我ら帰宅部ADV『The Plane Effect』―道は違えど家路は命がけなり【爆レポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

我ら帰宅部ADV『The Plane Effect』―道は違えど家路は命がけなり【爆レポ】

今回は帰宅部ADV『The Plane Effect』をご紹介。みんな、うちにかえろう。でも「うち」ってどこだ?ズレた世界を彷徨いながら家路を信じて急ぐ男が主人公。

連載・特集 プレイレポート
我ら帰宅部ADV『The Plane Effect』―道は違えど家路は命がけなり【爆レポ】
  • 我ら帰宅部ADV『The Plane Effect』―道は違えど家路は命がけなり【爆レポ】
  • 我ら帰宅部ADV『The Plane Effect』―道は違えど家路は命がけなり【爆レポ】
  • 我ら帰宅部ADV『The Plane Effect』―道は違えど家路は命がけなり【爆レポ】
  • 我ら帰宅部ADV『The Plane Effect』―道は違えど家路は命がけなり【爆レポ】
  • 我ら帰宅部ADV『The Plane Effect』―道は違えど家路は命がけなり【爆レポ】
  • 我ら帰宅部ADV『The Plane Effect』―道は違えど家路は命がけなり【爆レポ】
  • 我ら帰宅部ADV『The Plane Effect』―道は違えど家路は命がけなり【爆レポ】
  • 我ら帰宅部ADV『The Plane Effect』―道は違えど家路は命がけなり【爆レポ】

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。私もプレイするまで正体が掴み切れず泣いています。そこで“なるべく早く”をモットーに、ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」。

今回はInnovinaとStudioKikuが共同で開発を、PQube Limitedがパブリッシャーを担い、2021年09月23日、Windows PC向けにSteam/Epic Gamesストア/GOG.comで、コンシューマ向けにPS5(国外のみ)/Xbox Series X|S国内あり/ニンテンドースイッチ(国外のみ)でリリースした、ディストピア帰宅ADV『The Plane Effect』について生の内容をお届けしたいと思います。

『The Plane Effect』とは?

本作はつまるところ帰宅部パズルアドベンチャー。プレイヤーはTPS方式で主人公を操作し、いつもの日常から何かがズレてしまったいくつもの世界を駆け抜け自宅を目指します。

ただでさえディストピアめいた世界が、ナニかによって精神的にさらに侵食されていくような感覚を得るゲーム。実際にプレイしてみると、インタラクティブな映像作品に近い印象を個人的に受けました。

人によって好きかどうかがハッキリわかれるジャンルだとも感じます。アクションを楽しみたい or ストーリーや設定など細かい考察うんぬんよりの人より、作品世界観に浸ることに重きを置くタイプの人の方がハマりやすいかもしれません。

注意

本作はパズルゲームでもあるので、自分の力でゲームをクリアしたい、ネタバレはご勘弁という方、ここでブラウザバック等して頂けると幸いです。紹介する以上どうしてもスクショを載せざるを得ず、掲載されたそれらが、謎解きのヒントまたは答えに繋がってしまうのはどうかご容赦ください。ともあれ早速紹介してまいりましょう。


操作方法

先ほども少し触れましたが本作はTPS方式で進行します。基本的なキャラの動きは、徒歩/ダッシュ移動、アクションそしてジャンプのみなので至ってシンプル。操作はキーボードまたはコントローラーで行います。

今回のプレイにあたり筆者は両方使用しましたが、どちらも不自由なく遊べました。個人的な好みでは、コントローラーの方がプレイしやすい印象でしたね。

また本作は音声以外、日本語にバッチリ対応。とはいえ、ほとんどが視覚的なアプローチで進むゲームなので、言葉がわからずに困る……ということは殆どありませんでした。

設定

オプション画面ではゲームモード、グラフィック、キーコンフィグを設定できます。特にゲームモードは、プレイ中にヒントを出すか否かを決定する大事な項目。各モードで遊びましたが、パズル要素を楽しみたいのであればヒント無しの方が良いでしょう。

本編開始

プロローグ

スタートとともにプロローグムービーが流れます。どこか無機質さを感じる色合いの世界。主人公は画像中央の眼鏡なパパさん。一家の大黒柱として会社で毎日働きます。

雨ニモマケズ風ニモマケズ雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ勤め人。張り付いたような笑みがただただ怖いですね。

紙飛行機を投げる娘(画像左側)

そんなある日の仕事中、別の場所で娘が投げた紙飛行機が、何故か手元に届きます。

バグって……?

!?

