『FFXIV』外部ツールの使用は一貫して「一切禁止」UIの将来的な機能改善にも言及 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『FFXIV』外部ツールの使用は一貫して「一切禁止」UIの将来的な機能改善にも言及

今回の声明ではエミュレーションサーバーなどにも触れています。

PC Windows
『FFXIV』外部ツールの使用は一貫して「一切禁止」UIの将来的な機能改善にも言及
  • 『FFXIV』外部ツールの使用は一貫して「一切禁止」UIの将来的な機能改善にも言及
  • 『FFXIV』外部ツールの使用は一貫して「一切禁止」UIの将来的な機能改善にも言及
  • 『FFXIV』外部ツールの使用は一貫して「一切禁止」UIの将来的な機能改善にも言及

ファイナルファンタジーXIV(FFXIV)』のプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏は、本作における外部ツールの是非やそれにまつわる見解について声明を出しました。

本作ではパッチ6.11より、絶レイド「絶竜詩戦争」が実装。5月9日には公式Twitterアカウントにて「(本レイドの)クリアチームが誕生しました。おめでとうございます!」と祝いの言葉が寄せられていますが、同時に掲載されたリンク先の投稿では外部ツールを一切禁止することが明言されました。

『FFXIV』において絶レイドはその難度の高さもあり、ユーザー間では“誰が先にクリアするか”という点も注目されるコンテンツです。ユーザー間での競争激化に伴い、ゲームプレイを補助する外部ツール使用の是非が話題になりやすかったものの、2020年2月6日に配信された「第57回FFXIVプロデューサーレターLIVE(PLL)」では「使用しないでください」とする傍ら、「OK/NGの線引きをすることはできません」というスタンスを取っていました。

しかし、「絶竜詩戦争」では特定のクリアチームがツールの使用を認めたため(記事公開時点でツイートは削除済みだが Googleキャッシュより確認 5/10 11:00)、今回の声明に繋がったものと思われます。公式により具体的な基準が示されましたが、Reddit等のコミュニティでは外部ツールの正当性について激しい議論が交わされているのが現状です。

一方で、前述のPLLでは“ダメージ計算ツール”に関して「コミュニティで諍いの火種になり得る」と見解を示していたものの、今回「情報量を増やすような情報表示ツールの使用について」は「HUD各種機能の拡張」を目指すと表明されています。

また本件に関しては「本文は『全文』で意味を成しますので、一部の抜粋や切り抜きによる拡散は控えていただけますと幸いです」とのことなので、以下に全文を掲載します。

外部ツールの使用について

ファイナルファンタジーXIV利用規約にありますとおり、『外部ツールの使用は一切禁止』となります。調査のうえでツールの使用が認められた場合、アカウント一時利用停止(サスペンド)や繰り返しの際にはアカウント永久利用停止(BAN)などのペナルティが与えられます。


外部ツールの定義について

一部プレイヤーの方から、『何がOKで何がNGなのか決めて欲しい』というお声を頂戴することがございます。しかし、世界中で開発され、インターネットを経由して拡散するすべての外部ツールや機能を網羅し、各種ゲーミングデバイスに存在する機能まで含めて調査すること、線を引くことは、残念ながら物理的に不可能です。そのため『外部ツールの使用は一切禁止』という文言に集約されることになります。


一方で、我々がプレイヤーの皆さんのPCに何がインストールされているかをチェックすることはできないため、現実的にすべての使用を調査し、罰則を適用し、取り締まりを100%にすることもまた不可能と言わざるを得ません。しかし、『我々が優先的に調査する際の基準』を明確にしておくことは可能です。その一例を以下に記載しておきます。


  • ゲーム/コンテンツの攻略を容易にするような外部ツールや機能の使用

  • HUDなどユーザーインターフェースを改変して表示項目を増やす外部ツールや機能の使用(※)

  • 情報パケットを改ざんする外部ツールや機能の使用

  • また、これらを助長するような発言、使用を公言するような行為/行動

このような事例が発覚し、調査が行われ、その使用が確定と判断された場合には、利用規約に則りアカウントに対して一時利用停止や永久利用停止が行われています。またこれは、規約の変更など大きなアナウンスが無い限り、取り締まりが継続され、変わることはありません。


チートとツール/悪意あるプログラムへの感染リスク

チートとはプログラムを改ざんし、あり得ない事象を引き起こすようなことであり、サーバークライアント間の通信で成り立つFFXIVでは、他のオンラインゲームに比べそれを行うのは困難です。また、こちらのセキュリティ対策は日々強化されており、これは今後も変わりません。一方で一般的に言われるツールとは、FFXIVサーバーから送られる情報の内容を画面上にオーバーレイで追加表示したりするもの(以降「情報表示ツール」と呼びます)から、正式な情報パケットに偽装し、キャラクター座標を移動させるようなものなど様々に存在します。後者のパケット偽装などを行うツールは、自動的にログを調査/検出する機能が動作しており、一気に取り締まりを行うなど、常にその対応を行っています。


