『サイバーパンク2077』開発中のパッチ1.3最新情報公開―ミニマップ、ビデオ表示、パークリセットを改善 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『サイバーパンク2077』開発中のパッチ1.3最新情報公開―ミニマップ、ビデオ表示、パークリセットを改善

運転や会話選択時の表示のほか、様々なビルドタイプを試しやすくなる遊びやすさの面に改善が実施。

PC Windows
『サイバーパンク2077』開発中のパッチ1.3最新情報公開―ミニマップ、ビデオ表示、パークリセットを改善
  • 『サイバーパンク2077』開発中のパッチ1.3最新情報公開―ミニマップ、ビデオ表示、パークリセットを改善

ポーランドのデベロッパーCD PROJEKT REDは8月17日、アクションRPG『サイバーパンク2077』向けに現在開発中の、パッチ1.3で行われる改善の一部についての新情報を公開しました。

ミニマップシステム、選択肢中のビデオ表示時間、パークリセットコストに修正や改善を施したことが、動画と担当開発者のコメントと共に明らかにされています。

ミニマップシステムアップデート

「ミニマップシステムをアップデートした結果、より正確な情報をドライバーに伝達することが可能になりました。スピードも安全も両立した、快適なドライブをお楽しみください」――Andrzej, プログラマー, CD PROJEKT RED

特定シーンの選択肢で表示されるビデオの表示時間を修正

「本件は、私がこのプロジェクトに移ってきてから初めて行った作業のうちのひとつです。UIビデオシステムを理解するために、長い時間をかけてコードを調べていた結果、ビデオのセットアップに問題があることが発覚しました。ビデオタイムの値が実際のシークエンスより短くなっていたのです。今回のアップデートにより、この特定シーンの選択肢を選ぶにあたって、プレイヤーに十分な情報を提供することができるかと思います」—Natalia, UIプログラマー, CD PROJEKT RED

パークのリセットコスト改善

「このアップデートにより、様々なビルドタイプを試しやすくなりました。多額の費用も必要ないため、これまでと比べて、気軽に色んなパークを試すことができます」—Katarína, ゲームプレイデザイナー, CD PROJEKT RED

作中の雰囲気で改善内容を伝える公式ニュースページはこちらより。全変更点のリストは近日公開予定。さらなる詳しい情報は、CD PROJEKT REDの公式Twitchチャンネルで行われる放送「REDstreams 日本語版」にて、日本時間8月18日午前1時より配信予定。この放送では、本国の配信を日本語で解説する、同時ミラー配信の取り組みを試験的に行うとのことです。


《technocchi》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. グラフィックスアップデートでキャラもフィールドも大進化!『FF14』拡張パッケージ「黄金のレガシー」最新情報【第80回PLLひとまとめ】

    グラフィックスアップデートでキャラもフィールドも大進化!『FF14』拡張パッケージ「黄金のレガシー」最新情報【第80回PLLひとまとめ】

  2. オープンワールドサバイバル『Once Human』国内でのリリース決定!新トレイラーが公開―異形モンスターに侵略された世界を再建しよう

    オープンワールドサバイバル『Once Human』国内でのリリース決定!新トレイラーが公開―異形モンスターに侵略された世界を再建しよう

  3. 日本舞台のドリフトゲー『Japanese Drift Master』SUBARUとのライセンス契約発表!“リアル”にこだわった作品は公式車登場でさらなる次元へ

    日本舞台のドリフトゲー『Japanese Drift Master』SUBARUとのライセンス契約発表!“リアル”にこだわった作品は公式車登場でさらなる次元へ

  4. セクシー美少女と働くファンタジー酒場経営シム『ダスクパブ』リリース―日本語音声対応の少女たちと仲を深めて人気店にのし上がれ

  5. 最大60FPSや解像度向上対応の『Fallout 4』現世代機向けアップデート4月25日配信決定!

  6. 日本舞台の走り屋レースゲー無料プロローグ版『JDM: Rise of the Scorpion』発表!長距離山道エリア開放でこの夏熱く響くドライビング…!

  7. 混沌の架空現代ベトナムを生き残れ!PvE専用Co-op脱出シューター『Incursion Red River』早期アクセス開始―PvPしなくていいしSteamで遊べる『タルコフ』ライク

  8. 「作業用BGM」ならぬ「作業用ゲーム」!?生産性向上ゲーム『Spirit City: Lofi Sessions』Steam配信は“非常に好評”スタート

  9. 地形破壊可能になった『PUBG』がまさかの1位!幽霊バズホラー『Content Warning』は有料化しても人気―今週の注目ゲームをチェック!Steam売上ランキングTOP10【Steam定点観測】

  10. ノルマンディーの戦いテーマのターンベースストラテジー『Headquarters: World War II』Steamで“好評”スタート

アクセスランキングをもっと見る

page top