『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ドレーグ」編―可動は狭くも素立ちでも格好良さが光る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ドレーグ」編―可動は狭くも素立ちでも格好良さが光る

第3弾となる『フロントミッション』プラモデルレビュー。今回は「ドレーグ」編です。

連載・特集 Game*Sparkレビュー
『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ドレーグ」編―可動は狭くも素立ちでも格好良さが光る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ドレーグ」編―可動は狭くも素立ちでも格好良さが光る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ドレーグ」編―可動は狭くも素立ちでも格好良さが光る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ドレーグ」編―可動は狭くも素立ちでも格好良さが光る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ドレーグ」編―可動は狭くも素立ちでも格好良さが光る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ドレーグ」編―可動は狭くも素立ちでも格好良さが光る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ドレーグ」編―可動は狭くも素立ちでも格好良さが光る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ドレーグ」編―可動は狭くも素立ちでも格好良さが光る
  • 『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ドレーグ」編―可動は狭くも素立ちでも格好良さが光る

今回のゲーム系プラモデルレビューは、2020年11月にスクウェア・エニックスから発売されたプラスチックモデル組立キットシリーズ「ストラクチャーアーツ」第1弾の「ドレーグ」をピックアップします。

第1弾はドラマティックシミュレーションRPG『フロントミッション』シリーズから「ゼニス」「ギザ」「ドレーグ」「ナムスカル」のヴァンツァー4体が立体化。スクエニ初のプラモデル展開ということもあり、ディテールや組み立ての容易さ、そして塗装を含めてその内部に迫ります。

しかしながら筆者は『フロントミッション』シリーズへ馴染みが薄いため、武器の組み合わせや細かな部分塗装が抜けていることをご了承下さい。なお、4編に渡ってプラモデルレビューをしているので他の記事も合わせてお読みください。

「ゼニス」編
「ギザ」編
・「ドレーグ」編(本ページ)
・「ナムスカル」編
・全体の比較ページ(写真中心)

「ドレーグ」にも共通するシンプルなパッケージ

この特集記事も第3弾となり、パッケージの構造も大体見慣れてきたとは思いますが、一通り解説していきます。今回のドレーグも、海外のプラモデルメーカードイツレベルなどで使われているサック箱で構成されています。パッケージイラストもシンプルな線画のみで、裏面にランナーや作例写真が1枚掲載されています。

「ドレーグ」を構成するランナーは関節を含め8枚。組み立て説明書はモノクロで、機体説明や塗装図はなく、パーツの組み立て順が裏面にまで描かれているのみです。ランナーには離型剤が残っています。

後の塗装を考慮するため予め中性洗剤で洗浄。表面のぬめりがなくなったら組み立てです。

小さくとも表面のディテールが豊富な「ドレーグ」

本キットは他のものと同じく「FRONT MISSION Joint」を使用しており、関節部のディテールは十分に出ています。なお組み立ては左右腕→左右脚→本体→腰→背負い物→武器の順です。

「ドレーグ」も、「ゼニス」と似た方向性でパーツ表面のモールドが深く、かつ細かく全体に描かれています。「ドレーグ」は「ゼニス」や「ギザ」と違い脚部や肩部は張り出しているような構造となっており、少し角張った印象を受けます。

組み立て自体はスナップフィットなため接着剤が必要ありませんが、二の腕部と大腿部の軸受けPOMパーツが少しタイト。組み立てしづらい大腿部の軸受けを一部加工しました。どのパーツも合わせ目が極力表面に現れないよう工夫されていますが、ロケットランチャーなどはモナカ割り(全体の中央で2つに分割している様)で構成されているため、上からみると分割線が目立ちます。

素組み状態で完成したキット全体を見てみましょう。脚部は横からみると傘のようにみえます。加えて、この造型のため脚を曲げにくく、他のキットより可動範囲はやや狭めです。

脚部の形状から太股部とふくらはぎ部に干渉してしまい、膝立ちや屈む状態をさせるのが難しい。

腕部の可動は申し分なく、どの武器を持たせてアクションさせても思いのままに動かせます。他のキットよりポージングが難しいですが、直線が多く素立ちさせていても様になるのは素晴らしいです。

次は塗装です。表面のモールドが多い事から今回はエアブラシで仕上げました。


《G.Suzuki》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top