このように、ツールを使えば全自動で高難度コンテンツがクリアできるといったものではありませんし、ペナルティリスクも高く、興味本位でご使用にならないようお願いいたします。


各種外部ツールやそのプラグインのダウンロードの際、悪意あるウイルスプログラムや、パスワードを抜き取るようなスパイウェアなどに感染されるケース、ご相談も多発しております。ご自身のPCを保護するためにも、正しい知識を持ち、不用意に外部ツールや出自不明なソフトウェアのダウンロードを行わないなど、注意を怠らないようにしましょう。


(※)HUDなど各種ユーザーインターフェースの機能強化について

前述したHUDの機能を拡張し、情報量を増やすような情報表示ツールの使用については、コンテンツを攻略するうえで「あったら便利」と思われる機能の不足に起因していると考えています。いまいちど、主だった情報表示ツールの機能を調査し、これらの使用を控えていただくためにも、今後より一層HUD各種機能の拡張を目指してまいります。これには多少のお時間をいただくことにはなりますが、PlayStation®4/PlayStation®5といったコンソールでプレイされているプレイヤーの方のためにも、より便利で機能的な拡張を目指していくつもりです。


高難度コンテンツとレイドレースについて

FFXIVの各種高難度コンテンツにおいて、非公式としてワールド1stクリアを競う『レイドレース』が行われていることは我々も認識しています。そして、そのこと自体は、ゲームを開発している側としてとても嬉しく感じています。レイドレースが行われるようなゲーム自体が少なく、レイドレースが開催されるゲームに成長できたこと、そしてそれだけ多くの方が、クリアに挑戦するだけでなく、そのレースの配信視聴を楽しまれていらっしゃるためです。


一方でレースである以上は、外部ツールなどを用いず、正しく競い合って欲しい、というのが我々の切なる願いです。開発チーム/コンテンツ調整スタッフは、FFXIVに実装されている機能のみで、クリアできることを実証してコンテンツをリリースしています。


今回パッチ6.11でリリースとなった『絶竜詩戦争』は、間違いなく過去のすべてのコンテンツの中で、最も難しいものに仕上がっています。絶バハムート討滅戦と比較される方がいらっしゃるかもしれませんが、プレイヤースキルの向上やアクション数の増加、ギミックの複雑化などを踏まえると、今回の方がより難しくなっています。それをあれだけの短期間でクリアする、そのプレイヤースキル、チームワーク、サポートチームなどの能力の高さ、それらはゲーマーとして素晴らしいものだと思います。


レイドレースそのものは非公式であるため、公式としての関与は、クリアチームが複数出た際にコメントを出す、という程度に留めていました。公式Twitterでのクリアおめでとう!コメントは、そのプレイヤースキルの高さに敬意を払うためのものであり、クリアタイムスタンプを確認することで、そのコミュニティの盛り上がりに貢献したい、という想いからでした。しかしこれもまた、コメントを出すことに付加価値が生じたり、それを得るために外部ツールなどを使ってまでの過度な競争や論争を助長するのであれば、非常に残念ではありますが今後は控えることも検討いたします。


モデルデータの解析とスクリーンショットの流出について

今回、絶竜詩戦争を公開するに当たり、開発チーム側にミスがあり、パッチ6.08のデータに最終ボスのモデルデータが混在する、という状況がありました。FFXIVはPCでもリリースされているため、グラフィックスリソースの解析によって、最終ボスの姿が一部で公開されてしまいました。通常これらはマスクされ、解析でも発見されないよう管理されているものですが、今回はチェックに漏れがあり、解析されてしまう要因となりました。


加えて、パッチリリースとほぼ同時に、攻略未到達のフェーズについて、スクリーンショットの流出があり、こちらは開発/運営関係者からのリークである可能性が高く、現在も徹底した調査が行われています。ご報告が遅くなったのは、調査していることを特定対象者に知られると、調査がしにくくなるためです。情報のリークは、開発/運営チームの努力を無にするだけでなく、プレイヤーの皆さんの楽しみも奪う行為として、絶対に容認できません


『漆黒のヴィランズ』発売前にも大きなリークがありましたが、こちらについては犯人を特定し、法的処分を行いました。しかしながら、今回再発となったため、さらに徹底した調査を行っており、その責任を問うだけでなく、あらためて再発の防止に備えてまいります。


