性でゲームが毎回大激変、歴史を紡いで深淵を目指せ【爆速プレイレポ】
  • ローグライトACT『Rogue Legacy 2』ランダム特性でゲームが毎回大激変、歴史を紡いで深淵を目指せ【爆速プレイレポ】
  • ローグライトACT『Rogue Legacy 2』ランダム特性でゲームが毎回大激変、歴史を紡いで深淵を目指せ【爆速プレイレポ】
  • ローグライトACT『Rogue Legacy 2』ランダム特性でゲームが毎回大激変、歴史を紡いで深淵を目指せ【爆速プレイレポ】
Rogue Legacy 2 - Early Access Trailer

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」となります。

今回お届けするのは、Cellar Door Gamesが2020年8月19日にPC(Steam / Epic Gamesストア)向けに早期アクセスを開始した『Rogue Legacy 2』です。

執筆時点では、8月26日までの10%割引のプロモーションに加えて、Steam限定特典として、前作を持っているユーザーは更に10%の割引となり、合計で20%割引で本作を購入できるキャンペーンも行われています。



Rogue Legacy 2』とは



本作は世代交代をしながら、ランダム生成されるステージを攻略していく、メトロイドヴァニアとローグライトの要素を掛け合わせたアクションRPGです。グラフィックは前作のドット絵から、2.5Dスタイルへ一新されています。


世代交代時に授かる特性は、40種類以上あり「肉料理を食べるとダメージを受けるヴィーガン」や、「滞空時間が長くなる能力」、「視界がゲームボーイ調に変化する」などユニークな特性が多くあります。ゲームプレイにデメリットをもたらす特性については、得られるお金が増えるといった、ボーナス的な要素もあります。 操作はゲームパッド、キーボードとマウス両方に対応していて、軽快なアクションと快適な操作で楽しむことができます。



Rogue Legacy 2』の実内容に迫る!



多くは語られていませんが、本作のストーリーは、先代がかつて王国と交わした契約を遂行するため命をかけて怪物うごめく城塞へと代々向かい続ける一族の姿を描きます。ゲームは、城塞へ向かうところから始まります。一度敵地へ出ると、死ぬ以外に拠点へ戻る方法はありません。


初回のプレイは城壁外からはじまり、城塞内に入るまでがチュートリアルとなっています。操作はシンプルで、「通常攻撃」「才能」と「魔法」に加えて、ジャンプ中に出せる「スピンキック」。「スピンキック」は、壁蹴りの要領で、特定のオブジェクトを利用して高い場所へジャンプすることができます。




「才能」と「魔法」は共通のマナを利用することで使うことができ、敵を攻撃するか、アイテムを利用するとマナが回復します。壁に亀裂の入った隠し通路は、”才能”か”魔法”を使用することで破壊できるようになっています。



無事、城塞に入ってからが本番です。ステージはプレイする度に変化します。似た部屋でもレイアウトが違ったり、「ボス部屋」や「特殊スキルを獲得できる部屋」の位置も毎回変わります。死ぬ度に城塞内の入口から再スタートになりますが、城塞のエリア自体は適度な広さで、何度もリプレイしても苦にならず、探索しやすくなっています。




敵は「火の魔法を使ってくるガイコツ」や「壁を貫通する青い火を飛ばしてくる目玉」、「斧を持った空飛ぶ腕」など、現状12種類の雑魚敵に加えて、1体のボスと戦うことができます。初回のプレイでは、敵の攻撃を避けながら倒したものの、下にある宝箱を取ろうとして、トラップの針に串刺しになり死亡しました。



死亡すると、これまでの経路と倒した敵などのスコアが表示されます。そして、本作の特徴的なシステムである、後継者選びに画面が切り替わります。

後継者はランダムに生成された3人から選択でき、キャラクター毎に「職業」や「才能」「魔法」そして「特性」が異なります。はじめは「剣士」の職業のみですが、拠点を拡張していくことで、「魔法使い」や「弓使い」など新たな職業を解放していくことができるようになります。


特性は、見た目やゲームプレイに影響を与えるものが多くあります。それぞれの特性の詳細は、未開拓の特性を持ったキャラクターを後継者に選ぶことで解放されます。アイコンから多少は予想できますが、プレイしてみるまでは分からない特性も。はじめて選んだ後継者は、なんとオナラを定期的に出し続ける子孫でした......。




後継者を選んだ後は、先代の残した資産を使って、拠点を拡張していきます。拠点を拡張することで、「体力」「攻撃力」などのステータスを上げることができ、子孫へもその能力は引き継がれます。


