ド派手撃ちまくりFPS『Serious Sam:Siberian Mayhem』大型アップデート「Tomorrow」配信開始―サバイバルモードや新マップなどを追加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ド派手撃ちまくりFPS『Serious Sam:Siberian Mayhem』大型アップデート「Tomorrow」配信開始―サバイバルモードや新マップなどを追加

他にも、新旧キャラの追加やSteam WorkshopとSerious Editorが利用可能になるなど多岐にわたります。

PC Windows
ド派手撃ちまくりFPS『Serious Sam:Siberian Mayhem』大型アップデート「Tomorrow」配信開始―サバイバルモードや新マップなどを追加
  • ド派手撃ちまくりFPS『Serious Sam:Siberian Mayhem』大型アップデート「Tomorrow」配信開始―サバイバルモードや新マップなどを追加
  • ド派手撃ちまくりFPS『Serious Sam:Siberian Mayhem』大型アップデート「Tomorrow」配信開始―サバイバルモードや新マップなどを追加
  • ド派手撃ちまくりFPS『Serious Sam:Siberian Mayhem』大型アップデート「Tomorrow」配信開始―サバイバルモードや新マップなどを追加
  • ド派手撃ちまくりFPS『Serious Sam:Siberian Mayhem』大型アップデート「Tomorrow」配信開始―サバイバルモードや新マップなどを追加
  • ド派手撃ちまくりFPS『Serious Sam:Siberian Mayhem』大型アップデート「Tomorrow」配信開始―サバイバルモードや新マップなどを追加
  • ド派手撃ちまくりFPS『Serious Sam:Siberian Mayhem』大型アップデート「Tomorrow」配信開始―サバイバルモードや新マップなどを追加
  • ド派手撃ちまくりFPS『Serious Sam:Siberian Mayhem』大型アップデート「Tomorrow」配信開始―サバイバルモードや新マップなどを追加
  • ド派手撃ちまくりFPS『Serious Sam:Siberian Mayhem』大型アップデート「Tomorrow」配信開始―サバイバルモードや新マップなどを追加
アップデートトレイラー

Devolver Digitalは、人気FPSシリーズ最新作『Serious Sam:Siberian Mayhem』の大型アップデート「Tomorrow」をPC(Steam)向けに配信開始しました。

本作は、シングルとオンライン協力プレイに対応するド派手な一人称視点シューター。プレイヤーは、サム・ストーンとしてロシアのシベリアを舞台に、メンタルによるエイリアンの侵略に豊富な銃火器で立ち向かいます。今回配信された大型アップデート「Tomorrow」では、サバイバルモードや6つの新マップの実装、新たな実績とアンロック要素、新旧キャラクターの追加、ゲームプレイやグラフィックスの修正、Steam WorkshopとSerious Editorが利用可能になるなど多岐にわたります。

主な変更点は下記です。

新規コンテンツ

  • Steam WorkshopとSerious Editorが利用可能になりました。

  • サバイバルモードが登場。素晴らしいビジュアルと悪趣味な音楽で、6つの全く新しいレベルをご覧ください。ソロでも、友達と協力しても楽しめる。ホルス・サンクチュアリ、ドラゴン・ゲート、キャッスル・オブ・ペイン、クレア・フォートレス、ザ・スノーライダー、モンキー・キャニオン。

  • 新しいプレイヤーモデルの追加。シリアスサミー、ダークデリラ、バイカーブレイズ、クリアクルト、デボルバデュード、オクタニアンオレグ、ビーストオブザアポカリプス、シリアスサムクラシックです。

ゲームプレイの改善

  • ホバーボードのHPを500から300に減少。

  • 協力モードでの「プレイヤーごとの敵の強さ」のデフォルトを0に変更しました。

  • マインフィールドがライダーと一緒に死ぬようになりました。

  • モンスターに乗ろうとしたときに「使用」を押すことで、誤ってすぐにマウントを解除してしまう問題を修正(マウント解除までに時間がかかるようになったため)。

  • 一部の敵で獲得できるポイントが少なすぎたため、これを調整しました。

  • マイナーバイオメカノイドが、死亡時にパーティングショットを行うようになりました。

  • パイロとドラコニアンバーナーの敵を近接攻撃で倒したときに与えられるヘルスが増加しました。

  • カットシーンが始まるとT.A.C.T.ガジェットが停止するようになりました。

ビジュアルの修正

  • ウェポンホイールのプレビューアイコンが追加され、両方の代替ウェポンスキンに対応。

  • カットシーンを最適化し、カットシーン開始前のフェード・トゥ・ブラックを含む微調整を実施。

  • 壁に貼られたポスターや床に書かれたマークなどのデカールにプレイヤーが近づくと消えてしまう問題を修正

  • 目的地までの道筋に対して大きすぎる車両を運転している場合、ウェイポイントの距離が正しく表示されない不具合が修正されました。

  • すべてのレベルにおいて、視認性やセクタリングに関するいくつかの問題を修正。

  • ボス戦の最後にブランド将軍が蒸発することがある問題を修正しました。

  • プレイヤーモデルにおける様々なビジュアルの修正

  • 全てのレベルにおいて、様々なビジュアルの修正を行いました。

他、修正点はこちらでご確認ください。

シベリアを舞台に撃ちまくる『Serious Sam:Siberian Mayhem』アップデート「Tomorrow」はPC(Steam)を対象に配信中。また、本編『Serious Sam:Siberian Mayhem』は5月10日まで20%オフの1,640円で発売中です。

《DOOMKID》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

    『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

  2. 美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

    美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

  3. 最大60人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』オープンベータテストがスタート―早期アクセスは6月1日より

    最大60人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』オープンベータテストがスタート―早期アクセスは6月1日より

  4. 竜の背中でスローライフする村運営SLG『ドラゴノーカ』Steam版2022年内に発売!【INDIE Live Expo 2022】

  5. ポップでキュートな3vs1非対称型バトル『グーニャモンスター』発表!Steamストアページ公開―人気イラストレーター寺田てら氏がデザイン手掛ける【INDIE Live Expo 2022】

  6. 名状しがたき奇怪な世界を生き延びるコズミックホラー『SIGNALIS』2022年秋リリース決定!【INDIE Live Expo 2022】

  7. 『ロードス島戦記-DiWL-』開発元が手掛ける横スクSTG『DRAINUS』Steam配信開始!エネルギーを吸収する機体で大帝国に立ち向かえ【INDIE Live Expo 2022】

  8. ゲーミングPC初心者にもオススメしたい!良い意味で「ちょうどよい」サイコムのゲーミングPC「G-Master Velox Intel Edition」の魅力に迫る

  9. 発売4日で売上50万、同接10万突破!オープンワールド吸血鬼サバイバル『V Rising』が好調なセールスを発表

  10. 亡き妻の為にサキュバスを生贄にする歪な恋愛錬金術シム『My Lovely Wife』配信日が6月8日に決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top