香川「ゲーム依存症対策条例」新たな裁判が勃発、“頭脳プレイ”は功を奏するのか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

香川「ゲーム依存症対策条例」新たな裁判が勃発、“頭脳プレイ”は功を奏するのか

あちらを立ててばこちらが立たず。県の“スキ”をついた作戦は法廷で認められるのでしょうか。

ゲーム文化 カルチャー
ullstein bild/ullstein bild/ゲッティイメージズ
  • ullstein bild/ullstein bild/ゲッティイメージズ
  • Tim Graham/Hulton Archive/ゲッティイメージズ

先日の制定以来、多くの波紋を呼ぶ香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例」。同条例をめぐる新たな提訴が行われました。

KSB瀬戸内海放送などが伝えるところによれば、これは元高校教師ら5名が香川県の浜田知事を被告とする訴状を提出したもので、18歳の少年とその母親が「ネット・ゲーム依存症対策条例」が憲法違反だとして県に対し損害賠償を求めている裁判と関連した内容となります。該当の裁判において香川県は3人の弁護士に代理人を委任し「条例は努力義務であり、権利の侵害はない」と主張していますが、今回の裁判はその「努力義務」でしかない条例を守るために税金が使われていることが県の裁量を逸脱した違法な支出であると弁護士費用の返還と支出の差し止めを求めるものとなります。

先の裁判での主張を利用した“頭脳プレイ”ともいえる今回の新たな提訴。まだまだ同条例をめぐる波紋は収まることはないようです。

《Arkblade》
Arkblade

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ロシアの『S.T.A.L.K.E.R.』愛好家がウクライナの破壊工作員として連邦保安庁に殺害された可能性が浮上

    ロシアの『S.T.A.L.K.E.R.』愛好家がウクライナの破壊工作員として連邦保安庁に殺害された可能性が浮上

  2. ゲームキューブディスクの“正しい取り出し方”って知ってますか?20年以上を経たゲーム機の真実にあるゲーマーがついに気付く

    ゲームキューブディスクの“正しい取り出し方”って知ってますか?20年以上を経たゲーム機の真実にあるゲーマーがついに気付く

  3. 入手が大変すぎる武器…『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』リアルマネー絡むアンロック取引行為が横行

    入手が大変すぎる武器…『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』リアルマネー絡むアンロック取引行為が横行

  4. 魔法の力で異形に挑むローグライクシューティング『LONE RUIN』海外で2023年1月12日発売

  5. 『ELDEN RING』から思わず尻を大きなもので殴りたくなる「アレキサンダー」ねんどろいど発表

  6. ゲーセンマシンの取り合いがあわや刃傷沙汰…最悪の事態防いだ店員に茨城県警から感謝状

  7. 約4時間の新ストーリーを追加する『Half-Life: Alyx』キャンペーンMod「LEVITATION」配信開始!

  8. 『TES III: Morrowind』大型Mod「Tamriel Rebuilt」最新版リリース! 2つの新拡張で200のクエストを追加

  9. 「メガミデバイス」と「武装神姫」コラボ第2弾「天使型アーンヴァル」発売―過去シリーズの原型を担う浅井真紀氏自ら設計

  10. 『スカイリム SE』ニンニク外見改善Mod「Garlic - A Garlic Mod」に注目が集まる―「スターウォーズ」ネタ?を入れる遊び心も

アクセスランキングをもっと見る

page top