日本語版が遂に解禁!ローグライクRPG『スターレネゲード』 先行プレイレポ―宇宙反乱軍となって帝国軍を蹴散らせ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本語版が遂に解禁!ローグライクRPG『スターレネゲード』 先行プレイレポ―宇宙反乱軍となって帝国軍を蹴散らせ

敗れる度に次元を超えて意志を繋ぐ、ローグライクRPG『スターレネゲード』の先行プレイレポをお届けします。

連載・特集 プレイレポート
日本語版が遂に解禁!ローグライクRPG『スターレネゲード』 先行プレイレポ―宇宙反乱軍となって帝国軍を蹴散らせ
  • 日本語版が遂に解禁!ローグライクRPG『スターレネゲード』 先行プレイレポ―宇宙反乱軍となって帝国軍を蹴散らせ
  • 日本語版が遂に解禁!ローグライクRPG『スターレネゲード』 先行プレイレポ―宇宙反乱軍となって帝国軍を蹴散らせ
  • 日本語版が遂に解禁!ローグライクRPG『スターレネゲード』 先行プレイレポ―宇宙反乱軍となって帝国軍を蹴散らせ
  • 日本語版が遂に解禁!ローグライクRPG『スターレネゲード』 先行プレイレポ―宇宙反乱軍となって帝国軍を蹴散らせ
  • 日本語版が遂に解禁!ローグライクRPG『スターレネゲード』 先行プレイレポ―宇宙反乱軍となって帝国軍を蹴散らせ
  • 日本語版が遂に解禁!ローグライクRPG『スターレネゲード』 先行プレイレポ―宇宙反乱軍となって帝国軍を蹴散らせ
  • 日本語版が遂に解禁!ローグライクRPG『スターレネゲード』 先行プレイレポ―宇宙反乱軍となって帝国軍を蹴散らせ
  • 日本語版が遂に解禁!ローグライクRPG『スターレネゲード』 先行プレイレポ―宇宙反乱軍となって帝国軍を蹴散らせ
『スターレネゲード』 日本語版公式トレーラー

2021年04月28日にPS4 / ニンテンドースイッチ / PC(DMM GAME PLAYER)向けにDMM GAMESより発売予定の、ローグライクRPG『スターレネゲード』日本語版。本記事は、同作の先行プレイレポをお届けします。

スターレネゲード』とは

本作は、帝国軍に奪われた銀河を取り戻すため、様々な種族が集結した宇宙反乱軍を指揮して、銀河奪還を目指すローグライクRPGです。帝国軍に支配された星々を開放させながら、仲間と交流を深めつつ帝国軍の宇宙ステーションを目指していきます。しかし、戦闘に敗れると宇宙反乱軍は敗北となり、それまでのレベルや装備は初期化され、次の世界線へ飛び新たに帝国軍へ挑みます。

戦闘はターン性リアクティブバトルシステムを採用。攻撃にランダム要素はなく、事前に分かる敵の行動に対してどう動くかがカギとなる、パズル要素も含んだ戦闘が特徴です。また、戦闘に敗れるとヒーローに勝利した敵はレベルと階級が上がり、より強力な敵としてプレイヤーに立ちはだかります。

操作方法は、キーボードとマウス、ゲームパッドに対応しています。
それでは早速プレイしていきましょう。

スターレネゲード』の実内容に迫る!

物語は、突如異次元から現れた帝国軍に連合軍基地が破壊されるところから始まります。帝国軍の攻撃から逃れた戦士「ウィン・サイフェックス」は、砲台を掌握しようと試みるも、敵のハッキングにより失敗。エリート部隊の兄「デヴィオン・サイフェックス」と共に強敵に立ち向かうも敗れ、兄デヴィオンを失ってしまいます。

ちょうどその頃、謎の科学者がドローンロボット「J5T-1N(以下、J5)」を完成させ、J5に重要なメッセージを託し別の次元へ。次元を超えた先は、帝国軍に攻撃を受ける前の連合軍基地。J5は謎の科学者から託されたメッセージをその次元の科学者に渡し、迫りくる危機から勝利するための作戦が始動するのだった……。

ステージ選択画面から最初の惑星メンクを選ぶと、その惑星で待ち受ける敵の紹介が流れます。本作の敵には固定ボスや雑魚敵の他に「エリートソルジャー」がおり、倒すことでランクの低い敵より多くの経験値と拠点のアップグレードに必要なポイントが得られます。レベルを早く上げるためにも積極的にアタックしていきたいところです。

また、エリートソルジャーがヒーローを倒すと昇進し、更に強くなって他の惑星に現れるのため、同じ敵に倒され続けるといつの間にか「アイツ俺のお陰で出世したな」という感情が少なからず生まれるはず…...。

