オートチェス風タワーディフェンス『Legion TD 2』―『Warcraft III』のModだった前作から進化し、スタンドアロン作品に【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オートチェス風タワーディフェンス『Legion TD 2』―『Warcraft III』のModだった前作から進化し、スタンドアロン作品に【開発者インタビュー】

ハマる人はめっちゃハマるやつです、これ。

連載・特集 特集
オートチェス風タワーディフェンス『Legion TD 2』―『Warcraft III』のModだった前作から進化し、スタンドアロン作品に【開発者インタビュー】
  • オートチェス風タワーディフェンス『Legion TD 2』―『Warcraft III』のModだった前作から進化し、スタンドアロン作品に【開発者インタビュー】
  • オートチェス風タワーディフェンス『Legion TD 2』―『Warcraft III』のModだった前作から進化し、スタンドアロン作品に【開発者インタビュー】
  • オートチェス風タワーディフェンス『Legion TD 2』―『Warcraft III』のModだった前作から進化し、スタンドアロン作品に【開発者インタビュー】
  • オートチェス風タワーディフェンス『Legion TD 2』―『Warcraft III』のModだった前作から進化し、スタンドアロン作品に【開発者インタビュー】
  • オートチェス風タワーディフェンス『Legion TD 2』―『Warcraft III』のModだった前作から進化し、スタンドアロン作品に【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、AutoAttack Games開発、PC向けに10月1日に正式リリースされたオートチェス風タワーディフェンス『Legion TD 2 - Multiplayer Tower Defense』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、際限なく迫り来る敵のウェーブからキングを守るオートチェス風タワーディフェンス。それぞれ異なる特徴やアビリティを持った100を超えるファイターたちで軍団を組織し、オーラやスペルで守りを固め、傭兵たちの強い攻撃で戦況を変えていきます。シングルプレイだけでなく、2対2、4対4のオンライン対戦にも対応。日本語にも対応済みです。

『Legion TD 2』は、2,050円で配信中


――まずは自己紹介をお願いします。一番好きなゲームは何ですか?

Julian本作を開発した4人のうちの1人、Julianです。『League of Legends』の開発に4年間携わった後、本作を作るために開発チームを抜けました。私の好きなゲームは『Total Annihilation』『ゲームボーイウォーズアドバンス』『Warcraft III』ですね。

もし私たちについて興味があれば、開発チームのページはこちらからご覧いただけます

――本作の開発はなぜ始まったのですか?

Julian理由は3つあります。

  1. 前作は私の親友が作った『Warcraft III』用のModでした。これがとても面白かったことから、一緒にスタンドアロンの続編を作ろうと思った。

  2. タワーディフェンスというジャンルにおいて、PC向けの競技性の高いものがありませんでした。それを変えようと思った。

  3. コミュニティと密接にコミュニケーションが取れる小さな開発チームで仕事をしてみたいと思った。

――本作の特徴を教えてください。

Julian本作はPC向けで唯一、競技性が高いタワーディフェンスです。リプレイ性も高く、とても奥深いものとなっています。昔からあるタワーディフェンスとは異なり、本作ではディフェンス、オフェンス、そしてエコノミーマネジメントという要素が存在するのです。

――本作はどんな人にプレイしてもらいたいですか?

Julian特定のターゲットはありませんが、下記のような人たちに本作は気に入っていただけているようです。

  • PC向けストラテジーゲームが好きな方

  • タワーディフェンスが好きな方

  • 『Warcraft III』『Starcraft II』『Dota 2』でカスタムゲームをプレイしてきた方

  • オートチェスが好きな方(『Teamfight Tactics』など)

  • ストラテジーカードゲームが好きな方(『ハースストーン』など)

  • 『クラッシュ・ロワイヤル』が好きな方

  • ポーカーが好きな方

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Julian本作は『Legion TD』から影響を受けた、その続編です。前作は『Warcraft III』のModでした。私の親友であるBrentが2009年に作ったもので、その時私はテストプレイヤーのリーダーでした。あの頃、私たちは2人ともまだ高校生でしたね。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Julian新型コロナは世界的なインターネットのインフラ問題を引き起こしましたので、私たちのゲームにも影響はありました。しかし、それらの問題も今では解消され、幸運にも今は新型コロナの影響はそれほど受けていません。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか?

Julianはい、大丈夫ですし、ぜひやっていただきたいです。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Julian私たちは日本と本作の日本語コミュニティが大好きです。開発チーム4人のうち3人が日本を訪れたことがあり、そのうち2人は多少日本語を話すことができます。ここ最近、多くの日本人ストリーマーの方たちが本作をプレイしている姿を見ていますし、より多くの日本人の方が本作をプレイしています。とても嬉しいことです。もし何かフィードバックがございましたら、ぜひご連絡ください。私たちはコミュニティと密にコミュニケーションをとっていきたいと思っています。本作を楽しんでいただけると嬉しいです!

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に500を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top