Valve携帯機「Steam Deck」のハンズオンプレビュー映像が続々公開―海外メディア向けに体験会が実施 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve携帯機「Steam Deck」のハンズオンプレビュー映像が続々公開―海外メディア向けに体験会が実施

『DEATH STRANDING』や『CONTROL』の動作シーンも。

ゲーム機 ハードウェア
Valve携帯機「Steam Deck」のハンズオンプレビュー映像が続々公開―海外メディア向けに体験会が実施
  • Valve携帯機「Steam Deck」のハンズオンプレビュー映像が続々公開―海外メディア向けに体験会が実施
  • Valve携帯機「Steam Deck」のハンズオンプレビュー映像が続々公開―海外メディア向けに体験会が実施

7月に電撃発表されたValveの携帯型ゲーミングPC「Steam Deck」ですが、同社のオフィスにて海外メディア向けの体験会が行なわれたようでYouTubeにハンズオンプレビュー映像が続々と公開。操作の感触から『DEATH STRANDING』や『CONTROL』も含む実際のゲームプレイシーン、他社携帯ゲーム機とのサイズ比較など、多くのゲーマーの興味を引く内容となっています。

多くのメディアで本体は想像より大きいとしつつも手にしっかり馴染むとしています。またバッテリーの消耗の速さが指摘されており、The Vergeは約1時間半でほとんど電池切れになっていたと報告しています。

公式サイトではバッテリーの駆動時間について「大抵のゲームで数時間のプレイが可能です。ゲームストリーミング、小規模な2Dゲーム、Web閲覧のような軽い使用の場合、最大最大バッテリー寿命の約7~8時間の使用が期待できます」と記載。今回の体験感で用いられた本体は最終品質のビルドではないとのことですが、要求スペックの高いゲームを長時間遊ぶのには向いてないかもしれません。

それでもSteamユーザーにとって非常に気になる「Steam Deck」は、2021年12月よりアメリカ、カナダ、欧州連合、イギリス向けに出荷予定。その他の地域では2022年に出荷予定です。価格はストレージ容量と付属品の違いで399ドル、529ドル、649ドルの3種が用意されています。

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 俺たちはこれを待っていた! 画面を大型化したゲームギアMod“Handy Gear”

    俺たちはこれを待っていた! 画面を大型化したゲームギアMod“Handy Gear”

  2. レトロ携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」出荷を再度延期で12月予定に―制御を超えた遅延ドミノ効果により

    レトロ携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」出荷を再度延期で12月予定に―制御を超えた遅延ドミノ効果により

  3. 予約開始即完売のレトロ携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」の更なる製造と転売対策が発表【UPDATE】

    予約開始即完売のレトロ携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」の更なる製造と転売対策が発表【UPDATE】

  4. PC版『エースコンバット7』最新アプデでLogicool/Thrustmasterのフライトスティックに対応

  5. 単体で遊べるVR機「Oculus Quest 2」価格据え置きで容量倍増の新128GBモデル発売―ワイヤレスなPCVR機としても使用可能

  6. Oculus Quest 2が使えない問題について日本公式が対応を発表―ユーザーからの質問も今後回答予定

  7. 新たなレトロゲーム互換機「FCツイン+MD」発表!FC/SFC/MDに対応し、8月28日発売

  8. サンアンドレアスがVRに!『GTA: SA』が Oculus Quest 2 向けに開発中と発表

  9. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」新モジュールで「ニンテンドウ64」に対応へ!

  10. レトロ携帯ゲーム互換機「Analogue Pocket」の出荷が10月まで延期―世界的な部品不足と物流問題により

アクセスランキングをもっと見る

page top