その他に「銀行」や「お店」も作ることができ、城塞などで見つけてきた「武器や防具の設計図」を使い新たな武具を作ってもらうこともできます。「お金」は拠点を出る際に、全て怪しい船乗りに没収されてしまうため、できる限り使い切ってしまいましょう。なお、一部ロックされている要素があり、今後のアップデートで利用できるようになる予定です。




それでは新たな子孫でいざ出陣!移動、ジャンプ、攻撃時に適度に”ブッ”っとオナラを出してくれる、ガスナイト。できる限りお金をゲットし、拠点を拡張していきたいところですが、気分的にあえて敵の真っ只中へ特攻させ、惜しくも早死にに......させました。



ガスナイト「Sir Teddy」に別れを告げ、早速次の後継者選び!前回建物を拡張した際に得た「ヘルスケア」により、特定の特性を持ったキャラクターには、獲得するお金が増えるボーナスが付与される様になりました。



特性はよく分かりませんが、ゴールド獲得率15%アップのボーナスなので、この後継者を即決!そして、解放された特性が「スポットライト」。プレイヤーの周りにしか光が当たっておらず、辺りは真っ暗。


ミュージカルじゃないんだからと、まさかの特性にビックリ。敵にもスポットライトが当たるものの、トラップの位置を把握することができず、この子孫も早死に……筆者の家系は早死にが多いこと多いこと。


特性は視野が狭くなる他にも、明るくなり過ぎるものや、平和主義で「スピンキック」しかできなかったり、体力が1しかない代わりにゴールドボーナス150%など様々です。何度もプレイしていると、特性のないキャラクターを選べることに安心感を覚えてしまいます。


試練を乗り越えることで手に入る家宝!



本作では、「家宝」を手に入れることで、「ダッシュ」や「霊魂などの気持ちを読む」ことができるスキルが使えるようになります。しかし、家宝を手に入れるためには、試練を受け、その力を扱える実力があることを証明する必要があります。


試練を受けると別の空間へ飛ばされます。体力と魔力は全回復しますが、死ぬか達成するまでは、その空間から出ることはできません。簡単な謎解きや、アスレチックの様なステージを進めば、家宝を手に入れることができます。


謎解きは、ヒントがところどころにあります。 例えばこれは「年長者の教えより、2つの選択を与えるものは、3つ目を隠す」といった内容で、目に見える2つの道以外に、3つ目が隠れていることを示しています。ここの場合は、床が見えない隠し穴になっています。


他にもスピンキックを多用して、上へ上へと進んで行くステージなどミニゲーム的な内容が多いです。



家宝を得る試練以外にも、部屋にいる敵の攻撃に一度も当たることなく全滅させることができれば特別な宝箱を開けられる、などのミニチャレンジの様な部屋もあります。


本作には城塞以外にも、いくつか環境の異なるエリアがあり、マップでは環境の違うエリア毎に色分けされています。城塞の他に、橋のエリアも登場しますが、まだ開発中で今後のアップデートで解放されるとのことです。そのため、先に第3エリアの雪原ステージの一部を、早期アクセスでプレイできるようになっています。



ここまで紹介してきた『Rogue Legacy 2』ですが、早期アクセスということもあり、バグが散見されます。原因は分かりませんが、家宝を獲得するために試練を受けようとすると、画面は切り替わるものの、プレイヤーが配置されないことがありました。この場合は、PCを再起動することでバグが解消されました。


こちらの記事でも載せていますが、早期アクセスは約一年間を予定しており、約2か月毎に大きな更新を行うとのことです。バグや細かなアップデートは、期間に縛られることなく行っていく予定となっています。価格は、開発期間中に2回上げる予定です。



本作は、拠点の強化がキャラクターのレベルアップに繋がり、家宝による新しいスキルの獲得などで探索域が広がっていきます。メトロイドヴァニアとローグライトの要素は押さえつつ、世代交代による特性が本作のゲームプレイを一層印象的にしています。しかし、最大の謎は子孫がいつできたのか……ですが、それが解明される日が来るかは分かりません。子孫次第でゲーム性が大きく変わる『Rogue Legacy 2』、裏技や縛りプレイが好きなプレイヤーにもオススメの一作です。



タイトル:Rogue Legacy 2
対応機種:PC(Steam / Epic Gamesストア)
記事におけるプレイ機種:PC(Steam)
発売日: 2020年8月13日
記事執筆時の著者プレイ時間:3時間
価格:2,050円

《うなぎ》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top