Valve携帯機「Steam Deck」のハンズオンプレビュー映像が続々公開―海外メディア向けに体験会が実施 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve携帯機「Steam Deck」のハンズオンプレビュー映像が続々公開―海外メディア向けに体験会が実施

『DEATH STRANDING』や『CONTROL』の動作シーンも。

ゲーム機 ハードウェア
Valve携帯機「Steam Deck」のハンズオンプレビュー映像が続々公開―海外メディア向けに体験会が実施
  • Valve携帯機「Steam Deck」のハンズオンプレビュー映像が続々公開―海外メディア向けに体験会が実施
  • Valve携帯機「Steam Deck」のハンズオンプレビュー映像が続々公開―海外メディア向けに体験会が実施

7月に電撃発表されたValveの携帯型ゲーミングPC「Steam Deck」ですが、同社のオフィスにて海外メディア向けの体験会が行なわれたようでYouTubeにハンズオンプレビュー映像が続々と公開。操作の感触から『DEATH STRANDING』や『CONTROL』も含む実際のゲームプレイシーン、他社携帯ゲーム機とのサイズ比較など、多くのゲーマーの興味を引く内容となっています。

多くのメディアで本体は想像より大きいとしつつも手にしっかり馴染むとしています。またバッテリーの消耗の速さが指摘されており、The Vergeは約1時間半でほとんど電池切れになっていたと報告しています。

公式サイトではバッテリーの駆動時間について「大抵のゲームで数時間のプレイが可能です。ゲームストリーミング、小規模な2Dゲーム、Web閲覧のような軽い使用の場合、最大最大バッテリー寿命の約7~8時間の使用が期待できます」と記載。今回の体験感で用いられた本体は最終品質のビルドではないとのことですが、要求スペックの高いゲームを長時間遊ぶのには向いてないかもしれません。

それでもSteamユーザーにとって非常に気になる「Steam Deck」は、2021年12月よりアメリカ、カナダ、欧州連合、イギリス向けに出荷予定。その他の地域では2022年に出荷予定です。価格はストレージ容量と付属品の違いで399ドル、529ドル、649ドルの3種が用意されています。

《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. プリケツ! 映画「デッドプール&ウルヴァリン」とコラボしたカスタムXboxコントローラーが登場

    プリケツ! 映画「デッドプール&ウルヴァリン」とコラボしたカスタムXboxコントローラーが登場

  2. 国土交通省主導の日本全国3D都市モデル化プロジェクト「Project PLATEAU Ver1.0」公開

    国土交通省主導の日本全国3D都市モデル化プロジェクト「Project PLATEAU Ver1.0」公開

  3. 海外サイトが選ぶ「初代ゲームボーイ名作タイトルベスト25」

    海外サイトが選ぶ「初代ゲームボーイ名作タイトルベスト25」

  4. PS2/PS1本体でPS5/PS4/PS3用コントローラーが使える変換アダプタの発売日が決定!

  5. 【Steam Deckお悩み解決】日本語入力のやり方は?スクリーンショットの取り出し方は?

  6. 没入感マシマシ!?VRタルコフライクPvPvE『Ghosts of Tabor』早期アクセス開始―シビアなサバイバルが直感操作で楽しめる

  7. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  8. 「Steam Deckは数百万台売れている」開発者明かす―OLED版も発表され好調なポータブルゲーミングPC

  9. お値段約8万円……!ゲームボーイ互換機「Analogue Pocket」に限定アルミニウムエディションが登場

  10. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」N64にも対応するシステムソフトウェアv1.1.30がリリース!

アクセスランキングをもっと見る

page top