『UNDERTALE』リスペクト作品『Everhood』至上の音楽と共に秘められた過去を暴け!【プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『UNDERTALE』リスペクト作品『Everhood』至上の音楽と共に秘められた過去を暴け!【プレイレポ】

今回はそんな『Everhood』の序盤の様子をプレイレポートにまとめていきます。

連載・特集 プレイレポート
『UNDERTALE』リスペクト作品『Everhood』至上の音楽と共に秘められた過去を暴け!【プレイレポ】
  • 『UNDERTALE』リスペクト作品『Everhood』至上の音楽と共に秘められた過去を暴け!【プレイレポ】
  • 『UNDERTALE』リスペクト作品『Everhood』至上の音楽と共に秘められた過去を暴け!【プレイレポ】
  • 『UNDERTALE』リスペクト作品『Everhood』至上の音楽と共に秘められた過去を暴け!【プレイレポ】
  • 『UNDERTALE』リスペクト作品『Everhood』至上の音楽と共に秘められた過去を暴け!【プレイレポ】
  • 『UNDERTALE』リスペクト作品『Everhood』至上の音楽と共に秘められた過去を暴け!【プレイレポ】
  • 『UNDERTALE』リスペクト作品『Everhood』至上の音楽と共に秘められた過去を暴け!【プレイレポ】
  • 『UNDERTALE』リスペクト作品『Everhood』至上の音楽と共に秘められた過去を暴け!【プレイレポ】
  • 『UNDERTALE』リスペクト作品『Everhood』至上の音楽と共に秘められた過去を暴け!【プレイレポ】

Foreign Gnomesより2021年3月4日にPC向けでSteam版が、3月5日よりニンテンドースイッチ版が配信された『Everhood』。個性豊かなキャラクターが住む世界を舞台に左腕を奪われた人形に隠された謎を解き明かす本作は、『UNDERTALE』ライクなユーモラスな会話と印象的な音楽、前衛的な演出に満ち溢れた作品でした。今回はそんな『Everhood』の序盤の様子をプレイレポートにまとめていきます。

『Everhood』とは

開発者インタビューでも語られていたように、『UNDERTALE』に大きな影響を受けたという本作。左腕を奪われた無口な赤い人形のレッドは自身の腕を取り返すために個性豊かなキャラクターたちの住む世界を冒険します。戦闘の形式は、最高の音楽と共に飛んでくる色とりどりのノーツを、ジャンプやステップを駆使して避けていくリズムアクションです。


音楽に合わせてノリノリのダンスを決めながら攻撃をしてきます。5マスのフィールドを左右のステップとジャンプを組み合わせて、避けまくりましょう。

『Everhood』の内容に迫る!

難易度は「ハード」を選択。それではやっていきましょう。


まず本作を起動すると、なにやら意味深な語りかけからスタートします。

はいを選択して物語はスタート。主人公である木製人形のレッドが、五体バラバラの状態から始まります。謎の青い人形が主人公の左腕を盗みどこかへと走り去っていくので、追いかけていきましょう。



道を進んだ先にはカッコいいカエルさんが。どうやらレッドの身に何が起こったか知っている様子ですが......?


音楽に合わせて攻撃をかわせ!

ここで、この世界の生き方を教えてくれるとのこと。ジャンプと左右へのステップを駆使してカエルさんの洗礼を受けましょう。



チュートリアルをクリアするとセーブポイント(街頭)が話しかけてきます。本作のセーブポイントは軽い雑談と共にセーブするかを訊ねてくる愉快なセーブポイントです。


左腕を盗んだ犯人を追って地下通路へ。しかし入場料が必要とのことです。手持ちがないので、個性豊かなATMに話しかけてお金を引き下ろすことに。



どうやら、お金を引き下ろすには魂をかけなければならない様子。ノリノリの音楽に合わせてATMとバトル!ここで筆者は5~6回程ゲームオーバーになってしまいました。意外とやりごたえがあります!これ!




通路を進んだ先にはダンスクラブが。左腕を盗んだ犯人を捜し回る途中、アクシデントからVIPのジグを怒らせてしまいます。彼の怒りが収まるまでどうにか攻撃を避けて避けて避けまくりましょう。


ノーツに当たっても2回まではセーフ(ハードモードの場合)。一定時間攻撃を避け続ければ体力も回復していきます。これまた手ごわい相手でしたが三回目の挑戦でなんとかクリア!どうやら追っている犯人はVIPルームの先にいる様なので、チケットを拝借して先へ進みましょう。



VIPルームの先にいるのは巨大な「黄金のブタ」。どうやら腕を盗ませたのは彼の様子。煌びやかな装飾品に身を包んだ彼は、魔法を使ってレッドを焼却炉へと飛ばします。絶体絶命!

燃え盛る焼却炉を逃げ回ります。木製人形であるレッドにとって炎は致命的。

どれだけ逃げ回っても焼却炉の火は勢いを増すばかり。とうとうHPが削られ0になってしまします......。しかしここでまたリズムアクションがスタート。

チュートリアルのカエルさん.....?


謎の小人さんたちも攻撃してきます。


不気味なおっさんも笑いながら参戦。なんだこれは....。

画面もぐりぐり動きながら攻撃はどんどん激しく。
音楽もポップなものからサイケデリックなものまでコロコロと変化しプレイヤーを惹き込んでいきます。

本作のテーマ、この世界の「絶対的な真実」とは?



バトルが終了すると再びプレイヤーは問いかけられます。絶対的な真実を聞きたいですか?




そうして焼却炉の中に放り込まれたレッドは奇跡の生還を果たします。戻った先には腕を盗んだ実行犯のブルーがいましたが、どうやら用済みということで両足を奪われてしまったようです。なんだかほっとけないので、ここからはブルーを担いで二人で行くことにします。目的は奪われた左腕と両足を取り返すこと。黄金のブタを探しに二人は旅立ちます。






二人の旅はどうなるのか。そして何故左腕は奪われたのか?左腕を取り返したレッドの旅の行方は!やりごたえのある難易度とクールで洗練された音楽と共に、どこかヘンテコな世界を旅してみませんか?

豊富なミニゲームも多数!

なんかどこかでみたロゴ?

本作は目玉となるリズムアクションだけでなく、さまざまな体験を提供してくれます。



テニスに興じたり、


ゴーカートに乗ってカーレースしたり、


弾幕シューティングから、


テーブルゲームまでプレイできます。これはTRPG?

たしかに『Everhood』からは『UNDERTALE』の風を感じる

執筆時点でプレイ時間は約5時間。物語の謎も徐々に明らかとなって新たな要素も加わってきました。まだエンディングにはたどり着けていませんが、『Everhood』は確かに『UNDERTALE』からの多大なる影響と、リスペクトに満ち溢れた作品でした。

『UNDERTALE』のように様々なエンディングが待ち受けているのでしょうか。主人公の秘密は?ゲームスタート時やゲーム中に投げかけられる問いは一体?見たこともないヤバい世界の物語にあなたも身を投じてみませんか?


タイトル:Everhood
対応機種:PC(Steam)/ ニンテンドースイッチ
記事におけるプレイ機種:PC(Steam)
発売日:2021年3月4日(Steam版)/ 2021年3月5日(スイッチ版)
記事執筆時の著者プレイ時間:5時間
価格:980円

《Closter1um》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top