「日本ゲーム大賞2022」受賞作品発表!大賞は『ELDEN RING』に【TGS2022】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「日本ゲーム大賞2022」受賞作品発表!大賞は『ELDEN RING』に【TGS2022】

優れたコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を選考し表彰する「日本ゲーム大賞2022」。その経済産業大臣賞、年間作品部門が発表されました。

ニュース ゲーム業界
「日本ゲーム大賞2022」受賞作品発表!大賞は『ELDEN RING』に【TGS2022】
  • 「日本ゲーム大賞2022」受賞作品発表!大賞は『ELDEN RING』に【TGS2022】
  • 「日本ゲーム大賞2022」受賞作品発表!大賞は『ELDEN RING』に【TGS2022】

9月15日~18日にかけて開催中の「東京ゲームショウ2022」にて、優れたコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を選考し表彰する「日本ゲーム大賞2022」の経済産業大臣賞、年間作品部門の各賞受賞作品が発表されました。

「日本ゲーム大賞2022」の年間作品部門では、2021年4月1日~2022年3月31日の間に日本国内でリリースされた作品を対象に、一般投票を募集後、選考委員会による審議を経て、受賞作品を選考しています。

※スマホ・PC作品で上記期間外に発売・配信されたのち、その年にムーブメントを起こした場合は対象に含まれます。
※グローバル賞のみ、2021年1月~12月末までの作品が対象となります。

数々の作品の中から大賞に輝いたのは、フロム・ソフトウェアのオープンワールドアクションRPG『ELDEN RING(エルデンリング)』となりました。

そして経済産業大臣賞は、フロム・ソフトウェアのディレクター・宮崎英高氏が受賞。宮崎氏は『アーマードコア』シリーズをはじめ、『Demon's Souls』や『DARK SOULS』シリーズ、『Bloodborne』『Déraciné』『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』『ELDEN RING』などに携わってきました。

◆「日本ゲーム大賞2022」経済産業大臣賞、年間作品部門の総合結果

■大賞

ELDEN RING(エルデンリング)

年間を代表するにふさわしい最高の総合的評価を得た作品。

■優秀賞

・バイオハザード ヴィレッジ
・Sky 星を紡ぐ子どもたち
・Tales of ARISE(テイルズ オブ アライズ)
・LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶
・ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレ
・Pokémon LEGENDS アルセウス
・Horizon Forbidden West(ホライゾン フォビドゥン ウエスト)
・ELDEN RING(エルデンリング)
・Ghostwire: Tokyo(ゴーストワイヤー トウキョウ)
・星のカービィ ディスカバリー

高い評価を得た作品。

■グローバル賞 日本作品部門

・ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

海外市場において、最も高い評価を得た日本企業の作品。

■グローバル賞 海外作品部門

・Call of Duty: Vanguard(コール オブ デューティ ヴァンガード)

海外市場において、最も高い評価を得た海外企業の作品。

■ベストセールス賞

・ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール

対象期間中に日本国内で最多販売本数を記録した作品。

■ゲームデザイナーズ大賞

・Inscryption(インスクリプション)

「日本ゲーム大賞選考委員会」とは別にクリエイターによる審査会を設置。審査対象作品に対し、独創性・斬新性を選考基準に、各審査員が持ち点10点によって作品を評価し、ポイントの集計結果によって受賞作品を選出。最終的に「日本ゲーム大賞選考委員会」での承認を得て、受賞作品を決定するというもの。

ちなみに、次点で『7 Days to End with You』、3位は『NEEDY GIRL OVERDOSE』だったといいます。

■経済産業大臣賞

・宮崎英高氏(フロム・ソフトウェア)

ゲーム産業の発展に寄与された人物、団体に贈られる賞。


今年も数々の名作が登場した「日本ゲーム大賞2022」。このほかにも、9月17日には「アマチュア部門」、9月18日には「U18部門」「フューチャー部門」が実施予定です。


【PS4】ELDEN RING
¥5,980
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ELDEN RING OFFICIAL ART BOOK Volume I
¥4,400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

    コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

  2. 『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

    『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

  3. “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

    “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

  4. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

  5. バットマン新作ゲーム『Gotham Knights』発表! ゲームプレイ映像も披露

  6. コジマプロダクションからミステリアスなメッセージ再び―謎のイメージの答えは次回“どこか”で判明?

  7. 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

  8. 『メトロ エクソダス』スタッフがウクライナ侵攻の戦闘任務で戦死…より鮮明になるゲーム業界への影響

  9. 「WHO AM I?」コジマプロダクションが謎のイメージを公開【TGS2022】

  10. Prime会員なら『Fallout 76』が無料!「Prime Gaming」10月度の6タイトルが配布開始【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top