依頼品を次々作って納品だ!アクションゲームとなった『トリスティア:リストア』プレイレポ【TGS2022】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

依頼品を次々作って納品だ!アクションゲームとなった『トリスティア:リストア』プレイレポ【TGS2022】

忙しくも次々と加工して完成させるのが楽しい、ドタバタ切り盛りアクションです。

連載・特集 プレイレポート
依頼品を次々作って納品だ!アクションゲームとなった『トリスティア:リストア』プレイレポ【TGS2022】
  • 依頼品を次々作って納品だ!アクションゲームとなった『トリスティア:リストア』プレイレポ【TGS2022】
  • 依頼品を次々作って納品だ!アクションゲームとなった『トリスティア:リストア』プレイレポ【TGS2022】
  • 依頼品を次々作って納品だ!アクションゲームとなった『トリスティア:リストア』プレイレポ【TGS2022】
  • 依頼品を次々作って納品だ!アクションゲームとなった『トリスティア:リストア』プレイレポ【TGS2022】
  • 依頼品を次々作って納品だ!アクションゲームとなった『トリスティア:リストア』プレイレポ【TGS2022】
  • 依頼品を次々作って納品だ!アクションゲームとなった『トリスティア:リストア』プレイレポ【TGS2022】
  • 依頼品を次々作って納品だ!アクションゲームとなった『トリスティア:リストア』プレイレポ【TGS2022】
  • 依頼品を次々作って納品だ!アクションゲームとなった『トリスティア:リストア』プレイレポ【TGS2022】

2021年より規模を拡大した千葉幕張メッセのリアル会場と、オンラインプラットフォームの両面で開催となった国内最大規模のゲーム展示会「東京ゲームショウ2022」。コナミブームにてプレイアブル出展されていた、工画堂スタジオのドタバタ切り盛りアクション『トリスティア: リストア』のプレイレポをお届けします。

本作は『蒼い海のトリスティア』のシステムを一新したタイトルですが、ストーリーはオリジナル版と大まかに同じ。海上都市トリスティアにやってきた少女ナノカ・フランカが、都市の復興のために様々な課題に挑戦するというものです。

オリジナルと『リストア』版の違いといえば、ナノカのSDキャラが3Dになったこと以外にも、依頼が届いたアイテムを制限時間内に作成するアクションゲームとなったことが大きいでしょう。素材を取り出して加工するタイミングでシンプルなミニゲームが挿入されることから、どちらかと言えば『クッキングママ』的な要素が強いゲームプレイです。

依頼の難易度は徐々に上昇し、1段階加工し終えた製品にさらなるマテリアルを加えて完成品の性質を変えることや、素材によっては加工をゴーレムのテンザンや人工生物のスツーカで行う必要もあります。このアイテムの加工と、制限時間内に作成して納品するハラハラ感によって、集中して遊んでしまう面白さに溢れていました。

シナリオの進行度によって工房の内部は変化。画面上には依頼物が表示され、縦のゲージが納品までの制限時間です。依頼物の必要素材もある程度表示されるのが、親切で遊びやすいですね。

依頼品の素材は確認可能。様々な素材を加工し、合成することで完成させることになる
合成時には時間がかかるため、ゲージの赤部分に合わさるように止める必要がある。もし、失敗しても速度が遅くなるだけで進行する
木材を切るにはAを連打だ!
完成した素材は取り出して茶色い箱に入れることで納品となる
加工する素材によってミニゲームは異なる。金属や石はハンマーだ
シナリオを終えるとビジュアルノベルパートへと入る

オリジナル版とゲームプレイが大きく違う作品ですが、こちらも面白くキャラクターが持つ特徴と上手く合致していて楽しい体験でした。『トリスティア:リストア』は、ニンテンドースイッチ/PC(Steam)で2023年春にリリース予定です。


《G.Suzuki》
G.Suzuki

ミリタリーゲームファンです G.Suzuki

ミリタリー系ゲームが好きなフリーランスのライター。『エースコンバット』を中心にFPS/シムなどミリタリーを主軸に据えた作品が好みだが、『R-TYPE』シリーズや『トリガーハート エグゼリカ』などのSTGも好き。近年ではこれまで遊べてなかった話題作(クラシックタイトルを含む)に取り組んでいる。ゲーム以外では模型作り(ガンプラやスケモ等を問わない)を趣味の一つとしている。

【注目の記事】[PR]

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top