各ステージはエリア毎に区切られており、それぞれのエリアには敵やアイテム、アップグレード施設などがあり、プレイする度に変化。フィールドは、一方通行しか進めないステージと、1日3回までエリアを開放できる制限付きのステージが存在し、どのエリアを攻略するかは自由です。そして3日後には、ボスが待ち受けています。

また、1日3回エリアを開放し終えると夜に場面が切り替わり、夜は開放したエリアの探索が可能。夜のフィールドには、レベルアップに必要な「DNA」や「コイン」の他にサブクエストが見つかることも。

これが『スタレネ』流!戦略バトル

本作では、王道RPGのターン性バトルに、60秒の時間軸を導入したことで時間差による駆け引きが生まれ、戦闘がよりスリリングに戦略的になっています。フィールドのエリア攻略同様にパズル要素はありますが、難しくはありません。ゲーム冒頭に、バトルシステムのチュートリアルがあるので直ぐに馴染めることでしょう。

基本的にはコマンド選択型ターン性バトルですが、画面上部に60秒間を表した「行動タイムライン」があり、それぞれの攻撃や行動には作動するまでの時間が設定されています。事前に敵がどういった行動をとるか分かる様になっているため、それに対してどう対処するかがキーポイント。

敵より早く攻撃できれば「クリティカル」が発生。与えるダメージが増えるほか、敵を「よろけ」させ行動を遅らせることが可能です。同様に仲間の攻撃も「クリティカル」を狙えば、敵を60秒間の「行動タイムライン」の外に弾き出せます。時間軸から弾かれた敵は「ブレイク」となり、そのターンの行動がキャンセルに。そのまま何度も「ブレイク」させれば無傷で勝利!……とはいかず、そう甘くはありません。

敵には「よろけ耐性」があり、制限回数を越えると「よろけ」させることができなくなります。ただし、敵が行動すると「よろけ耐性」が解除されます。この様に、いかに先手を取って有利に戦闘を運べるかが勝利のカギ。もちろんこれだけではなく、「シールド」「アーマー」「属性ダメージ」などの要素がバトルシステムをより深いものにしています。筆者の様に複雑で覚え切れない!と思うプレイヤーもいることでしょう。本作には一度行ったチュートリアルを、いつでも確認できるヘルプ機能が搭載されているので、気になったその時に確認できます。

仲間との親交も成長に繋がる

一日の終わりはキャンプで仲間と親睦を深めよう。キャンプでは、「キャンプカード」を使うことでヒーロー達の回復と強化、そして好意を高めることが可能。好意が高まると信頼関係が向上し、ステータス上昇や戦闘で使用可能な「コンボスキル」がアンロックされます。また、後継者のヒーローが誕生することもあるようです。

しかしながら、和気あいあいとキャンプをしつつ初見でクリアできるほど優しくはありません。2つ目の惑星でより強力な敵に遭遇し、あえなく敗北……しかしここからが本当の始まりでした。敗北するとドローンロボット「J5」だけが拠点に帰還し、レベルや所持アイテムは全てリセットされます。もはや滅亡を免れない基地ですが、これまでの戦闘で一定数ポイントが集まっていれば、部隊の強化や新兵の追加が可能です。

キャラクターが開放されていけば、異なるクラスを持つ10以上のキャラクターから部隊を編成することで戦術が変化。様々な組み合わせで新たな発見があることでしょう。そして、準備が整ったらいざ次の次元へ……。

ここまで紹介してきた『スターレネゲード』ですが、今回ゲームパッドとマウス両方でプレイしました。どちらも快適に遊ぶことができましたが、ただ1点だけ気になった部分がありました。戦闘時、1人だけ決定済みの行動をキャンセルしたい場合に、マウスであれば名前の部分をクリックすれば指定キャラクターの行動だけを再設定できますが、パッド操作の場合は一度の行動を全員キャンセルする必要があり、1人だけキャンセルすることができませんでした。

何はともあれ隅々まで日本語化されているので、快適にプレイできるのが一番嬉しいところ。思い通りに敵をブレイクさせて倒した時の爽快さ、ギリギリで勝利できた時のスリリングさは、通常のターン性RPGでは味わえない魅力が詰まっています。雑魚敵でも油断すると全滅することもあり、そう簡単にエンディングには辿り着けないでしょう。

いよいよ発売が間近の『スターレネゲード』は2021年04月28日に、PS4 / ニンテンドースイッチ / PC(DMM GAME PLAYER)にて、3,300円(税込)で発売予定です。

《うなぎ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top