2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え

『サイバーパンク2077』と『ウィッチャー3』ともに、次世代コンソールエディションをリリースする予定であることも改めて明らかにされています。

PC Windows
2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え
  • 2020年『サイバーパンク2077』販売数は1,370万本―総製作費は341億円以上、プロジェクト参加人数は5,200人超え

CD PROJEKT REDグループのCD PROJEKT RED IRは、2020会計年度の業績報告を公開しました。

報告によれば、2020年に『サイバーパンク2077』を1,370万部以上販売。総製作費が12億ポーランドズウォティ(約341億7,700万円)であったとしています。

販売の割合はデジタル73%、物理メディア27%となっており、2020年12月の発売当初の割合とほぼ同じになっています。

プラットフォーム別では、PC/Stadiaが56%、PS4が28%、Xbox Oneが17%となっています。

その他、『ウィッチャー3』が2020年末までに合計3,000万部以上を販売したことも公開されています。

また、レポートには、グローバル・デジタル・キャンペーンにおける広告インプレッション数が30億以上であること、プロジェクトに参加した合計人数が5,200人を超えることなどが記載。『サイバーパンク2077』と『ウィッチャー3』ともに、次世代コンソールエディションをリリースする予定であることも改めて明らかにされています。

《H.Laameche》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

    美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

  2. 『遊戯王 マスターデュエル』新テーマ「相剣」は「ドラグマ」「氷水」と密接な関係に!対戦がさらに面白くなる背景を解説

    『遊戯王 マスターデュエル』新テーマ「相剣」は「ドラグマ」「氷水」と密接な関係に!対戦がさらに面白くなる背景を解説

  3. 『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

    『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

  4. 『太閤立志伝V DX』イベコンアプデ予定あり!効果音名の対応表も近日公開予定

  5. ステージ選択時に楽曲が視聴可能に!『Vampire Survivors』パッチ0.6.1配信開始

  6. ドライビングよりパーキングスキルが物を言う『You Suck at Parking』―マルチプレイ対応で8台のクルマが1つの駐車場を奪い合うことに

  7. 最大60人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』オープンベータテストがスタート―早期アクセスは6月1日より

  8. 「全て事実です」狙撃TPS『Sniper Elite 5』元空挺部隊員の経験を反映したアクショントレイラー公開

  9. 『ルーンファクトリー5』この夏PC版登場か?SteamDBにて名前が見つかる

  10. 恐怖ホテル経営シム『Serial Killer Life』Steamストアページ公開―銀行強盗のために宿泊者を罠と脅しで捕獲

アクセスランキングをもっと見る

page top