超リアルで硬派な銃シム『Receiver 2』日本語対応!装填、コッキング、弾詰まり…ひとつひとつ丁寧に操作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

超リアルで硬派な銃シム『Receiver 2』日本語対応!装填、コッキング、弾詰まり…ひとつひとつ丁寧に操作

銃が暴発してしまうことも。

PC Windows
超リアルで硬派な銃シム『Receiver 2』日本語対応!装填、コッキング、弾詰まり…ひとつひとつ丁寧に操作
  • 超リアルで硬派な銃シム『Receiver 2』日本語対応!装填、コッキング、弾詰まり…ひとつひとつ丁寧に操作
  • 超リアルで硬派な銃シム『Receiver 2』日本語対応!装填、コッキング、弾詰まり…ひとつひとつ丁寧に操作
  • 超リアルで硬派な銃シム『Receiver 2』日本語対応!装填、コッキング、弾詰まり…ひとつひとつ丁寧に操作

Wolfire Gamesは、拳銃シム『Receiver 2』に日本語を追加するアップデートを配信しました。

本作は弾薬の装填、コッキング、安全装置の解除、弾詰まりの解消といった他のFPSではワンボタンで簡単に済ませられるような操作を、ひとつひとつ行うことが特徴的なFPSです。

銃の設計図や資料を基に銃の機構を完全再現し、トリガーに指をかけていると銃が暴発してしまう、なんてことも発生するなどリアルさを追求した作品。また、現実で起きた発砲事件の再現データに基づく弾道学的シミュレーションにより、急所を狙ってゲームを有利に進められます。

今回のアップデートでは設定項目や、より詳細なトリガーウェイトシステムの追加のほか、日本語を含む3言語への対応も実施されました。日本語字幕はUI、ゲーム内テキスト、全テープの字幕が翻訳されているため、すんなりとシステムやストーリーに馴染めます。

『Receiver 2』は、PC(Steam)向けに配信中です。

《みお》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 新たなバイオームやゲコッと鳴く生物が!?『マインクラフト』新アップデート「The Wild Update」発表

    新たなバイオームやゲコッと鳴く生物が!?『マインクラフト』新アップデート「The Wild Update」発表

  2. 新作『Age of Empires IV』『Into the Pit』『Echo Generation』等「Xbox Game Pass」10月後半追加リスト公開

    新作『Age of Empires IV』『Into the Pit』『Echo Generation』等「Xbox Game Pass」10月後半追加リスト公開

  3. ドライビングタクシーゲーム『Taxi Chaos』Steam版リリース―おかしな乗客を乗せて街を爆走

    ドライビングタクシーゲーム『Taxi Chaos』Steam版リリース―おかしな乗客を乗せて街を爆走

  4. 第二次世界大戦の知られざる一面も描くRTS『War Mongrels』日本語対応で配信開始!

  5. リブート版『Saints Row』ウイングスーツで街を飛び回る最新ゲームプレイ映像!

  6. ゾンビに感染した母親が息子に生き残る術を教える『UNDYING』早期アクセス開始

  7. 『VALORANT』チート報告率が過去最低に―徹底したアンチチートシステムが功を奏する

  8. ペナルティエリアは一体どこ?『FIFA 22』スタジアムの色カスタマイズ機能で「ラインが見えづらくなる」状況が発生中

  9. 懐かしい「あの頃」を描く『忘れないで、おとなになっても。』Steam版の発売が決定!

  10. 10月21発売『BLUE REFLECTION TIE/帝』無料アップデート情報公開―『ソフィーのアトリエ2』との早期購入連動特典も

アクセスランキングをもっと見る

page top