対エイリアンTPSシリーズ最新作『地球防衛軍6』1stトレイラー公開―荒廃した地球で絶望の未来に生きろ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

対エイリアンTPSシリーズ最新作『地球防衛軍6』1stトレイラー公開―荒廃した地球で絶望の未来に生きろ

「絶望の未来に生きる。」

ニュース 発表
対エイリアンTPSシリーズ最新作『地球防衛軍6』1stトレイラー公開―荒廃した地球で絶望の未来に生きろ
  • 対エイリアンTPSシリーズ最新作『地球防衛軍6』1stトレイラー公開―荒廃した地球で絶望の未来に生きろ
  • 対エイリアンTPSシリーズ最新作『地球防衛軍6』1stトレイラー公開―荒廃した地球で絶望の未来に生きろ
  • 対エイリアンTPSシリーズ最新作『地球防衛軍6』1stトレイラー公開―荒廃した地球で絶望の未来に生きろ
  • 対エイリアンTPSシリーズ最新作『地球防衛軍6』1stトレイラー公開―荒廃した地球で絶望の未来に生きろ
  • 対エイリアンTPSシリーズ最新作『地球防衛軍6』1stトレイラー公開―荒廃した地球で絶望の未来に生きろ
  • 対エイリアンTPSシリーズ最新作『地球防衛軍6』1stトレイラー公開―荒廃した地球で絶望の未来に生きろ
  • 対エイリアンTPSシリーズ最新作『地球防衛軍6』1stトレイラー公開―荒廃した地球で絶望の未来に生きろ
  • 対エイリアンTPSシリーズ最新作『地球防衛軍6』1stトレイラー公開―荒廃した地球で絶望の未来に生きろ

ディースリー・パブリッシャーは、シリーズ最新作である『地球防衛軍6』の1stトレイラーを公開しました。

本作は侵略生物から地球を守るTPS『地球防衛軍』シリーズ最新作。1stトレイラーのタイトルに「絶望の未来に生きる。」とある通り、侵略者に抗い勝利したはずが明るい未来を迎えられなかった地球がテーマで、『地球防衛軍5』から3年後の、荒れ果ててしまい安全な場所が存在しなくなった地球が舞台となっているようです。

トレイラーからは、巨大なアリやハチといった増え続けるエイリアンや侵略生物との激しい戦いが確認できます。

『地球防衛軍6』は2021年末に発売予定。価格や対応プラットフォームは未定です。また、『地球防衛軍2』『地球防衛軍3』のニンテンドースイッチ版も発表されています。

《みお》
みお

超雑食の若年ゲーマー みお

2021年3月よりフリーでゲームライターをしています。現在はGame*SparkとIGN JAPANで活動し、稀にINSIDEにてニュース記事を執筆しています。お仕事募集中。ゲームの趣味は雑食で、気になったものはクラシックゲームから新しいゲームまで何でも手を出します。主食はシューター、ADV、任天堂作品など。ジャンルやフランチャイズの歴史を辿るのも好きです。ゲーム以外では日本語のロックやアメコミ映画・コメディ映画、髪の長いお兄さんが好きです。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. トールキン氏原作「中つ国」新作ゲーム開発を発表―Private DivisionとWētā Workshopが提携

    トールキン氏原作「中つ国」新作ゲーム開発を発表―Private DivisionとWētā Workshopが提携

  2. “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

    “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

  3. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

    『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  6. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  7. ヒンドゥー教徒の政治家が『真・女神転生』に抗議―「神々や女神を悪魔として登場させることは冒涜」

  8. 3DSの名作を“お得に買える”最後のチャンス!あの人気作・プレミアソフトが500円や1,000円で―アトラス、バンナム、LEVEL5など各社が展開

  9. 『いっき』『アトランチスの謎』で知られる「SUNSOFT(サンソフト)」が令和に復活!

  10. 小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

アクセスランキングをもっと見る

page top