Game*Sparkレビュー:『サイバーパンク2077』3,900円のジョニー・シルヴァーハンド【番外編】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Game*Sparkレビュー:『サイバーパンク2077』3,900円のジョニー・シルヴァーハンド【番外編】

3,900円のジョニー・シルヴァーハンドのフィギュアの出来をレビュー!

連載・特集 Game*Sparkレビュー
Game*Sparkレビュー:『サイバーパンク2077』3,900円のジョニー・シルヴァーハンド【番外編】
  • Game*Sparkレビュー:『サイバーパンク2077』3,900円のジョニー・シルヴァーハンド【番外編】
  • Game*Sparkレビュー:『サイバーパンク2077』3,900円のジョニー・シルヴァーハンド【番外編】
  • Game*Sparkレビュー:『サイバーパンク2077』3,900円のジョニー・シルヴァーハンド【番外編】
  • Game*Sparkレビュー:『サイバーパンク2077』3,900円のジョニー・シルヴァーハンド【番外編】
  • Game*Sparkレビュー:『サイバーパンク2077』3,900円のジョニー・シルヴァーハンド【番外編】
  • Game*Sparkレビュー:『サイバーパンク2077』3,900円のジョニー・シルヴァーハンド【番外編】
  • Game*Sparkレビュー:『サイバーパンク2077』3,900円のジョニー・シルヴァーハンド【番外編】
  • Game*Sparkレビュー:『サイバーパンク2077』3,900円のジョニー・シルヴァーハンド【番外編】

2020年12月10日に発売された『サイバーパンク2077』は多くの意味でインパクトのあるゲームタイトルであり、現在でも話題に上がることが多いですが、本稿ではGame*Sparkレビュー番外編としてゲーム空間から離れて現実のフィギュアをレビューしていきます。

レビューする製品の詳細は以下の通りです。

商品名:POP UP PARADE ジョニー・シルヴァーハンド
メーカー:グッドスマイルカンパニー
発売日:2021/02
仕様:ABS&PVC 塗装済み完成品・ノンスケール・専用台座付属・全高:約190mm
原型制作:mayaka。
価格:3,900円(税込み)

3,900円均一とフィギュアの値段としては比較的安価なPOP UP PARADEシリーズで発売されたジョニー・シルヴァーハンドのフィギュアの実力はどのようなものなのか。ぜひご覧ください。

グッドスマイルカンパニー 「POP UP PARADE ジョニー・シルヴァーハンド」フィギュアレビュー

パッケージは最小限ながらもイメージカラーで統一され、綺麗にまとめられています。傷防止にビニールの袋で包まれていますが、丁寧に顔に袋がかからないよう梱包されているため、パッケージを開封しなくても顔が見えるのは嬉しいポイントです。


パッケージは簡素ながらもしっかりと梱包されています。『サイバーパンク2077』のイメージカラーであるビビッドな黄色も良い感じです。


早速箱から出していきましょう。




足には3本の棒が靴と一体化して形成されており、しっかりと台座に固定して飾れます。強度的にも問題なさそうです。



ちなみに台座は薄いスモークグレーです。

改めて立体化したジョニー・シルヴァーハンドを観察してみよう!

まず4方向からジョニー・シルヴァーハンドをお伝えしていきます。


全体のバランス、ポージングは文句のない出来。ゲーム中でも印象的な銀腕(シルヴァーハンド)も詳細なディティールで再現されています。


背中の印刷も違和感はありません。しっかりと再現されています。


ただ、ズボンの色はもう少し暗く、艶消しだったような気もします。


全高は約19センチ。ちなみにキアヌ・リーヴスの身長は186センチです。

細部をじっくりレビュー

フィギュアの命と言っても過言ではない顔は印刷で表現されており、3,900円のフィギュアとは思えないリアルさです。


顔はゲーム内と比べると髭や眉毛が薄く、「マトリックス」等に出演していた若き日のキアヌに寄せている印象ですが、十分に雰囲気は掴めています。





腕も少し色が明るすぎるような感じもしますが、ディティールはしっかりとしており3,900円のPVCフィギュアとしては十二分に評価できます。



先ほども述べたように、背中の「SAMURAI」マークも滲みやかすれが一切なく、綺麗に印字されています。


足は影が塗料の溜め表現(ウォッシング技法)で描かれており、クオリティが高いです。ただ、前述した通り上半身と比べて少し艶が出すぎているのが気になります。




ここまで良い点を述べてきましたが、目立つ難点が一か所あります。それは、眼鏡の縁の塗装。金色の塗料がはみ出しており、色も相まってかなり目立ちます。ここは明確な欠点と言えるでしょう。


とはいえ、値段と品質のバランスが良く、全体的に高クオリティにまとまっている本フィギュア。同価格帯ではアクションフィギュアしか選択肢がなく、この上になると6,000円から9,000円以上に、さらに上を見ると13万円以上になってしまいます。

安価で手に入るリアル頭身のジョニー・シルヴァーハンドのフィギュアは珍しく、それだけで『サイバーパンク2077』ファンの方やキアヌ・リーヴスファンの方にはお勧めできます。テレワークの推進などで机に向かう時間が多くなっている昨今、やかましかった脳内の亡霊を机上に置くのも良いのではないでしょうか?


総評:★★★
良い点
・フィギュアとしては安価
・4,000円以下のフィギュアとしては顔が良い
・ロゴや入れ墨の印刷が高品質

悪い点
・眼鏡の塗装
・ズボンの艶
《大塩》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top