『ポケモンユナイト』最強サポーター「プクリン」対策!「うたう」にとにかく要注意 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ポケモンユナイト』最強サポーター「プクリン」対策!「うたう」にとにかく要注意

『ポケモンユナイト』の「プクリン」は、いまのVerでは最強のサポート型といえるポケモンです。傾向や対策を学んで勝利を掴みましょう!

家庭用ゲーム Nintendo Switch
『ポケモンユナイト』最強サポーター「プクリン」対策!「うたう」にとにかく要注意
  • 『ポケモンユナイト』最強サポーター「プクリン」対策!「うたう」にとにかく要注意
  • 『ポケモンユナイト』最強サポーター「プクリン」対策!「うたう」にとにかく要注意
  • 『ポケモンユナイト』最強サポーター「プクリン」対策!「うたう」にとにかく要注意
  • 『ポケモンユナイト』最強サポーター「プクリン」対策!「うたう」にとにかく要注意
  • 『ポケモンユナイト』最強サポーター「プクリン」対策!「うたう」にとにかく要注意

『ポケモンユナイト』でいま一番輝いているサポート型ポケモンが「プクリン」です。以前のアップデートで非常に強化された“強ポケ”といえる存在になっています。


プクリンはサポート型だけあって単体ではそこまで驚異にならないのですが、それでも厄介なポケモンであることは間違いありません。戦う際はしっかり相手の長所・短所を抑えておきましょう。


◆現在のプクリンの動き方


いまのバージョンのプクリンは、下ルートで味方をサポートしつつ、「ゴールサポーター」などをつけて点数を稼ぐケースが非常に多いです。


攻撃技は「マジカルシャイン」もしくは「おうふくビンタ」ですが、どちらもなかなか強いです。しかしもっと強いのが「うたう」です。


うたうはしばらく当たると眠り状態になってしまうので、プクリンはとにかく前に出てこれを狙ってきます。


◆プクリンの恐ろしい点


うたうが強いこと自体は問題ないのですが、以前のアップデートでプクリンがディフェンス型レベルの固さを手に入れたのが問題です。いまのプクリンは前に出て殴られてもぜんぜん痛くないため、とにかく歌いながら戦線を押し上げてきます。


しかも特性の「メロメロボディ」も地味に厄介です。これは攻撃を受けるとその敵をプクリンのほうに動かすというものなのですが、技を強引にキャンセルさせる効果もあります。


とにかく前に出てきて敵の攻撃を吸いこみ、ついでに眠らせて前に出すぎた敵を確実に倒す! はっきりいってサポート型としては飛び抜けて強く、また調整が入る気がしてなりません。


また、うたう、ユナイト技、ゴールサポーターなどを駆使すれば強引に点数を稼げるのもポイントです。


◆ぶっちゃけプクリンの弱点はなさそう・・・?


さて、そんなプクリンの対策はかなり難しいというのが実情です。もちろん味方で総力をあげて殴ればいいのですが、逆にいうとそれくらいしか対応策がありません。


数的不利だと眠らされてそのまま倒されるので、基本プクリンには近づかない前に出るにしても相手が歌い終わってから。技をキャンセルされる可能性があるので、技を使うときは通常攻撃でメロメロボディを発動させてからのほうがいいでしょう。


また、プクリンそのものはそこまで火力があるわけではありません。ゆえにサンダーやカジリガメ戦になると、周囲を歌ってきて眠らせてくるので(それが厄介なのですが・・・)、味方同士で一箇所にまとまらないのもポイントになります。


プクリンそのものは勝利に直結するタイプのポケモンではないですが、いるといないとではチームの安定度は大違い。調整されるまで活躍を続けるのは間違いなさそうなので、サポート・ディフェンス型を使っている人は自分も使って対抗するのがいいでしょう。

《すしし》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ドラクエX オフライン』なんとクリア後に「ふっかつのじゅもん」でオンライン版へ引き継ぎ可能!

    『ドラクエX オフライン』なんとクリア後に「ふっかつのじゅもん」でオンライン版へ引き継ぎ可能!

  2. 『モンハンライズ:サンブレイク』に「マスターランク」実装!新モンスターや強化個体が登場

    『モンハンライズ:サンブレイク』に「マスターランク」実装!新モンスターや強化個体が登場

  3. 『ポケモンユナイト』アプデで「カジリガメ」の奪い合いは変わる?勝つために覚えておきたいポイント

    『ポケモンユナイト』アプデで「カジリガメ」の奪い合いは変わる?勝つために覚えておきたいポイント

  4. 画面フィルムを剥がさないで!スイッチ(有機ELモデル)の取り返しがつかない要素に任天堂が注意喚起

  5. 「PS5」の販売情報まとめ【10月22日】─「ドン・キホーテ」が新たな抽選受付を開始、ソフマップ2店舗も展開中

  6. 走って踊って隠れて遊べ!スイッチ向け『PUI PUI モルカー Let's!モルカーパーティー!』最新情報公開

  7. 殺人ウサギに襲われる初代PS風ホラー『殺しの館』国内スイッチ版が突如配信停止―開発元は悲しみツイート

  8. 色違いの「ザシアン」「ザマゼンタ」が貰える!『ポケモン ソード・シールド』でプレゼントキャンペーン開催決定

  9. 岸田メル氏が「ライザ」を、トリダモノ氏が「愛央」を描く!ムチムチ太ももに目が眩む、夢のコラボイラスト公開

  10. 「ゾロア・ゾロアーク(ヒスイのすがた)」発表!ノーマル・ゴーストタイプが『ポケモンレジェンズ アルセウス』で初登場

アクセスランキングをもっと見る

page top