また、グラフィックスリソースに留まらず、データの暴露を目的として、不正な手段でデータの解析を行うことはそもそも違法です。最近では注目度が高いためか、解析されたグラフィックスデータを、何のためらいもなくネットで拡散しているサイトも見受けられます。絶シリーズの武器データなどは、そのクリアを賞賛するために、出来るだけ目を引くデザインとして制作されています。これらを他人の解析データから引用し、多くの人に拡散していくことは、プレイヤーの皆さんから、プレイのモチベーションを奪うことにもなりかねません。以前にもお願いしておりますが、いまいちど解析データの拡散は控えていただきますよう、重ねてお願いいたします


エミュレーションサーバーの有無について

今回、上記のグラフィックスリソース解析、スクリーンショットの流出があり、一部で『エミュレーションサーバーがあり、コンテンツのバトルタイムラインを確認しているのではないか』という懸念の声が挙がっていました。しかし、多数の異なる機能のサーバーで構成され、それぞれが独自のサーバープログラムで動作しているFFXIVを、外部から完全にエミュレーションすることは不可能です。サーバーを用意するだけで数千万円の費用もかかります。クライアントソフトウェアを強引に起動させ、モデルデータなどを表示することは技術上可能ですが、サーバープログラムが無ければ、ゲーム自体は動作しません。


また、仮にエミュレーションできたとしても、パッチによってはじめてサーバーに適用される各種プログラムを、パッチ公開前に動作させることも物理的に不可能です。コンテンツのバトルタイムラインはサーバープログラム上にしか存在せず、皆さんがダウンロードされているパッチデータには一切含まれていません。


こうした噂が出てしまったことの発端は、やはりスクリーンショットの流出問題にあり、あらためて調査を徹底すると共に、再発防止に努めてまいります。誠に申し訳ございません。


最後に

ファイナルファンタジーXIVは、光の戦士の皆さんのおかげで、非常に大きなプロダクトへと成長させていただきました。その分だけ、現在では多くの価値観を持った方にプレイしていただいています。ずっとFFXIVを応援してくださっている方だけではなく、他のたくさんのゲームを経て、最近FFXIVをプレイし始めてくださった方もいらっしゃいます。その分だけ注目度は高く、取り上げるだけで話題になることからも、サイト上での取り上げられ方、拡散のされ方も、以前とは雰囲気が異なってきていると感じています。


これらも踏まえ、また新たにFFXIVコミュニティをさらに強固にしていくため、今回のようなコメントの公開は、今後も続けていこうと思っています。巨大なパッチとなったパッチ6.1では、大小様々なミスがあり、ご迷惑をおかけしていることも非常に多く、誠に申し訳ございません。


一方で、これからもFFXIVを一人でも多くの方に楽しんでいただけるよう、努力を続けて参りますので、引き続きファイナルファンタジーXIVをよろしくお願いいたします!


ファイナルファンタジーXIV プロデューサー兼ディレクター

吉田 直樹



《ケシノ》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

    美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

  2. 最大60人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』オープンベータテストがスタート―早期アクセスは6月1日より

    最大60人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』オープンベータテストがスタート―早期アクセスは6月1日より

  3. ゲーミングPC初心者にもオススメしたい!良い意味で「ちょうどよい」サイコムのゲーミングPC「G-Master Velox Intel Edition」の魅力に迫る

    ゲーミングPC初心者にもオススメしたい!良い意味で「ちょうどよい」サイコムのゲーミングPC「G-Master Velox Intel Edition」の魅力に迫る

  4. 発売4日で売上50万、同接10万突破!オープンワールド吸血鬼サバイバル『V Rising』が好調なセールスを発表

  5. 4X宇宙STG『Stellaris』6周年記念トレイラー!5月24日まで無料トライアルと80%オフセール実施

  6. ゲームブック風マルチエンディングRPG『いのちのつかいかた』早期アクセス開始―あなたの「執着」が結末を変える【INDIE Live Expo 2022】

  7. 『モンハンライズ:サンブレイク』弓、チャージアックス、ガンランスの新アクション公開!“常軌を逸した技”が登場

  8. ボスラッシュに…サーキット追加!?『クラフトピア』最新アップデート配信【INDIE Live Expo 2022】

  9. 材料は人間!ホラーなお店経営シム『Ravenous Devils』販売10万本突破しSteam版が日本語に対応

  10. 『洞窟物語』二次創作ローグライク『Doukutsu Randamu(洞窟ランダム)』日本語版リリース!翻訳に関する意見も募集中

アクセスランキングをもっと見る

page top