『バトルフィールド 2042』返金要求署名ついに20万人突破―署名サイト側スタッフからのコメントも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バトルフィールド 2042』返金要求署名ついに20万人突破―署名サイト側スタッフからのコメントも

別の発起人による署名活動ではソニー側担当者とのやり取りを公開。

ニュース ゲーム業界
『バトルフィールド 2042』返金要求署名ついに20万人突破―署名サイト側スタッフからのコメントも
  • 『バトルフィールド 2042』返金要求署名ついに20万人突破―署名サイト側スタッフからのコメントも
  • 『バトルフィールド 2042』返金要求署名ついに20万人突破―署名サイト側スタッフからのコメントも
  • 『バトルフィールド 2042』返金要求署名ついに20万人突破―署名サイト側スタッフからのコメントも

オンライン署名サイト「Change.org」で開始された『バトルフィールド 2042』の返金対応を求める署名活動にて、賛同者がついに20万人を突破しました。

2月9日に5万人を、2月11日に13万人を越えたこの署名活動は、同作が虚偽広告により消費者に70ドルを浪費させ世界中で何千人もの顧客に動揺を与えたとして、全プラットフォームでの返金対応を求めたものです。偽名の可能性を指摘されている発起人サトシ・ナカモト氏からの新しい声明は現段階では確認できていませんが、「Change.org」公式スタッフから本件に対するコメントが出されています。

コメント内では「この申し立てに関するニュース記事が米国内だけでも240以上が出されています。そしてNewsweekはエレクトロニック・アーツに対し本件に関するコメントを求めました」とアナウンスが。続けて「EAからNewsweekへの返答は今のところ確認されていません。しかし、本件の存在をこのまま無視し続けることは出来ないでしょう」と語りました。

また、同サイト内で行われているEzekiel gonzales氏が開始した別の署名活動では、ソニーの担当者とのやり取りを公開しています。その中で「EAの側からソニーに対して、作品が欠陥品であるとの連絡がされない限り、返金は行えない事になっている」と繰り返し伝えられたことを明かしました。


《留原そうん》
留原そうん

ティータイムを堪能する為に生きています 留原そうん

フォーマルなお茶会にあまり良い思い出がない。メタフィクション的テーマのゲームによって定期的に心を砕かれています。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

    「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  2. 『いっき』『アトランチスの謎』で知られる「SUNSOFT(サンソフト)」が令和に復活!

    『いっき』『アトランチスの謎』で知られる「SUNSOFT(サンソフト)」が令和に復活!

  3. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

    『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  4. 大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」のGTA的ゲーム計画は暗礁に乗り上げたまま…“期待しないほうがいい”

  5. 小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

  6. 【期間限定無料】多彩な一皿を素早く調理し提供!料理ACT『Cook, Serve, Delicious! 3?!』Epic Gamesストアで配布開始

  7. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  8. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

  9. 米大手ゲーム小売GameStopのNFTマケプレで無許可インディーゲーム販売―物議を醸す中でさらなる問題

  10. カバーを飾るのは大谷翔平! SIE開発『MLB The Show 22』はPS/Xboxに加えてスイッチでも発売

アクセスランキングをもっと見る

page top