速さは正義!「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」で送る快適ゲーム生活 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

速さは正義!「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」で送る快適ゲーム生活

年末セールで買ったゲームをインストールするSSDはコレでキマリ!

連載・特集 特集
PR
速さは正義!「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」で送る快適ゲーム生活
  • 速さは正義!「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」で送る快適ゲーム生活
  • 速さは正義!「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」で送る快適ゲーム生活
  • 速さは正義!「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」で送る快適ゲーム生活
  • 速さは正義!「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」で送る快適ゲーム生活
  • 速さは正義!「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」で送る快適ゲーム生活
  • 速さは正義!「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」で送る快適ゲーム生活
  • 速さは正義!「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」で送る快適ゲーム生活
  • 速さは正義!「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」で送る快適ゲーム生活

年の瀬が迫り、年末セールで大量のゲームを買うゲーマーおなじみの光景もそろそろ見られる今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。「ゲームは買ったけどインストール先がもうパンパン!」という皆様に向けて、今回はWestern Digitalより好評発売中のNVMe SSD『WD_BLACK SN850 NVMe SSD』を紹介していこうと思います。

『WD_BLACK SN850 NVMe SSD』製品サイト

WD_BLACK SN850 NVMe SSDとは?

WD公式からダウンロードできる『WD_BLACK Dashboard』で上部LEDの制御・管理もできます

『WD_BLACK SN850 NVMe SSD』(以下SN850)は高速アクセス・高耐久が特徴のM.2(エムドットツー)コネクタに接続するタイプのNVMe SSDです。まず「M.2コネクタに接続するタイプのSSD」って何者?という方へ簡単に説明しますと、

  • 専用スロットに挿して使う

  • ケーブルを使わない

  • 超薄型、超小型なSSD

といった製品のことをいいます。

さらに、本製品はNVMe(Non-Volatile Memory Express)というデータ転送の新たな仕組みに対応しているため、今まで主流だったSATA接続のSSDと比べても桁違いの高速読み書きが可能になっています。

例えば、よくあるSATA接続の2.5インチSSDはシーケンシャル読み出し500~550MB/秒(1秒間あたりのデータ転送速度)といったものが主流です。さらに、NVMeに対応したM.2 SSDの中でも比較的安価なものは2000~2400MB/秒あたりが主流となっています。しかし、本製品はなんと7000MB/秒というNVMeSSDのメイン層と比べても3倍近い超高速な読み出しが可能という、もはや化け物ですね

ただ、一つだけ注意点が。本製品を最適な転送速度で使用するためには、PCIe Gen4に対応したマザーボードが必要になります。現在使用中やこれから購入予定のマザーボードを各メーカーのページでしっかり確認しておきましょう。最新のチップセットIntel「Z690」シリーズやAMD「B550」シリーズ等ならほぼ確実に、また、PCIe Gen4 x4等といった表記があればOKです。

PS5にも導入可能!性能を最大限発揮できる!

今年の秋にPlayStation 5のファームウェアアップデートが行われ、M.2 SSDが使用可能になったことは記憶に新しいところ。PS5に使用できるM.2 SSDの要件は公式サイトで確認できますが、中でも注目したいのは「シーケンシャル読み込み速度5,500MB/秒以上を推奨」という部分。前述の通り、本製品は7000MB/秒もの読み出し速度性能を持つため、バッチリ要件を満たしており、PS5の性能を最大限発揮できるのです。そしてもちろん、しっかりと公式に動作確認済みとりあえずこれ買っておけばOK!ということですね。ちなみに、PS5で使用するM.2 SSDにはヒートシンクが必要です。本製品もすべての容量モデルにヒートシンク搭載・非搭載の2種類がありますので、PS5で使う際には搭載型を使いましょう。

実際に使ってみる!

今回は幸運なことにこのSN850をお借りすることができたので、筆者が普段仕事や遊びに使っているメインのPCに取り付け、その性能を体験してみます。

こちらが商品パッケージ。黒とオレンジの2色デザインです。今回は2TB・ヒートシンク搭載モデルをお借りしています。

パッケージ裏面。シールを剥がして中身を取り出してみましょう。

中身です。凹凸のあるヒートシンクにはWD_BLACKの文字が。

サイズ感を把握してもらうために100円を置いて撮影。小型っぷりが伝わるでしょうか。

筆者が使用しているマザーボードです。ピンクの円部分の端子に取り付けます。黄色い円のネジ穴はM.2 SSDの逆側を固定するためのネジを取り付ける用。いくつもマザーボードに用意されているのは様々なサイズのSSDに対応するためです。

本製品をサクッと差し込んで…。

ネジ止めして完了。取り付け手順はこれだけです。

デスクトップ左下のWindowsアイコンを右クリック→ディスクの管理でも開けます。

パソコンを立ち上げ、スタートメニュー→Windows管理ツール→コンピューターの管理→ディスクの管理を選択。「未割り当て」となっている項目が今取り付けたSSDです。

このあたりの細かい設定は基本的に初期状態で行っています。

あとは「ディスクの初期化」と「新しいシンプル ボリューム」を行えば……。

無事認識されました。慣れていない人でも30分ほどあれば設定は終えられると思います。

いざテスト開始!

