カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開

人によっては目を背けたくなる恐怖の光景かも…。

ゲーム機 技術
カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開
  • カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開
  • カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開
  • カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開
  • カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開
  • カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開
  • カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開
  • カッターでザクザク、ライターで炙って…最高級版「Steam Deck」の耐久テスト動画が公開

YouTubeチャンネルJerryRigEverythingは、「Steam Deck(512GBモデル)」耐久テスト動画を公開しました。

JerryRigEverythingとは、モバイル・タブレット関連製品企業Ankerと公式提携しているYouTubeチャンネルです。主な動画コンテンツは製品の分解や耐久テストであり、過去にはニンテンドースイッチ(有機ELモデル)を取り扱ったこともあります。

今回テストされたデバイスは、Steam Deckの中でも最高額(649ドル)の512GBモデルです。本モデルでは下位のものとは違い、ストレージ容量の増加だけではなくプレミアム防眩エッチングガラスなどが実装されています。

動画では、まずプレミアム防眩エッチングガラスの耐久度がテストされました。レベル2から10までの硬度スケールで画面のスクラッチ・テストが行われ、レベル6(ガラス程度の硬さ)から薄い傷が、レベル7(サファイアとガラスの中間の硬さ)から目立った傷が確認できます。

そしてテスト対象はSteam Deck本体に移行。ボタンや外部などをカッターで削り取った結果、素材はプラスチックであることがわかったとのこと。特に、YXBAキーが内部にまで印字されている点は興味深く、長年使用しても擦り減って文字が消える心配は無いことが説明されました。

また、動画では他にも画面の熱に対する抵抗性確認や、折り曲げによる本体の耐久試験が行われています。興味のある人はぜひチェックしてみてください。



《ケシノ》
ケシノ

ゆる~いゲーマーです。 ケシノ

主に午前のニュース記事を担当しているライター。国内外、様々なジャンルのゲームを分け隔てなくカバーしています。アメリカに留学経験があり、2022年1月よりGame*Sparkにてライター業を開始。一番思い出に残っているゲームは『キョロちゃんランド(GB版)』。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム機 アクセスランキング

  1. PC版『エースコンバット7』最新アプデでLogicool/Thrustmasterのフライトスティックに対応

    PC版『エースコンバット7』最新アプデでLogicool/Thrustmasterのフライトスティックに対応

  2. ビデオデッキに「ゲームボーイ ポケットカメラ」も…「Steam Deck」にレトロ機器を接続しようと競い合うユーザー達

    ビデオデッキに「ゲームボーイ ポケットカメラ」も…「Steam Deck」にレトロ機器を接続しようと競い合うユーザー達

  3. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

    これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  4. 軽量コンパクト・5Kヘッドセット「arpara VR」は革命起こすか!?6月発売直前、最新実機レビュー&販売情報をお届け

  5. 「メガドライブミニ2」『アウトラン』『ふしぎの海のナディア』など第2弾収録タイトル公開―「サイバースティック」同時発売も決定

  6. 【吉田輝和のVR絵日記】VR謎解きアクション『MOSS』魅惑のネズミーランドへようこそ

  7. ロジクール最新ゲーミングマウス「G402」をレビュー、全FPSユーザーに最適化された正確性

  8. 「市場操作」か?「需要と供給」か?議会を巻き込んだイギリスの仁義なき転売事情

  9. レトロゲーム互換機「POLYMEGA」新モジュールで「ニンテンドウ64」に対応へ!

  10. 「POLYMEGA」のドリームキャスト対応の可能性は?「枠にとらわれずアイデアを練っている」開発元CEOが海外インタビューで語る

アクセスランキングをもっと見る

page top