パルクールアクションADV『Sephonie』―ストーリーは堀田善衛の「審判」のような歴史的な小説からの影響も【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

パルクールアクションADV『Sephonie』―ストーリーは堀田善衛の「審判」のような歴史的な小説からの影響も【開発者インタビュー】

不思議な世界観も特徴です。

連載・特集 特集
パルクールアクションADV『Sephonie』―ストーリーは堀田善衛の「審判」のような歴史的な小説からの影響も【開発者インタビュー】
  • パルクールアクションADV『Sephonie』―ストーリーは堀田善衛の「審判」のような歴史的な小説からの影響も【開発者インタビュー】
  • パルクールアクションADV『Sephonie』―ストーリーは堀田善衛の「審判」のような歴史的な小説からの影響も【開発者インタビュー】
  • パルクールアクションADV『Sephonie』―ストーリーは堀田善衛の「審判」のような歴史的な小説からの影響も【開発者インタビュー】
  • パルクールアクションADV『Sephonie』―ストーリーは堀田善衛の「審判」のような歴史的な小説からの影響も【開発者インタビュー】
  • パルクールアクションADV『Sephonie』―ストーリーは堀田善衛の「審判」のような歴史的な小説からの影響も【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Melos Han-Tani氏とMarina Kittaka氏開発、PC/Mac向けに4月13日にリリースされたパルクールアクションアドベンチャー『Sephonie』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、無人島である「セフォニー島」にたどり着いた3人の生物学者を主人公に、島の地下に広がる巨大な空洞を探索していく3Dアクションアドベンチャー。ジャンプやウォールランを駆使して高低差のある地形をダイナミックに動き回り、時にはパズルゲームを使って島に生息する未知の生物たちとリンクし、島に眠る謎を解き明かしていきます。日本語にも対応済み。

『Sephonie』は、2,980円で配信中


――まずは自己紹介をお願いします。一番好きなゲームは何ですか?

Melos Han-Tani氏(以下Melos)こんにちは、Melos Han-Taniです。東京に住んでいます。特別好きなゲームというのはありませんが(リサーチ目的でたくさんのゲームをプレイしていますが)、もしいくつか選ばなければいけないとしたら、『YU-NO』『Kentucky Route Zero』『洞窟物語』『エルテイルモンスターズ』ですね。記憶に残る雰囲気や質の高さが決め手です!

――本作の開発はなぜ始まったのですか?

Melos私は日本、台湾、アメリカの関係性に関するゲームを作りたいと思いました。例えばアメリカが日本と台湾に及ぼす力であったり、日本が台湾を植民地化していた過去などについてです。また、私たちは超現実的な洞窟を探索するうちに変わっていく生物学者たちの冒険を描きたいと思い、それが本作において3Dアクションゲームとなったのです。

――本作の特徴を教えてください。

Melosユニークなアクションが満載ですし、周りの3D環境をしっかりと観察しないと先に進めないようになっています。また、「パズルグリッドシステム」と呼ばれるパズルが登場し、ゲームに登場する様々な生物たちをリンクさせていきます。そしてストーリーは超現実的であり、感情的であり、小説のようなクオリティとなっています。アイデンティティと3人の台湾人生物学者(出身はそれぞれ日本、アメリカ、台湾)の物語が描かれるのです。

――本作はどんな人にプレイしてもらいたいですか?

Melosよくできたストーリーやユニークで革新的な3Dのゲームプレイが好きな人に遊んでいただきたいです!また、自分の国との関係性について興味があるあらゆる人にもプレイしてもらいたいと思っています。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Melosストーリーは堀田善衛の「審判」のような歴史的な小説や、ハイケ・ガイスラーの「Seasonal Associate」といった本の他、東アジアや東南アジアの歴史本から影響を受けています。『Tony Hawk's Pro Skater』のような3Dアクションからは、ステージデザインにおいて影響を受けました。また、本作に登場する3D空間は私の写真や私が好きな東京散歩からインスパイアされています。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Melos多少遅延は発生しましたが、開発はリモートで行なっていたので、最終的にそれほど問題にはなりませんでした。新型コロナはストーリーにも少し影響を与えていますが…これ以上話すとネタバレになってしまいますね!

――本作の配信や収益化はしても大丈夫ですか?

Melosはい。

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Melos自然にできた洞窟から都会的な空間まで、本作に登場するエリアを楽しんでいただけると嬉しいです。東京に影響を受けている場所もあり、もしあなたが東京にお住まいでしたら、サンシャインシティのように気づいてしまう場所がいくつかあるかもしれませんよ!

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に500を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。



《Chandler》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top