リズムJRPG『Everhood』―『Undertale』という衝撃、自身の病から向き合った「死」を表現した【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

リズムJRPG『Everhood』―『Undertale』という衝撃、自身の病から向き合った「死」を表現した【開発者インタビュー】

すでに多数の高評価を獲得している、今注目のインディー作品です。

連載・特集 特集
リズムJRPG『Everhood』―『Undertale』という衝撃、自身の病から向き合った「死」を表現した【開発者インタビュー】
  • リズムJRPG『Everhood』―『Undertale』という衝撃、自身の病から向き合った「死」を表現した【開発者インタビュー】
  • リズムJRPG『Everhood』―『Undertale』という衝撃、自身の病から向き合った「死」を表現した【開発者インタビュー】
  • リズムJRPG『Everhood』―『Undertale』という衝撃、自身の病から向き合った「死」を表現した【開発者インタビュー】
  • リズムJRPG『Everhood』―『Undertale』という衝撃、自身の病から向き合った「死」を表現した【開発者インタビュー】
  • リズムJRPG『Everhood』―『Undertale』という衝撃、自身の病から向き合った「死」を表現した【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Chris Nordgren氏とJordi Roca氏開発、PC/スイッチ向けに3月4日にリリースされたリズムJRPG『Everhood』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、腕を盗まれた赤いパペットが、光が入り乱れる不思議な世界を探索していくリズムゲーム+JRPG。戦闘が上から降りてくる光を避けるリズムゲームのようになっているほか、よく練られたシナリオやテーマが特徴です。日本語には対応済みですが、もし翻訳に関するフィードバックがあればDiscordで連絡すれば次のパッチで対応するということです。

『Everhood』は、980円で配信中





――まずは自己紹介をお願いします。

Chris Nordgren氏(以下Chris)本作のクリエイターの1人、Chris Nordgrenです。主にクリエイティブな部分を担当しました。本作の技術的な部分はJordi Rocaが担当しましたが、開発全体を2人で密に連携しながら行ってきました。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Chris本作の短いデモを2018年7月に作り、これを11月にitch.ioとgamejoltでリリースしました。これが多少話題となったことから、そのフルバージョンを作ろうと決めたのです!

――本作の特徴を教えてください。

Chrisバトルシステムは完全なる音楽体験となっており、すべてのバトルには固有のバトルテーマが用意されています。ゲーム体験全体にもひねりが加えられていますので、楽しく驚きに満ちた冒険となるでしょう。ゲームプレイやストーリーテリングを重要視するプレイヤーには、大いにオススメできる作品に仕上がったと思います。



――本作が影響を受けた作品はありますか?

Chrisはい。本作には本当にたくさんの元ネタが存在します!

全体的に影響を受けたものは『Undertale』です。この作品がリリースされた時、とてつもない衝撃を受けました!私のグラフィック技術がほとんど意味のないものだとわからされ、とても苛立ったものです。だって正直言って、『Undertale』はデザイン面で特別良い見た目というわけではないのですから。しかしその限られた表現方法において、良い意味で期待を超えてきたのです。おかげで、ゲーム作りにおいて違った道を指し示してくれました。

『Undertale』は新しい体験の見せ方を教えてくれました。そしてこの作品がどのようにしてこれを実現しているかを何年にも渡って考え、その後、本作を作る機会がやってきたのです。

本作を作るにあたり、私は自分の心に正直になり、私が考えることや疑問に思うものをテーマとして採用しました。また、本作の開発中、自分が体調を大きく崩したこともある意味重要なポイントだと思っています(1型糖尿病という深刻な病を患っています)。何ヶ月にもわたり、きちんとした治療を受けることができず、死についてたくさん考えました。

これにより死を深く理解することができ、本作でもそれを上手く表現できていると嬉しいです。こう言ったこともあり、本作は時間というものに縛られない作品になっていると思います。自分が歳を取ったら、またもう一度自分で遊んでみたいと思っています。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Chris私はスウェーデンで作業をし、Jordiはスペインで作業をしていますので、2,500km離れています。幸いにも2人とも同じタイムゾーンなので、オンラインで一緒に作業をするのは簡単でした。そういう意味で、私たちはそれほど新型コロナの影響を受けなかったと言えます。ある意味、本業のための通勤時間がなくなったので、より開発にかけられる時間が増えたとも言えるでしょう!

――本作の配信や収益化はしても大丈夫でしょうか?

Chrisもちろんです。ぜひやってください!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Chris本作のユニークな体験を、ぜひ味わってみていただけると嬉しいです。感想もメールでいただけると幸いです。

――ありがとうございました。



◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に400を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top