任天堂旧本社がホテル「丸福樓」として2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂旧本社がホテル「丸福樓」として2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】

任天堂旧社屋に泊まれる!ホテル「丸福樓」として、2022年4月オープン。

ゲーム文化 カルチャー
任天堂旧本社がホテル『丸福樓』として、2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】
  • 任天堂旧本社がホテル『丸福樓』として、2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】
  • 任天堂旧本社がホテル『丸福樓』として、2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】
  • 任天堂旧本社がホテル『丸福樓』として、2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】
  • 任天堂旧本社がホテル『丸福樓』として、2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】

京都市下京区鍵屋町にある任天堂旧本社ビルが、ホテル『丸福樓(まるふくろう)』として、2022年4月より開業することが明らかになりました。

1974年に任天堂の前身である山内任天堂が、花札・かるた・トランプの製造や販売を目的として「丸福株式会社」を設立。その“丸福”という屋号が、今回のホテル名に含まれた形となります。

客室は7つのスイートを含む全18室。旧社屋で使われていた当時の建築様式や内装を活かした「既存棟」と、世界的建築家である安藤忠雄氏が設計監修をした「新棟」があり、全室調度品が異なるほどのこだわりが込められているのだとか。

場所は京都駅から車で6分。鴨川と高瀬川の間に位置しています。緑色の瓦屋根と外壁のタイルという、特徴的な外観が目印。歴史を刻んできた建物で、ゆったりとした時間が過ごせそうです。

公式サイトからは、既に宿泊の予約申込が可能です。料金は部屋によって異なり、1泊約7万円前後のものから、約20万円の「丸福樓スイート」まで様々。現在は開業記念として、10%オフになる特別プランも用意されています。

「丸福樓スイート」の部屋画像。(公式サイトからのスクリーンショット)

任天堂旧本社がホテル『丸福樓』として、2022年4月オープン!1泊20万円のスイートルームも【予約受付開始】

《ねんね太郎》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 武侠スタイル2.5DピクセルRPG『Code Name: Wandering Sword』Steamページ公開

    武侠スタイル2.5DピクセルRPG『Code Name: Wandering Sword』Steamページ公開

  2. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

    これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  3. 基本プレイ無料WW2協力ゾンビFPS『Projekt Z』Kickstarterをキャンセル

    基本プレイ無料WW2協力ゾンビFPS『Projekt Z』Kickstarterをキャンセル

  4. 名画の中へダイブ!ゴッホ作「星月夜」が『マインクラフト』で“立体的”な探索可能マップで再現

  5. 『VALORANT』の名プレイヤー・makiba選手が競技シーン復帰!所属チーム「ZETA DIVISION」からFA宣言も

  6. 松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

  7. 「ゆっくり茶番劇」ドワンゴが商標登録への4つのアクション発表―所属コミュニティーからは権利抹消申請の報告も

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 『F.E.A.R』ライクな強化兵士ガンフーFPS『Trepang2』最新ティーザー!新デモは6月に公開

  10. 感染禍の東京を描いた珈琲ゲーム、自分を古墳と思い込む男の子のADVに要注目―ゲムスパ注目インディーWavesその1【ILE2022】

アクセスランキングをもっと見る

page top