最初のステージ

一体何が起きたのかさっぱりわかりませんが、様子がおかしい。様子がおかしいのであれば、仕事を切り上げてさっさと家に帰るべきです。社会派(?)帰宅部の冒険が今ここに始まりました。

この時、画像ではすぐにスッと立ち上がっていますが、実際はノーヒントだったのでどのキーが何に対応しているのかわからず、適当にボタンを押して回った結果だったりします。

虚無のジャンプ

そのためアクションアイコンが表示されても、それが何を意味するのか分からず、はじめて新宿に来たアンヘルみたいな感じでした。何なのだこれはどうすれば良いのだ、とWASDキーでしばらく右往左往し、最終的にEキーでインタラクトできることを発見。説明書を読まないタイプは苦労します(当然)。

さて、写真を拾い上げるとそれは家族写真。

すぅ……っと

しかしそれはすぐに手元から消えてしまいました。

先ほどの紙飛行機といい、やはり何かがおかしいこの世界。とりあえず部屋の中を手当たり次第に探し回り、アクションアイコンが表示されたらボタンを押して、状況の把握に努めます。

パズルの解法には順番がある

アクション操作はできても、「今はそのタイミングではない」という場合は、主人公が首を横に振り「ンッン」とアメリカンな感じで唸ります。察するに、まずは他の場所で、別の操作を行い、またここに戻ってくる必要があるのでしょう。

つまり「パズルには手順がある」と、事ここに至り発見したのですが、何がどういう段取りで繋がるのかがわからない。そのため先ほどの探索と同様、総当たりで各操作を試みます。ンッンを利用することで、ある程度は連続する操作のイメージが浮かぶかと思います。

壁にコートがかかってました。

ともあれこのステージでは、カードキーを拾ってコートを羽織り、部屋の電気を消して退勤する……という流れに乗ることでクリアできました。

無事に外へ出られました。

帰宅は命がけ

オフィスから出るとまたムービーが始まります。

そんなこんだでやってきた次のステージ、地下鉄の駅ですね。ここでは切符を買って電車に乗ると良いでしょう。おや線路に何か落ちてるなと拾いに行きます。電車も来る気配ないし大丈b……

感電死。

油断すると命を落とすということを学びました。以降のステージでもちょくちょく死が隣り合わせ。

他のステージご紹介

ネタバレにならない範囲で他のステージも紹介しましょう。さらに進んで地上に出てきました。ディストピアと言うわりに我々が住まう実社会の様子とあまり変わりがない。

道交法を守らない者は仕置きされる。

……と思っていたら交通ドローンに殺されました。なるほどこれはディストピア。

この信号のデザインはお洒落です。赤になると歩道の縁にも赤いガイドが表示され視覚的に通行禁止がわかりやすいですね。

こちらは何かの生物の体内。最初『デビルメイクライ3』か何かかと一人でツッコミ入れてました。このあたりのマップから単純なパズル操作以外にも、飛んだり走ったりなアクション要素が少し増え始めます。

スパークする電源コード

あれ?帰宅した?……かと思いきや現場みたいなテープ貼られている。ここは一体……愛娘の幻影が遠くに消えて……?

マネキンのドミノ倒し。

ガソリンスタンドが!

画面の作りこみがやっぱりすごいですね。

序盤も割とアクション操作を求められましたが、中盤以降はその要素がどんどん増えてくるパズルパート。

惜しい点

地味に操作が難しかったパート

本作の惜しい点を強いて挙げるとするなら、グラフィックや映像などの演出に力が注がれているため、ストーリーを考えようとすると思考が宇宙を彷徨うこと。

操作へのもどかしさを特に感じた場所

そしてアクションの、特に走る動作については、入力からワンテンポ遅れるので、とっさのアクションが求められる際、または距離を移動する際はストレスを感じやすい部分です。そのせいで死亡というのが続くと割とモチベーションに響きました。

またマップを自由に行き来するデザインではあるものの、パズルの解法に順番が設けられていることが、かえって行動の自由を狭める制限のようになってしまい、一部のステージではそのせいでプレイが窮屈に感じてしまいがちでした。でもパズルってそういうもの(自己完結)

終わりに

時には歩きではなく、乗り物を使用する場面もあります。

帰りてぇ、家に帰りてぇ……なんて軽い気持ちでプレイを始めた本作。ひとつの紙飛行機から随分と遠くへ、そしておかしな次元へ飛ばされてきました。タイトル的にもこれは、バタフライエフェクト的なアレなのでしょうか?

視覚的な演出が多いので、一体何が起きているのか、この後どうなっていくのかが気になって仕方ありません。個人的には『The Stanley Parable』で徐々におかしくなっていく世界が続く……そんなプレイ体験でした。気になった方は是非プレイしてこの先を確かめてみてください。

タイトル:『The Plane Effect』
対応機種:Windows PC向けにSteam/Epic Gamesストア/GOG.com、コンシューマ向けにPS5(国外のみ)/Xbox Series X|S(国内アリ)/ニンテンドースイッチ(国外のみ)
記事におけるプレイ機種:PC(Windows)
発売日:2021年09月23日
記事執筆時の著者プレイ時間:3.5時間
価格:通常価格 1,520円、セール価格 1,368円(21年09月30日まで)
《麦秋》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top