2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え

『サイバーパンク2077』と『ウィッチャー3』ともに、次世代コンソールエディションをリリースする予定であることも改めて明らかにされています。

PC Windows
2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え
  • 2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え

CD PROJEKT REDグループのCD PROJEKT RED IRは、2020会計年度の業績報告を公開しました。

報告によれば、2020年に『サイバーパンク2077』を1,370万部以上販売。総製作費が12億ポーランドズウォティ(約341億7,700万円)であったとしています。

販売の割合はデジタル73%、物理メディア27%となっており、2020年12月の発売当初の割合とほぼ同じになっています。

プラットフォーム別では、PC/Stadiaが56%、PS4が28%、Xbox Oneが17%となっています。

その他、『ウィッチャー3』が2020年末までに合計3,000万部以上を販売したことも公開されています。

また、レポートには、グローバル・デジタル・キャンペーンにおける広告インプレッション数が30億以上であること、プロジェクトに参加した合計人数が5,200人を超えることなどが記載。『サイバーパンク2077』と『ウィッチャー3』ともに、次世代コンソールエディションをリリースする予定であることも改めて明らかにされています。

《H.Laameche》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『L4D』開発元の新作ゾンビFPS『バック・フォー・ブラッド』4日早く遊べる“限定版”が発売決定!

    『L4D』開発元の新作ゾンビFPS『バック・フォー・ブラッド』4日早く遊べる“限定版”が発売決定!

  2. 協力FPS『バック・フォー・ブラッド』PC版も予約開始!本作のカードシステムを紹介する日本語トレイラーも公開

    協力FPS『バック・フォー・ブラッド』PC版も予約開始!本作のカードシステムを紹介する日本語トレイラーも公開

  3. バンナム新作『スカーレットネクサス』体験版配信決定!念力を操る超“脳”力アクションが一足早く楽しめる―プレイ特典も付与

    バンナム新作『スカーレットネクサス』体験版配信決定!念力を操る超“脳”力アクションが一足早く楽しめる―プレイ特典も付与

  4. 『天穂のサクナヒメ』累計出荷95万本超え!ミリオン秒読みか―『牧場物語 オリーブタウンと希望の大地』も70万本とマーベラス好調

  5. 『Valheim』0.153.2アップデート配信―銛のメカニズム改善やトロルのビジュアル変更など

  6. おもちゃの兵隊タワーディフェンスHD版『Toy Soldiers HD』2021年8月にリリース!

  7. 『Apex Legends』で原因不明のアカウントBANが多発―公式発表はなく、インフルエンサーが注意を呼びかける事態に

  8. 中世剣戟ACTシリーズ最新作『Chivalry 2』開発完了が報告!間もなく新たな騎士達の戦いが始まる

  9. バンナム新作『SCARLET NEXUS』先行プレイレポ―「超脳力」がカギとなる“ブレインパンク・アクションRPG”に迫る

  10. 『Apex Legends』で発生していた“誤BAN”トラブルが解決へ―原因は“ログイン障害”のアナウンスを誤表示か

アクセスランキングをもっと見る

page top