タイムリミットアクションADV『UNSIGHTED』―戦略的なバトルと自由度の高い探索、現実世界のストレスを和らげるため「釣り」と「宝探し」を搭載【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

タイムリミットアクションADV『UNSIGHTED』―戦略的なバトルと自由度の高い探索、現実世界のストレスを和らげるため「釣り」と「宝探し」を搭載【開発者インタビュー】

タイムリミットが本作ではストーリー上も重要な要素となっています

連載・特集 特集
タイムリミットアクションADV『UNSIGHTED』―戦略的なバトルと自由度の高い探索、現実世界のストレスを和らげるため「釣り」と「宝探し」を搭載【開発者インタビュー】
  • タイムリミットアクションADV『UNSIGHTED』―戦略的なバトルと自由度の高い探索、現実世界のストレスを和らげるため「釣り」と「宝探し」を搭載【開発者インタビュー】
  • タイムリミットアクションADV『UNSIGHTED』―戦略的なバトルと自由度の高い探索、現実世界のストレスを和らげるため「釣り」と「宝探し」を搭載【開発者インタビュー】
  • タイムリミットアクションADV『UNSIGHTED』―戦略的なバトルと自由度の高い探索、現実世界のストレスを和らげるため「釣り」と「宝探し」を搭載【開発者インタビュー】
  • タイムリミットアクションADV『UNSIGHTED』―戦略的なバトルと自由度の高い探索、現実世界のストレスを和らげるため「釣り」と「宝探し」を搭載【開発者インタビュー】
  • タイムリミットアクションADV『UNSIGHTED』―戦略的なバトルと自由度の高い探索、現実世界のストレスを和らげるため「釣り」と「宝探し」を搭載【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Studio Pixel Punk開発、PC/スイッチ向けに10月1日にリリースされたタイムリミットアクションアドベンチャー『UNSIGHTED』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、タイムリミットを刻まれたオートマトンたちを救うため、崩壊した街を旅するアクションアドベンチャー。体内のAnimaを完全に消費したオートマトンは自我を失いUNSIGHTEDとなって暴走してしまうため、プレイヤーは記憶を失ったオートマトンAlmaとなり、生き残ったオートマトンたちの危機を救うため、冒険に旅立ちます。様々な戦闘スタイルや協力プレイも特徴。日本語にも対応済みです。

『UNSIGHTED』は、2,050円で配信中


――まずは自己紹介をお願いします。一番好きなゲームは何ですか?

Studio Pixel Punkこんにちは、Studio Pixel Punkです。Tiani PixelとFernanda Diasの二人で活動しています!Tianiがドット絵と大部分のプログラミングを担当しており、Fernandaがサウンド、音楽、プログラミングの一部を担当していますが、小さなチームということもあり、2人とも他にも様々なことをしています。私たちが一番好きなゲームは、おそらく『ゼルダの伝説』シリーズや『メトロイド』シリーズだと思います。特に『ゼルダの伝説 夢をみる島』『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』『スーパーメトロイド』ですね!

――本作の開発はなぜ始まったのですか?

Studio Pixel Punk様々なゲームの中で私たちが好きな要素を融合させたいと思い、本作の開発がスタートしました。上でも述べたように、私たちは『ゼルダの伝説』が大好きです。しかし以前から、もっと戦略的なバトルや自由度のある探索要素があれば良いなと思っていました。私たちはまた、探索アクションゲームの大ファンでもありますので、自分たちのアイデア、ストーリー、キャラクターを使いつつも似たようなゲームを作りたいと思っていたのです。

――本作の特徴を教えてください。

Studio Pixel Punk本作には常に時を刻み続けているタイマーがあります。これはつまり、プレイヤーもすべてのNPCも最終的には“UNSIGHTED”、つまり死に、モンスターになってしまうということを意味します。私たちはこのストーリー上重要な要素をゲーム内の様々なシステムに結びつけ、プレイヤーの選択に重みを加えています。誰を助け、誰を死なせてしまうのか、と言ったものです。これに加え、本作のバトルや探索にも多くのカスタマイズ要素が存在します。たくさんのショートカットがありますし、一つ一つ使い勝手が特徴的でとてもパワフルな装備もあります。これらの要素により、プレイヤーの方たちには本作を何度も繰り返しプレイしていただけると嬉しいですし、全員を救出したり、違うルートを選んだり、異なる方法でバトルをしたりしていただけると嬉しいです!

――本作はどんな人にプレイしてもらいたいですか?

Studio Pixel Punk本作は私たちのようにゲームが好きで、どこかで見たような要素が斬新な方法でミックスされているのを体験したい人向けに作りました。やり込みたいゲーマーの皆さんのために、隠し要素も大量に用意しています。ただただ早くクリアを目指したり、すべての人の救出を目指すために何度もプレイしていただくこともできるでしょう。また、「ボスラッシュモード」と「ダンジョンレイドモード」も用意してあり、「不思議のダンジョン」のようなローグライクを楽しめます。これらのモードも楽しんでいただけると嬉しいですね。

しかし、タイムリミットがあるというのは多くのプレイヤーにとって大きな不安要素になるのもわかっています。そのため、ストーリーモードをタイマーなしで遊べる「探索者モード」も用意しました。戦闘の難易度なども調整することが可能ですので、簡単すぎると思ったら調整していただくことも可能です。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Studio Pixel Punk多くの異なるものからインスピレーションを受けています。上でも述べたように、『ゼルダの伝説』と『メトロイド』シリーズからは多大な影響を受けていますし、『DARK SOULS』シリーズも参考にしていますが、その多くはちょっと予想外かもしれません。ゲームですと、『Hades』『ピクミン』『Gears of War』『牧場物語』『モンスターハンター』『悪魔城ドラキュラ』『クリプト・オブ・ネクロダンサー』。映画やアニメですと、「マトリックス」「スティーブン・ユニバース」「少女革命ウテナ」「キポとワンダービーストの冒険」「シーラとプリンセス戦士」です。本作は私たちが大好きな様々なものから影響を受けているのです!

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Studio Pixel Punkとてもありました!特に開発チームのメンタルヘルスです。パンデミックはとても大きなストレスとなりました。実はこの現実世界のストレスを受けて、本作の中でもリラックスできるように「釣り」と「宝探し」といった要素を入れています。プレイヤーの皆さんにもリラックスしていただけると嬉しいです。また、パンデミックは本作のプロモーションの方法にも影響しました。例えば、イベントに参加することなどができませんでしたので、かなりヤキモキしましたね。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか?

Studio Pixel Punkはい!ぜひしてください。たくさんの人に本作の配信をしていただいたり、本作の動画を作っていただけると嬉しいです!収益化も問題ありません。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Studio Pixel Punkたくさんの日本のプレイヤーの方々に、本作を楽しんでいただけると嬉しいです。本作の楽しみ方はいろいろありますので、ぜひ自分だけの楽しみ方を見つけてみてください!また、私たちの大好きなゲームのいくつかは日本のゲームであり、本作はそれらのゲームへのラブレターでもあります。そういった目線でも本作を楽しんでいただけると嬉しいです。ありがとうございました!

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に500を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top