PCのセッティングも完了したので、ゲームをインストールしていきます。今回は現在PCゲーマーがわりとメインで使っているだろう、実際のところ筆者もゲーム用に使っているSATA接続のSSDを用意し、両者に同じゲームをインストール。ゲームを起動してスタートさせてから動けるようになるまでの読み込み時間などを計測してみます。

こちらが今回比較する2つのSSDの転送速度を『CrystalDiskMark』で計測した画像。1枚めがSN850、2枚めがSATA接続のSSD、1TBモデルです。既に使用している容量の差はありますが、普段使いのPCのインストール先からSN850に乗り換えた時にどうなるか、という方針のためこのまま計測を行います。

筆者のPCの環境は以下の通り、このマシンで計測を行います。

CPU:AMD Ryzen 7 3700X

マザーボード:ASUS TUF GAMING X570-PLUS

GPU:ASUS TUF-RTX3070-O8G-GAMING

メインメモリ:32GB

ファイナルファンタジーXIV

※数値は編集部独自の計測によるものです

デジョンでホームに帰還(キャストタイムが終わってから動けるようになるまで)

SSD :平均3.06秒

SN850:平均2.54秒

エリア移動(中央ザナラーン→ウルダハ:ナル回廊)

SSD :平均2.86秒

SN850:平均1.98秒

今月初頭に最新拡張パッケージ『ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ』が発売されたばかりの本作。どのMMORPGにも言えることかもしれませんが、比較的プレイ時間が長めになるため、ロード時間は少しでも短縮してどっぷりと世界に入り込みたい方も少なくないのではないでしょうか。今回はマップ間の移動のロード時間を計測してみました。結果は0.5~1秒近い短縮が可能に。プレイ時間が長くなればなるほど、当たり前ですがマップ間移動などは回数が多くなるため、ストレスなく遊ぶことができそうです。ちなみに『ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ ベンチマーク』も試してみましたが、そちらもロード時間が13.886秒→9.953秒と大幅に短縮されました。ベンチマークガチ勢にもオススメですよ。

Farcry6

※数値は編集部独自の計測によるものです

既存のセーブデータをロード、読み込みが終わって動けるようになるまで

SSD :平均10.59秒

SN850:平均9.30秒

カリブ海の架空の国「ヤーラ」でゲリラとなって暴れまくるオープンワールド系シューター。こちらでも計測してみたところ、読み込み時間がしっかりと短縮されています。最初の読み込み以外にも、プレイ中にファストトラベルを使う際もロードが入るので、約1秒の短縮とはいえ合計するとかなりのもの。また、こちらは計測していなかったのですが、ゲーム起動時のキャッシュチェックの時間も体感でかなり早くなっていたので、すぐさまヤーラに入り込むことができそうです。

XCOM2

※数値は編集部独自の計測によるものです

兵士を選んだ後のミッション開始から「何かキーを押して開始」が出るまで。

SSD :平均24.91秒

SN850:平均18.14秒

人類とエイリアンの戦争を描くターン制ストラテジー。こちらは大幅にロード時間が短縮されました。いわゆるこのゲームのメインディッシュであるところのバトルに入る前の読み込みがここまで短くなるというのは、非常に価値が高いのではないでしょうか。

多数のロードを挟む主要なゲーム作品で計測を行いましたが、SN850の持つ高速読み書き性能のおかげで、どんなゲームでも確実にロード時間が短くなり、快適に遊べることがわかりました。とりあえずゲームはすべてSN850にインストール、とするだけで非常にストレスフリーに遊べるようです。


本稿で紹介した『WD_BLACK SN850 NVMe SSD』は自身のゲーミングライフがサクサク快適になってしまう逸品でした。今回、ゲームプレイ以外の計測は行いませんでしたが、5GB近い自分のゲーム録画ファイルも2秒もしないうちにコピーが完了したのは感動すら覚えました。自分への今年のご褒美にいかがでしょうか!

2TBモデルはちょっと手が出せないかも…な人にはリーズナブルな1TB・500GBモデルもラインナップ。読み込み速度はもちろん2TBモデルと変わらないので、自分のお気に入りソフトを厳選してインストール、快適ゲームライフを手に入れましょう。

ちなみに現在Western Digitalはプロeスポーツチーム「DetonatioN Gaming」のスポンサード中。eスポーツシーンを応援するため、秋葉原駅前デジタルサイネージではCMも放映しています。

『WD_BLACK SN850 NVMe SSD』は各種PCショップ・通販サイトなどで購入可能です。

『WD_BLACK SN850 NVMe SSD』製品サイト


《KADEN》
KADEN

三度の飯とゲームが好き KADEN

1986年、横浜に生まれ落ちる。祖父が持っていたPC9800シリーズとFM-TOWNSによって目覚め、Dreamcast版タイピングオブザデッドに教育され、正月に購入したHalf-Life 2とBattlefield 2によって後戻りできなくなる。 最近はゲームにかこつけて料理の記事も上げたりする。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top