思わず共感!『ウィッチャー』あるあるを描いたファンメイド実写ショートムービー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

思わず共感!『ウィッチャー』あるあるを描いたファンメイド実写ショートムービー

オープンワールドゲームあるあるとも言える。

ゲーム文化 カルチャー
思わず共感!『ウィッチャー』あるあるを描いたファンメイド実写ショートムービー
  • 思わず共感!『ウィッチャー』あるあるを描いたファンメイド実写ショートムービー
  • 思わず共感!『ウィッチャー』あるあるを描いたファンメイド実写ショートムービー

ゲームに関するコメディ映像を手がけるオタク集団Viva La Dirt Leagueが、人気RPG『ウィッチャー3 ワイルドハント』にありがちなことを実写映像化した「Overloading with quests in The Witcher」を公開しました。

新たな村に着いたゲラルトは脇目もふらず掲示板へ。そして依頼書を次々と手に取り片っ端からクエストを受注してしまいます。大量の依頼書を渡されたダンディリオンも思わず呆れ顔……といった内容になっています。

しかしながら、このゲラルトのようにとりあえず全部のクエストを受注してしまうプレイヤーは多いのではないでしょうか。また、『ウィッチャー』に限らず他のオープンワールドゲームにおいてもあるあるのネタと言えるかもしれません。

Viva La Dirt Leagueでは他にも「Escape from Tarkovあるある」「FPSのキャンペーンあるある」「レッド・デッド・リデンプション2の善人プレイあるある」「DARK SOULS初心者あるある」など、多くの方が共感できそうなネタ映像を公開しているので、是非チェックしてみて下さい。



《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』第9回「CRカップ」の開催が6月4日に延期-カスタムマッチの「エラー落ち」が改善されないため

    『Apex Legends』第9回「CRカップ」の開催が6月4日に延期-カスタムマッチの「エラー落ち」が改善されないため

  2. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

    波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  3. 小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

    小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

  4. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  5. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  6. ゆったり養蜂シミュレーション『APICO』配信開始! ハチの繁殖や保護を体験

  7. 2人のゲームクリエイターの物語描く『GOODBYE WORLD』2ndトレイラー公開!

  8. 天の川銀河の中心へ!『マインクラフト』驚愕のブラックホール再現が公開―過去には中性子星なども作成

  9. 世界中で愛される「アストロ」が“ねんどろいど”でフィギュア化発表

  10. 迷い込んだのは毎日構造が変わる不思議な塔?『常世ノ塔』Steam/スイッチで6月2日に正式リリース【INDIE Live Expo 2022】

アクセスランキングをもっと見る

page top