制作に210時間!レゴで作った等身大「ドゥームスレイヤー」が公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

制作に210時間!レゴで作った等身大「ドゥームスレイヤー」が公開

“ブロック”スレイヤーは44,500個のレゴで構成され、重さは87.1kgです。

ゲーム文化 カルチャー
制作に210時間!レゴで作った等身大「ドゥームスレイヤー」が公開
  • 制作に210時間!レゴで作った等身大「ドゥームスレイヤー」が公開
  • 制作に210時間!レゴで作った等身大「ドゥームスレイヤー」が公開
  • 制作に210時間!レゴで作った等身大「ドゥームスレイヤー」が公開

ベセスダ・ソフトワークスUKは、YouTubeにて等身大の「ドゥームスレイヤー」をブロックで制作する動画を公開しました。

この立像は『DOOM』シリーズに登場する「ドゥームスレイヤー」の等身大モデルで、レゴのブロックで作られたことから「ブロックスレイヤー」と呼ばれています。レゴのモデルを制作・展示するグループ「BRICK LIVE」のチームによって制作され、210時間かけて完成したといいます。44,500個のレゴで構成され、重さは87.1kgとのことです。

制作チームのLaura Kellyさんはインタビューで「ドゥームブレードが一番トリッキーな部分でした。まっすぐな物を角度をつけて取り付ける必要があるからです。」とコメント。「(ブロックの)各色の色合いは限られているので配色は難しいチャレンジでした。」と続け、「制作全体で最も難しかったのはディテールアップとガントレット、ブーツ、肩甲などの細部を見えるようにすることです。」と答えています。

また、同じく制作チームのPhillip Webbさんは「このプロジェクトをきっかけにビデオゲームに関連するモデルの制作が続いて欲しい。同じスケールで「DOOMコーン」のスレイヤースキンのドゥームスレイヤーを作るのも楽しそうです。」と語りました。



《DH》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』アニメ「サイバーパンク エッジランナーズ」の画像もちらり―6月6日開幕「Netflix Geeked Week」予告映像公開

    『サイバーパンク2077』アニメ「サイバーパンク エッジランナーズ」の画像もちらり―6月6日開幕「Netflix Geeked Week」予告映像公開

  2. PC版『ELDEN RING』にNPCやボスを召喚できるMODが登場―狭間の地に旅の道連れ

    PC版『ELDEN RING』にNPCやボスを召喚できるMODが登場―狭間の地に旅の道連れ

  3. 再現度抜群! ゲーム版「悪魔のいけにえ」原作映画との比較映像公開

    再現度抜群! ゲーム版「悪魔のいけにえ」原作映画との比較映像公開

  4. 宿命のライバルが見つかるかも?『シャドウ・オブ・モルドール』に影響受けた『スカイリム』MOD「Shadow of Skyrim」が開発中

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. NINTENDO64実機で動作するデメイク版『Portal』を海外ファンが開発中!

  7. あの問題作『POSTAL』のドリームキャスト移植版が完成! 日本語音声も収録して6月発売予定

  8. 『ELDEN RING』メリナの語尾に「メリ」を付けるだけのMOD登場―開口一番「はじめましてメリ」

  9. 性的にもオープンワールドな大人向け官能サバイバルRPG『Wild Life』のKickstarterが開始!

  10. もっと過激に?闇深アイドル管理シム『アイドルマネージャー』カットコンテンツを復活させる非公式パッチ登場

アクセスランキングをもっと見る

page top